阿部真志容疑者の顔画像や犯行動機!天白小学校盗撮事件の手口が怖すぎる

名古屋市にある天白小学校女性トイレに盗撮目的で侵入した疑いで、阿部真志容疑者(29)が逮捕されました。

今回は、阿部真志容疑者の顔画像や犯行動機、その手口についてまとめていきます。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

阿部真志出典;東海テレビ

25日午前9時45分ごろ、名古屋市天白区の天白小学校で運動場にある女性用トイレに男が入るのを保護者がみつけ、学校が警察に通報しました。

 警察がかけつけ、名古屋市緑区の自称・会社員、阿部真志容疑者(29)を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕しました。

出典;東海テレビ

天白小学校では事件当時運動会がおこなわれていて

現場の女性トイレからは、阿部容疑者が設置したとみられるカメラ2台が押収されました。

上の写真は、そのカメラの画像となっています。

阿部容疑者は警察の調べに対し、

「トイレ内の女子児童を盗撮するためのカメラを設置するために入りました」

出典;東海テレビ

と、容疑を認めているとのことです。

多くの人で学校内があふれる運動会にまぎれて盗撮しようとするとは、きわめて悪質といえます。

盗撮が行われる前に犯行が発覚したことは本当に良かったと思いますが、

見つけた方も大変驚かれたことでしょう。

たくさんの子どもたちやご家族にとって、楽しく思い出深い一日になる運動会。

誰もが安心して過ごすためにも、このような事件は決して起こってはならないと思います。

阿部真志の顔画像、facebook

阿部容疑者の顔画像は、現段階ではニュースで報道されておりません

またこちらは、新たに報道されましたら随時更新いたします。

次にfacebookですが、同じ名前で検索すると複数の結果が反映されるものの、特定には至っておりません。

検索結果のみのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒阿部真志facebook検索結果

スポンサーリンク

阿部真志のプロフィール

阿部容疑者の、現段階で公表されているプロフィールをまとめます。

■阿部真志(読み方調査中)

■29歳

■名古屋市緑区

■自称・会社員

■建造物侵入の疑いで逮捕

■容疑を認めている

現段階では家族構成などは明らかになっていませんが、年齢から考えて独身である可能性も高いように思われます。

阿部真志の犯行動機

阿部容疑者は前述のように

女子児童を盗撮するために侵入した

と、容疑を認めており、それ以上のくわしい犯行動機は報道されておりません。

もしこちらで動機を推測できるとすれば、

■女子児童の身体に興味があった

■犯行のスリルや達成感を味わうため

などが考えられますが、実際のところはどうでしょうか?

犯行のスリルや達成感を味わいたい、というのは過去に逮捕された多くの盗撮犯が供述しているもので、参考に挙げさせていただきました。

どのような動機にせよあってはならない犯行ですし、

容疑者には自分のおこないを深く反省し、今後絶対に同じことを繰り返さないようにしてもらいたいですね。

スポンサーリンク

天白小学校とは?

今回、事件が起こったのは、

愛知県名古屋市天白区に位置する天白小学校の、女性トイレとなっています。

▼ストリートビューやマップはこちら。

運動会の行事に乗じて今回のような犯行がおこなわれたとのことで、多くの保護者の方々やお子様、学校関係者が不安に思われたことと思います。

今後、同じような事件が起こらないために学校側としてどういった安全対策が必要なのか…、

これは天白小学校だけでなく、全国の学校で共通する課題といえるかもしれません。

ネットの反応

最悪。
こういう輩がいると
運動会も楽しめなくなるし
今後警備が必要になってくる。
みんなが思い切り楽しめる運動会で
あってほしい。

暑さの心配ばかりしていたから、
まさか盗撮があるとは考えなかった
人も多いのでは。

技術の進歩でいつか見えないカメラとか撮影方法も生まれてしまいそうで怖い。

出典;Yahoo!ニュース

後を絶たない盗撮事件

全国各地で盗撮に関する事件は多く発生しており、当ブログでも複数記事を取り扱っております。

▼過去の記事はこちら。

本間敦志(教師)顔画像や高校は?教え子盗撮で逮捕の動機がヤバい!余罪も複数か

村西康広の顔画像!警部補が盗撮で逮捕の動機がヤバい…京都府警本部

土田拓磨(清明小教師)顔画像,facebook!盗撮で逮捕の動機とは゠福島市

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は不特定多数の大人が出入りする小学校の行事に乗じた犯行ということで、怖い思いをされた方も多かったのではないかと思います。

全国の学校でも今回の事例が話し合われ、何らかの対策が練られるかもしれませんね。

子供を守るため仕方ないとはいえ、

警備が必要になったり身分証明書が必要になったりするのは、何だか悲しい気持ちにもなります。

このような事件が少しでもなくなることを、心より願っております。