大麻の中3女子(京都)の名前や中学校は?逮捕までの経緯や入手方法!麻薬も所持で追送検

京都市内の中学3年生女子が、大麻所持の疑いで逮捕される事件が発生しました。

今回は、女子中学生の情報や逮捕までの経緯などについてまとめています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

大麻や合成麻薬「MDMA」を所持していたとして、京都府警伏見署は25日、京都市内の市立中3年の女子生徒(15)を大麻取締法違反と麻薬取締法違反(いずれも所持)の疑いで逮捕したと発表した。生徒は容疑を認め、「インターネットで知り合った人から買った」と供述しているという。

出典;読売新聞


 報道によりますと、女子生徒は3月1日、自宅の自室で、

・乾燥大麻約7グラム

・合成麻薬「MDMA」2錠

を所持した疑いで逮捕されています。

同日朝、女子生徒が突然暴れ出したことから家族が通報

事件の発覚へとつながりました。

女子生徒の自室の床には大麻が置かれており、警察は女子生徒の体調回復を待って、7日に逮捕。

その後、合成麻薬MDMAの所持でも追送検されています。

中学3年生で大麻使用という、あってはならない事件が発生してしまいました。

女子生徒はどんな人物で、なぜ薬物に手を出してしまったのかが気になりますね。

大麻中3女子の情報は?

大麻を吸った女子中学生の名前などは、現段階では判明しておりません

現段階で判明している情報をまとめますと

15歳の中3女子

京都市伏見区在住

京都市内の市立中学に通っている

■現在明らかになっている家族は母親のみ

■大麻取締法違反(単純所持)容疑で逮捕

■麻薬取締法違反容疑で追送検

と、以上になっております。

まだわかっていないことも多いので、こちらはまた新たに情報が得られましたら随時更新いたします。

スポンサーリンク

大麻中3女子の京都市内中学校

女子生徒が通っていた京都市内の中学校とは、どの学校なのでしょうか?

今のところ、詳しい学校名は報道されていません

京都市 中学校で調べてみると、かなり候補が多く、絞り込むことも難しくなっております。

ですが、女子生徒は京都市伏見区に住んでいたことが分かっていますので、

  • 京都市立大淀中学校
  • 京都市立小栗栖中学校
  • 京都市立春日丘中学校
  • 京都市立神川中学校
  • 京都市立醍醐中学校
  • 京都市立桃陵中学校
  • 京都市立深草中学校
  • 京都市立伏見中学校
  • 京都市立藤森中学校
  • 京都市立向島中学校
  • 京都市立向島東中学校
  • 京都市立桃山中学校
  • 京都市立洛水中学校
  • 京都市立栗陵中学校

などが候補として挙げられるかと思います。

またこちらも、新たに情報が得られましたら随時追記いたします。

中3女子の大麻使用理由は?

女子生徒は大麻使用理由として、

家族のことなどで悩んで眠れず、眠るために使用した。

出典;毎日新聞

と供述。

また、合成麻薬MDMAを所持した理由については

MDMAはネットで死ねる薬物を検索して買った
出典;毎日新聞
と、話しているという事です。
 
 
家族に対してどんな悩みを抱えていたのかは今のところはっきり分かっていませんが…、
 
どんなに悩みが深くとも、薬物にだけは手を出してもらいたくなかったと思います。
 
 
死にたくなるほど悩んでいたということですが、女子生徒の周りに誰か相談できる人はいなかったのでしょうか…
 
 
ご家族としても大変責任を感じていることでしょう。
 
スポンサーリンク

中3女子の大麻入手方法

中3女子生徒の大麻入手方法とは、

■インターネットで知り合った人物から買った

というものでした。

買うのにも相当な金額がいりそうですし、様々な疑問がわいてきますね。

これは憶測ですが、家族の悩みを誰にも相談できない女子生徒は、

インターネットの見知らぬ人物にその胸中を明かしていたのではないでしょうか?

悩みを聞いてもらえて少し気持ちがほぐれたところに、

言葉巧みに薬物の誘惑があったのかもしれません。

薬物は、そうした人間の心の隙間を狙って入ってくるものだと思います。

女子中学生がやり取りしたサイトがどこかはわかっていませんが、

インターネット上には薬物の密売サイトが数多く存在しているようです。

薬物の販売の誘いとわからないように、

覚醒剤⇒ アイス

コカイン⇒ コーク

大麻⇒ 野菜、ハッパ、ウィード、クサ(93)

などの隠語も存在しています。

こうした隠語も捜査の目を逃れるためか、めまぐるしく変わっていき、

手口もどんどん巧妙化しているとのこと。

今回、女子中学生に大麻を売った人物は、遅かれ早かれ捕まると思いますし、

入手ルートに関わった人物が芋づる式に摘発されることを望みます。

以前にも京都市内中学生が…

京都市では昨年10月にも中3男子が大麻所持の容疑で逮捕されています。

男子生徒は京都市山科区の市立中学校に通う生徒で、

校内で様子がおかしくなったため、学校側が通報。

その後署が話を聞くと、乾燥大麻入りのポリ袋を持っていることが発覚し、逮捕となりました。

また、今年に入ってから福井県の中3男子も大麻使用で逮捕されており、

福井の男子生徒の入手経路もネットだったことが分かっています。

一般人のみならず学生が簡単にアクセスし、購入までできてしまうネットの怖さを感じますね。

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

やはりネットの反応は、中学生が大麻で薬物で逮捕されたことに対する驚きの声が多く見られました。

ネット社会の怖さをひしひしと感じる事件ですし、

こうした犯罪を防ぐためにはどんな対策が必要なのかを考えさせられますね。

家庭では、子どものスマホの使い方に細かいルールを定めるなど、様々な話し合いがおこなわれるべきだと思います。

このような事件が少しでもなくなることを心より願っています。

スポンサーリンク