後藤博之容疑者の顔画像、SNS。犯行の手口とは?タイで拘束、被害額5000万

金庫破りや空き巣を繰り返し、国際手配されていた後藤博之容疑者(40)がタイで身柄を拘束されました。

後藤容疑者の顔画像、SNS、被害総額5000万にものぼる犯行の手口とは?

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

後藤博之

出典;TBS

入国管理法違反の疑いでタイの警察に身柄を拘束されたのは、本籍が沖縄県の自称投資家・後藤博之容疑者(40)です。タイの警察によりますと、後藤容疑者は2016年11月、熊本県内の住宅から高級ブランド品のバッグを盗んだ疑いなどで、福岡県警がICPO=国際刑事警察機構を通じて国際手配していました。後藤容疑者は去年6月、福岡市の住宅から現金や貴金属など、およそ1800万円相当を盗んだ罪などで起訴されている男らと同じ窃盗グループで、複数の県をまたいで金庫破りや空き巣を繰り返していたとみられています。タイ警察によりますと、後藤容疑者が関与した事件の被害総額は少なくとも5000万円にのぼるとみられるということです。

出典;TBS

後藤容疑者は今月中旬にも日本に送還される予定とのことです。

昨年1月に日本を出国した後藤容疑者ですが、長い逃亡期間を経て、なんとか捕まえることが出来て良かったですね。

被害総額5000万円といいますから驚きですし、その犯行の手口も気になるところですね。

後藤容疑者の顔画像、SNS

ニュースで報道された後藤容疑者の顔画像はこちらになります。

後藤博之

出典;TBS

後藤博之

出典;TBS

次にSNSですが、今のところ本人と特定できるアカウントは見つけられていません。

検索結果をのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒後藤博之facebook検索結果

後藤容疑者のプロフィール

現段階で明らかになっている後藤容疑者のプロフィールです。

■後藤博之(ごとう・ひろゆき)

■40歳

■自称投資家

■本籍:沖縄県

■2016年11月、熊本県内の住宅から高級ブランド品のバッグを盗んだ疑いなどで、ICPO=国際刑事警察機構を通じて国際手配される

■去年6月、福岡市の住宅から現金や貴金属など、およそ1800万円相当を盗んだ罪などで起訴されている男らと同じ窃盗グループ

■複数の県をまたいで金庫破りや空き巣を繰り返していたとみられる

こちらは、また新たに情報が得られましたら追記いたします。

スポンサーリンク

ネットの反応

芋づるでグループの何人かも逮捕出来るといいね

盗みはあかんな。その知恵と労力を他に生かせば良かったのにね。

なんかねえータイはいい国だけど 犯罪者の逃亡先に選ばれてるね! 北朝鮮 イラン シリアなどお勧めです。

ありがとうタイ。
迷惑かけてすみませんなあ。

沖縄は低所得者多い地域だからな。もっと大企業進出して雇用してあげないと。

出典;Yahoo!ニュース

金庫破りとは?

注意

金庫破りとは、店舗や事業所などに侵入し、据え付け金庫を破ったり、搬出して盗む「侵入窃盗」です。

おもに飲食店や商店で狙われるケースが多いようで、その理由は

「売り上げがどのくらいかの判断をつけられること」

「店の間取りがほとんどのチェーン店で一緒なので、金庫を探すなどの手間が短縮できる」

ということが挙げられるようです。

金庫に入れておけば安心、と思われることが多いのですが、犯人たちはバールやジャッキなどの破壊用具を使用し、簡単にこじあけてきます。

金庫を持ち去るパターンでは、そのまま人里離れた場所まで金庫を持っていき、大型器具で金庫を開けたら金目のものだけ盗み、あとは捨てられるとのこと。

また、金庫破りは複数犯でおこなわれ、車を移動手段としながら広域で犯行に及ぶことが多いようです。

今回の後藤容疑者も、おそらく窃盗グループのメンバーと手を組み、複数の県をまたいで窃盗を繰り返していたのでしょう。

大事な金庫を狙われないためには、室内に入れないようにするためのシステムを構築しておくと安心です。

参考サイトによると、自主機械警備システムNEXT侵入検知センサー、金庫センサーなど不審者の侵入を防ぐシステムが特にお勧めとのこと。

また、鮮明に画像を記録できる防犯カメラもあると良いようです。

もっと詳しく知りたいかたは、こちらの参考サイトへ

店舗向けセキュリティシステムセキュリティハウス

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

逃亡先のタイには迷惑をかけましたが、犯人の身柄がなんとか拘束されて良かったですね。

また新たに情報が得られましたら追記させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする