福本徹也・裕子の顔画像は?9歳児に暴行「お母さんありがとう」前日の手紙とは

今年の2月、大阪堺市で9歳の長男に暴行を加えて死亡させたとして、父親と母親が逮捕されました。

2人は、息子の腹部になんらかの暴行を与えて死亡させた疑いが強まっています。

まず、報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

こども

堺市で今年2月、小学3年生の長男に暴行を加えて殺害したとして、大阪府警が2日、父親で会社員の福本徹也(35)と母親の裕子(34)の両容疑者を殺人容疑で逮捕したことが、捜査関係者への取材でわかった。2人は容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、2人は2月16日~17日未明にかけ、堺市北区百舌鳥陵南町1丁の自宅で長男の陽生(はるき)さん(9)に何らかの暴行を加えて殺害した疑いがある。17日朝、福本容疑者が仕事に向かった後、裕子容疑者が119番通報。陽生さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 司法解剖の結果、死因は致死性不整脈で、体に目立った外傷はなかったが、胃が破裂し、内臓を覆う腹膜も傷ついていたという。強く踏みつけられるなどの暴行を受けた疑いがあるとして、府警が捜査していた。

出典;朝日新聞

二人は容疑を否認しており、福本容疑者は逮捕前の取材に対し

「前日まで元気だったのに信じられない。自分は何もしていない」

出典;毎日新聞

と語っていました。

妻の裕子容疑者も、

「夫は(陽生さんに)指一本触れていない。死因は全然分からない」

出典;毎日新聞

「(虐待は)まったくない。夫もしていない。息子は病気もなく、死因は全然思いつかない」

出典;朝日新聞

と話していたようです。

福本両容疑者の顔画像・facebookは?

福本徹也容疑者と裕子容疑者の顔画像は、こちらになります。

福本徹也

出典;読売新聞

見た目で判断はできませんが、一見どこでも見かける夫婦に見えます。

また、facebookも検索しましたが、同姓同名のアカウントはあるものの本人の特定には至りませんでした。

検索結果を載せておきますので、気になる方はこちらをご覧ください。

福本徹也facebook検索結果

福本裕子facebook検索結果

福本両容疑者のプロフィールは?

福本徹也(ふくもと・てつや)

■35歳

■会社員

■堺市北区百舌鳥陵南町1丁

■陽生くんと妹、弟の2男1女をもうけていた

■殺人容疑

福本裕子(ふくもと・ゆうこ)

■34歳

■臨時職員

■住所上に同じ

■殺人容疑

現場となった家は?

堺市北区百舌鳥陵南町1丁の自宅とのことですが、まだ特定されていません。

2階建てのようです。

現段階では、ストリートビューのみ載せておきます。

住宅の多い場所のようですね。

スポンサーリンク

陽生くんの死因について

陽生くんは、自宅のベッドでうつぶせになった状態で、裕子容疑者に119番通報されました。

死因は致死性不整脈で、体に目立った外傷はありませんでしたが、胃が破裂し、内臓を覆う腹膜も傷ついていたということです。

府警は、腹部を強く踏みつけられるなどされた疑いがあるとして、捜査していました。

致死性不整脈とは?

突然死につながる危険性が高いため、緊急の治療を必要とする不整脈です。

致死性不整脈の原因のひとつとして心室細動があり、心室細動の要因は、心筋梗塞や外部からの衝撃(心臓振盪)などさまざまです。

脈拍が速すぎるために心臓が痙攣したような状態になり、血液循環の機能がうまく果たせず意識を消失します。

そのまま治療を行わなければ、心停止発作につながり、数分で死に至るとのことです。

陽生(はるき)くんはどんな子だったか

陽生君と同じクラスの娘をもつという近所の女性は、

「陽生君はとても活発な子で、優しい子だった」

出典;朝日新聞

と話したということです。

陽生くんは、市立百舌鳥小学校の3年生でした。

こちらが、その小学校の外観になります。

陽生くんは身体を動かすことが好きで、昼休みには一輪車の練習をするのが日課だったようです。

「頑張り屋さんで、みんなと一輪車で遊ぶのを楽しみにしていた」

出典;毎日新聞

と、一緒に遊んでいた女の子は語っています。

また、別の男の子によると、陽生さんは絵を描くのも得意だったとのこと。

図工の授業では両親の絵を楽しそうに描いていたそうです。

事件前日に「お母さん、ありがとう」

てがみ

事件前日の2月16日は授業参観があり、クラスではこの日に向け、保護者への感謝を伝える「ありがとうの本」という冊子を作っていました。

陽生さんは「お母さん、ありがとう」などと書いていたということです。

学校の対応、広がる悲しみ

陽生くんが亡くなった後、学校は緊急の全校集会を開き、児童らに亡くなったことを伝え、保護者にもプリントを配布しました。

その後、同級生の3年生全員でメッセージを書いた手紙を裕子容疑者に渡したとのことです。

陽生くんと同級生の女の子は、

「いつも笑って優しかった。亡くなっていたと聞いて、悲しくてたまらない」

出典;毎日新聞

と取材に答えています。

陽生くんは、友達と身体を動かすことが好きな、家族思いの笑顔で優しい子だったということが伝わってきますね。

ネットの反応は?

■否認してても、逮捕に至る確証があったんでしょうね。
転んで打ち所が悪ければ、破裂してしまう内臓もありますが、暴力ならあり得ないし許せません。

■どうなんだろ。
殴るにしても内臓破裂までやるかな。。
階段から落ちたとか。
ダイブして机の角とか。
他に外傷があったのかな。。
酷い事件には変わりないが。

本当に両親がやったという、証拠が書いてない。
ひょっとしたら、学校でいじめにあったのかも
しれない。

■突然の一回はないはず、近所の人達も知ってたら、共犯になるって法律作った方がいいし、この被害者に加害者の親は、日本の裁判だと、被害者であり加害者であるとおかしな解釈が付いて、被害者感情を考慮して罪が軽くなるって異様な法律を直して欲しい。自分の子供殺しって、現実6年ぐらいで世の中に出て来る。

■この手の話は本当になくならないな!今後は罪を重くした方がいい!
残されたお子さん達が可哀想だよ。

出典;Yahoo!ニュース

元気いっぱいに遊び、親への感謝の気持ちも伝えていた子が、と、どうしても違和感を覚えてしまいます。

ただ、死亡から数か月置いて逮捕に踏み切ったのなら、警察にも確証があるということでしょうね。

今後のさらなる真相究明が待たれます。

スポンサーリンク

最後に

今回の事件は、学校関係者や地域住民に、大きなショックと悲しみを与えていると思います。

お友達もいて、これから人生がひらけるはずだった陽生くんが、なぜ死ななくてはならなかったのか。

本当にやりきれません。

こういった事件がなくなることを願うとともに、亡くなった陽生くんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする