彩菜きてや「魚媛」でうなぎ食中毒、3歳児重傷、15人入院【愛媛県今治市】

愛媛県今治市の産直市で、土用の丑の日に合わせてうなぎの蒲焼きを購入した客38人に食中毒の症状が表れました。

そのうち15人は入院し、3歳の男の子が重傷となっています。

まずは報道の内容を見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

さいさいきてや

出典;テレ朝ニュース

今治市の産直市の鮮魚コーナー「魚媛」で、うなぎの蒲焼などを購入した利用客38人が発熱や嘔吐(おうと)などの症状を訴えました。このうち15人が入院し、今治市内に住む3歳の男の子が命に別状はないものの、重症となっています。検査の結果、患者からサルモネラ菌が検出されました。魚媛では土用の丑の日に合わせて19日から23日にかけて約1300食のうなぎの蒲焼などを販売していて、県は商品を購入した客に対し、最寄りの保健所に連絡してほしいとしています。魚媛は25日夕方から営業を自粛しています。

出典;テレ朝ニュース

うなぎの蒲焼きからサルモネラ菌とは、怖いですね。

命に別状がなく良かったとは思いますが、3歳の男の子はじめ、利用客の方々が早く回復しますように願っています。

うなぎの食中毒に関しても、のちほど見ていきましょう。

魚媛とは?

愛媛県今治市にある産直市場「彩菜(さいさい)きてや」の中にある魚売り場です。

こちらが彩菜きてやの外観となっており、ストリートビューで外通路を散策することができます。

また、こちらが魚媛の店舗の写真です。

魚媛

出典;さいさいきて屋

「魚媛という店名の由来は、地元の愛媛県漁連が担当していることから名付けられたようです。

瀬戸内海の鮮魚を使用した「海鮮丼」「鯛めし」など、旬の新鮮な魚が売りとのこと。

イベントとして、年末の解体ショー・瀬戸の小魚の箱売り・ 土用の丑の日にちなんだうなぎの蒲焼き販売などを行っていました。

facebookにはうなぎの宣伝があった

彩菜きてやのfacebookには、うなぎの蒲焼きの宣伝文句や詳しいメニューが書かれていました。

※蒲焼きは全て、炭火で焼きあげてます!

全て、国産うなぎ!!全て当日加工!!

出典;facebook

こういった食中毒の事態に陥るとは、想像もしていなかったことだと思います。

ネットの反応は?

■うなぎで食中毒??
結構しっかり焼いてるのに、なんでだろ??
初めて聞いたな…

■サルモネラ菌って生の鶏肉にいる食中毒菌じゃなかったでしたっけ?
しかも焼いて提供している筈なのに
不衛生な状況だったんでしょうか

■不衛生だった?

■サルモネラ菌は熱に強いの???

■うなぎが半生だったのか、タレが良くなかったのか。。。
それか調理後包装した人に菌が付いていたのか。。
それにしても怖いですね。

出典;Yahoo!ニュース

と、食中毒の原因を不思議に思うコメントが相次いでいました。

(8/1追記)食中毒の原因発覚か

うなぎ食中毒

出典;テレ朝ニュース

愛媛県漁連が7月31日、会見を開いて謝罪しました。

愛媛県漁連によると、食中毒を起こした患者は190人を超えていて、このうち23人が入院したとのことです。

患者数はさらに増えるおそれがあり、原因としては、生のウナギを触った手でかば焼きを触るなど、衛生管理上で問題があった可能性が高いとしています。

うなぎの食中毒とは?

うなぎ

今回、うなぎの蒲焼きから検出されたのはサルモネラ菌

サルモネラ菌は、人や家畜の腸内、河川や下水など、自然界に広く見られる細菌です。

もともと、川に生息しているうなぎには、サルモネラ汚染の可能性があるので、蒲焼きなどにも注意が必要だそうですよ。

感染のおもな原因となる食品は、卵や、牛・豚・鶏などの食肉、感染者の手を通して汚染された食品とのこと。

夏場は食中毒に気を付けたい時期で、サルモネラ感染症も、特に7~9月に多いようです。

加えて、サルモネラ菌は少ない菌量でも食中毒をおこすので、とにかく食品に「つけない」ことが最大の感染症予防となります。

また、サルモネラ菌は十分な加熱で死滅することがわかっていますので、食品はしっかりと火を通すことが大切です。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回の食中毒、生焼けの部分があったか、タレなどの加工段階で二次汚染があったか、現時点では明らかになっていません。

これから原因究明が進むと思いますが、今後はこのようなことがないようにしてもらいたいものですね。

今は、感染された方が一刻も早く回復されますよう願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする