事故の原因は?JR大塚駅前で80代とみられる男が次々と人をはねる…ネットの声は?

15日午後11時ごろ、東京豊島区のJR大塚駅ロータリーで80代とみられる男が事故を起こし、人をはねた後停車中の車に衝突しました。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事故の概要

事故

画像引用;TBSNEWS

15日午後11時ごろ、JR大塚駅前のロータリーにて

ワゴン車が道路脇を歩いていた女性に接触、さらに横断歩道を渡っていた男性もはね、停車中の車にぶつかって止まったということです。

この事故で3人がけがをして病院に運ばれましたが、命に別状はないようです。

事故

画像引用;TBSNEWS

こちらは車に衝突された男性の画像です。

「こっちから来て、どーんと1回転して、縁石にぶつかった」と語っています。

警察は、ワゴン車に乗っていた80代とみられる男性を過失運転傷害の疑いで逮捕しました。

調べに対し、男は「ブレーキがきかなかった」と話しており、警察は事故の原因の調査を進める方針です。

事故のあった場所の詳細

事故のあった場所の詳細を見ていきましょう。

こちらはJR大塚駅の外観になります。

事故

画像引用;TBSNEWS

事故の原因はなに?

まだ警察が調査中とのことなので、情報が得られましたら追記いたします。

「ブレーキがきかなかった」と男は供述していますが、本当にブレーキが作動しなかったとは考えられないですよね。

やはり高齢による判断力の欠如でしょうか。

最初に女性と接触したことで動転したのかもしれません。

本当に多い、高齢者が加害者となる交通事故。

今回は車にはねられた人なども命に別状はないということで、安心していますが、またいつ同じような事故が起こるかわかりません。

高齢者の事故を未然に防ぐために、国や警察には対策を進めてもらいたいですね。

また、もっと大勢の高齢者に、一歩早い段階で免許返納するという意識が浸透していくことを望みます。

次は、ネットの反応を見ていきましょう。

ネットの反応は?

■そりゃ、アクセル踏めばブレーキは利かないよ。

■この高齢者ドライバーも同様の事故を報道で見聞きしていただろう。
それを他人事と捉えて“俺はそんなヘマはしない”と思っていたと思う。
そして自分自身が事故を起こすと“ブレーキが効かなかった”という決まり文句。高齢者ドライバーへの免許更新を厳しくする必要はある。早急に政府は動いて欲しい。

■80代は免許取り上げて。どれだけ被害が出れば気が済むのか

■自分が車を運転することを止められなかった。
自分のブレーキが効かなかったってことなら分かるな。
人と接触した後、焦ってアクセル踏み込んで暴走ってのが真相でしょうね。
そこまでどうやって来たのかな?
車のせいにするな。

出典;Yahoo!ニュースコメント

最後に

ネットのコメントには、18歳以上が免許を取れないなら、80歳以上も免許を返納すべきじゃないかという意見も見られました。

今回の事故はけがで済みましたが、今までに多数の死亡事故が起こっています。

政府や警察にも対策を望みますが、

それぞれの家庭が「おじいちゃん(おばあちゃん)、そろそろ…」というように、促してあげられると良いですね。

それには、普段からのコミュニケーションが必要不可欠となります。

とはいっても、最終的には本人の決断というのが難しいところなので、やはり最終的には免許返納のルールを取り決めてもらうのが一番ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする