橋本幸樹容疑者(鳥羽高校 教師)の顔画像、犯行動機!男子高校生に痴漢で逮捕

電車内で男子高校生の下半身を触ったとして、鳥羽高校の教師、橋本幸樹容疑者(32)が逮捕されました。

橋本幸樹容疑者の顔画像や犯行動機などを調べています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

橋本幸樹容疑者

出典;MBS

京都府の迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、京田辺市に住む鳥羽高校の教諭・橋本幸樹容疑者(32)です。警察によりますと、橋本容疑者は通勤中の今年6月11日と13日の午前7時すぎ、電車内で高校1年の男子生徒の下半身を触った疑いがもたれています。男子生徒が警察に被害届を提出していました。警察の調べに対して、橋本容疑者は「何のことかわかりません。私がやったことではありません」と容疑を否認しているということです。

 鳥羽高校は勤務態度に問題はなかったとし、「もし事実であるならば非常に申し訳ない」とコメントしています。

出典;MBS

京都の府立高校、鳥羽高校の教師が逮捕されました。

男子高校生の下半身を触ったという事で、驚かれた方も多いのではないでしょうか?

先日にも、男子高校生をトイレに連れ込み、喉の奥に指を入れるなどして男が逮捕されていましたね。

橋本容疑者の容疑が本当だとすると、容疑者は同姓に魅力を感じる人物ということがわかりますね。

ただ、被害に遭った側からすると男女の違いは関係ありませんし、男子高校生が感じた嫌悪感は相当なものだったと思われます。

被害に遭った記憶はなかなか消えるものではなく、橋本容疑者の罪はそれだけ重いといえるでしょう。

電車の中で犯行に及んだ動機などについても、考察していきたいと思います。

橋本容疑者の顔画像、SNSは?

橋本容疑者の顔画像は、現段階ではニュースで報道されていません。

また、SNSも確認してみましたが、同性同名のアカウントはあるものの、本人の特定には至っておりません。

検索結果のみのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒橋本幸樹facebook検索結果

橋本容疑者のプロフィール

現段階で判明している橋本容疑者のプロフィールです。

■橋本幸樹(はしもと・こうき)

■32歳

■京田辺市在住

■教師

■勤務先:京都府立鳥羽高校

■府迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕

■結婚していたかどうかはわかりませんが、男子高校生に手を出したのが本当だとすると妻がいる可能性は低いのではと思われます。

また追加の情報がありましたら更新いたします。

スポンサーリンク

鳥羽高校とは?

鳥羽高校

出典;武田塾

鳥羽高校とは、京都府京都市南区西九条大国町に位置する府立高校です。

偏差値はグローバル学科57 普通学科55 スポーツ総合学科45 ということで、学科によって違うんですね。

昭和6年に建てられたレトロな校舎が特徴とのこと。

事件を受けて学校関係者や保護者、生徒たちも大変驚かれたことと思います。

学校がこれから橋本容疑者にどういった処分を下すのか…気になるところですね。

犯行動機は?

現段階では容疑者は犯行を否認しており、動機などは明らかになっていません。

現行犯逮捕ではありませんが、それでも今回逮捕に至ったとういうことは、それなりに証拠があったのではないでしょうか?

証拠があった場合、容疑を否認し続けるのはちょっと難しそうですよね。

電車の中で痴漢に及ぶ人間が多いのは、

■混雑した車内でばれにくい

■人にまぎれて逃げやすい

といった利点があるからだといいます。

また、痴漢に及ぶ人間の犯行動機は、「性的欲求の解消」は実は少数派といわれています。

これは本当に意外ですよね。

では、何が動機となるかというと、「ストレス解消」が多いのだそう。

ターゲットが女性の場合、おとなしめの女性を狙って身体を触り、ゆがんだ支配欲を満たしてストレス解消につなげるようです。

今回の犯行動機はまだはっきりしていませんが、ひとつの参考にはなるかもしれません。

ネットの反応

これで人生終わりです。
ただ聞くところによると、他府県へいくと情報共有がなされていないので、教師をまたできると言う話を聞いたことがあります。

教師の痴漢等の犯罪は、起これば一件残らず全国漏れなく報道される。
職種ごとの割合で言えばダントツで発生件数は少ないらしいが、絶対報道されるので多く感じる。

鳥羽高校って名門じゃないの?
すごいですね。

子どもにに教育する人間がどうして子どもの気持ちを考えられないのでしょうか。
被害男子が可哀想としか言えません。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

橋本容疑者の犯行が本当だとしたら、教師のひとりとして残念な行動としかいいようがありません。

教職者としての自覚があれば、こういった事件も起こらなかったかもしれませんね。

被害に遭われた男子生徒に心よりお見舞い申し上げるとともに、このような事件が少しでもなくなることを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする