橋本佳歩容疑者の顔画像!やけどの娘放置の動機が酷い!なぜラップ?日常的に暴行か

全身にやけどを負った3歳娘を放置した疑いで、橋本佳歩(はしもとかほ)容疑者(22)、田中聡容疑者(21)が逮捕されました。

今回は、橋本佳歩容疑者、田中聡容疑者の顔画像や犯行動機などについて調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

全身にやけどを負った3歳の女児を家に放置したとして、神奈川県警は5日、母親で横浜市鶴見区梶山2、無職、橋本佳歩容疑者(22)と、同居の自称運転手、田中聡容疑者(21)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。県警鶴見署によると、2人は容疑を認めているという。同署が詳しい状況を捜査している。

出典;毎日新聞

2人の容疑は4日正午ごろ、

自宅で全身やけどを負った状態の女児を病院に連れていくことなく、放置したというものです。

女児のやけどの程度はひどく、3か月以上の入院を要する状態とのこと。

近隣住民の通報を受けて警察官が現場に行くと、女児は洋室にいて、

背中から腰にかけてラップを巻かれ、意識がもうろうとした状態ったということです。
 
 
この時、両容疑者は家におらず、ふたりしてパチンコに出かけていたことがわかっています。
 
考えられないほど酷い行為で、とても人間のできることではありません。
 
 
橋本容疑者は警察の調べに対し、
「シャワーの際に誤って熱湯をかけてしまった」
出典;毎日新聞
と話しているようですが…
 
 
その供述が本当かどうかも、疑問に思えますね。
 
警察は、女児がやけどを負った経緯に関しても捜査を進めています

女児が味わった痛み苦しみを思うと、胸が痛みます。

病院で良い治療を受けて、少しでも痕の残らないようにと願うばかりです。

橋本佳歩の顔画像、facebook

ニュースで報道された橋本佳歩容疑者顔画像はこちら。(追記)

橋本佳歩

出典;ZERO

次にfacebookですが、同姓同名のアカウントはあるものの、本人の特定には至っておりません。

検索結果をのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒橋本佳歩facebook検索結果

スポンサーリンク

橋本佳歩のプロフィール

次に、現段階で明らかにされている橋本佳歩容疑者のプロフィールです。

■橋本佳歩(はしもとかほ)

■22歳

■横浜市鶴見区梶山2

■昨年5月に埼玉県草加市から移住

■無職

■3歳娘と5歳長男、田中聡容疑者と同居

■保護責任者遺棄の疑いで逮捕

■容疑を認めている

田中聡の顔画像、facebook

ニュースで報道された田中聡容疑者の顔画像はこちら。(追記)

橋本佳歩 田中聡

出典;TBS

次にfacebookですが、同姓同名のアカウントは多くあるものの、特定することは難しくなっております。

検索結果をのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒田中聡facebook検索結果

田中聡のプロフィール

次に、田中容疑者の現段階で明らかにされている情報です。

■田中聡(たなか・さとし)

■21歳

■横浜市鶴見区梶山2

■自称運転手

■橋本佳歩容疑者と3歳長女、5歳長男と同居

■橋本容疑者の内縁の夫

■保護責任者遺棄の疑いで逮捕

■容疑を認めている

スポンサーリンク

橋本佳歩の犯行動機

橋本佳歩容疑者、田中聡容疑者の犯行動機は、一体どのようなものだったのでしょうか?

今のところ橋本容疑者の供述は、

■シャワーで間違って熱湯をかけてしまった

という点となっています。

なぜやけどを負った女児を放置したのでしょうか?

もしこちらで動機を推測するとなると、

■連れていけば、やけどを負った経緯について追及されるため

■連れていく手間とお金がもったいないと思った

■女児を痛めつけておきたかった

などが考えられますが、実際のところはどうでしょうか?

個人的には、最初に挙げた

火傷を負った経緯を追及されるのを防ぐため

が有力ではないかと思います。

もし仮に間違って熱湯をかけたとしても、親ならば慌てて病院に連れて行くのが普通ではないでしょうか?

考えられないほど酷い行為ですし、今後長い時間をかけてでも、容疑者らが自分の罪の重さを認識することを望みます。

女児が火傷を負った経緯は?

女児が火傷を負った経緯は、容疑者らの供述によると故意ではないとのことですが…

やはり、疑問に思えてしまいますよね。

これは、あくまで推測ですが…

仮に故意ではなかった場合、

熱がるので熱湯が身体にかかる時間は一瞬のはずです。

それが、広範囲にかけて重いやけどを負っているという事は、

意識的に熱湯をかけて火傷を負わせた可能性が高いのではないかと考えることができます。

つまり、ふたりが日常的に虐待行為をおこない、

その一連の流れとしてやけどを負った女児を放置したと考えるのが自然です。

これらは推測ですので断定することはできませんが、

警察の捜査が進み、新たに報道されるのを待ちたいと思います。

スポンサーリンク

なぜラップを巻いていた?

ほかにも疑問点はあり、警察官に発見された時の長女の状態ですが…

なぜ、背中から腰にかけてラップを巻かれていたのでしょうか?

女児はその状態で、洋室の布団に横たわっていたとのことです。

母親の佳歩容疑者は、

「ラップを巻くと良いとネットで見た」

と供述しています。

調べてみると、確かに火傷や傷口を食品用のラップで覆う「ラップ療法」は、

2000年ごろから褥瘡(じょくそう)ケアの現場で用いられてきたようです。

しかし、傷の治癒について十分な知識の無い医師や個人が使った結果、やけどの症状が悪化するケースが相次いだとのこと。

日本熱傷学会が2012年におこなった調査によると、ラップを用いてのトラブルの中には重篤なものがあり、

中には死亡例や、細菌が全身に回って起こる敗血症、

患部が腐って足を切断したケースまであったということです。

日本熱傷学会その後、やけどの治療でラップを使うことは、

・厳しく制限されるべき

・特に乳幼児には決して用いてはならない

という見解を示しています。

容疑者も少しのネット検索でラップ療法を試みたのかもしれませんが、

知識もない個人が使用する危険性についても調べるべきだったかと思います。

橋本佳歩の事件現場

今回の事件現場は、

神奈川県横浜市鶴見区梶山2
と報道されています。
 
▼ニュースで報道された自宅アパートの一部はこちら。
 
はしもとかほ
田中聡
 
 
 
 
事件発生を知った近隣住民の方々は、まさかこんな近くでと大変驚かれたことでしょう。
 
まだ現場の特定には至っておりませんので、新たに特定できましたら随時更新いたします。
 
 

ネットの反応

 

百歩譲って「誤って…」だとしたら即病院に連れていけよ、パチンコをする金はあるんだから。

日頃の生活状態を事細かに調査して虐待の有無を確認してください(黒だと思いますが…)、
そしてできれば刑事罰を与えてほしいです。

エスカレートする前に見つけられたことがせめてもの救い。
罪から逃れたいがために虐待の事実は否認するんだろうけど正直に話して欲しいものです。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

ネットの反応は、当然ながら容疑者2人に対する憤りの声が多く見られました。

日常的に虐待がなかったかを含め厳しく捜査をすすめてもらいたいですね。

このような事件が少しでもなくなることを願っています。

女の子が負った心の傷は、なかなか癒えるものではないかもしれませんが…

やけどが少しでも痕の残らないように、薄らいでくれることを祈っています。