藤田直子容疑者の顔画像!娘の首を電気コードで絞めた動機とは?゠前橋市南町事件

群馬県前橋市南町のアパートで、娘の藤田明希さん(14)の首を絞めて殺害しようとしたとして、藤田直子容疑者(51)が逮捕されました。

藤田直子容疑者の顔画像、犯行動機、事件現場などを調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

藤田直子

出典;TBS

現行犯逮捕されたのは前橋市南町に住む無職・藤田直子容疑者(51)で、8日午後、一緒に住む中学2年の娘の首を絞め殺害しようとした疑いが持たれています。娘は意識不明の重体です。

 警察によりますと、藤田容疑者から連絡を受けた単身赴任中の夫(53)が「妻が娘に暴力を振るった。意識がないようだ」と119番通報したことから事件が発覚したということです。

出典;TBS

警察の調べに対し藤田容疑者は

「殺そうと思った」

出典;毎日新聞

と供述しているということです。

母親が殺意を持って寝ている娘の首を充電器のコードで絞めるという、非常にショッキングな事件。

意識不明の重体となっている娘の明希さんの容態が心配です。

なんとか明希さんの意識が回復し、一命を取り留められられることを心より願っています。

親子げんかがあったと119番通報があったようですが、そのトラブルの内容も気になりますね。

犯行動機とあわせて、のちほど詳しく見ていきましょう。

藤田直子の顔画像、facebook

(追記)藤田容疑者送検の様子が、ニュースで報道されました。

うつむいて手で隠しているため、顔をうかがうことはできませんが、姿のわかる画像となっています。

藤田直子

出典;日テレニュース

藤田直子

出典;日テレニュース

次にfacebookですが、同姓同名のアカウントはあるものの、本人の特定には至っておりません。

検索結果をのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒藤田直子facebook検索結果

藤田直子のプロフィール

次に藤田直子容疑者の公表されているプロフィールです。

■藤田直子(ふじた・なおこ)

■51歳

■群馬県前橋市南町4丁目

■無職

■殺人未遂の疑いで現行犯逮捕

■「殺そうと思った」と容疑を認めている

■現在明らかになっている家族構成は、夫と娘の明希さん。

夫(53)は単身赴任中

スポンサーリンク

藤田明希さんの情報

現在公表されている藤田明希さんの情報です。

■藤田明希(ふじた・あき)さん

■14歳

■群馬県前橋市南町4丁目

■中学2年生

■前橋市立第一中

■心肺停止の状態で病院に搬送され、現在も意識不明の状態

前橋市立第一中とは?

現在意識不明となっている藤田明希さんの通う中学校は、前橋市立第一中と報道されています。

前橋市立第一中は、群馬県前橋市南町1丁目に位置する公立中学校です。

▼ストリートビューとマップはこちら。

報道を受けて、学校関係者や生徒たちも大変驚かれたことでしょう。

報道によりますと娘の明希さんは、学校を休みがちだったということです。

時々は通っていたのか、まったく通学していなかったのかは明らかではありませんが、もしかしたら今回の事件と関係しているかもしれませんね。

事件現場はこちら

事件現場は、群馬県前橋市南町4丁目にあるアパートの1室で、

現場はJR前橋駅から南に約1キロの住宅街に位置しているとのこと。
 
 
▼ニュース画像はこちら。
(赤丸は当ブログ編集のものです。)
 
藤田直子

出典;TBS

ニュースではこの1階部分にクローズアップされていたので、事件はアパートの1階で起きたと思われます。

また詳しく事件現場が特定できましたら随時更新いたします。

スポンサーリンク

藤田直子の犯行動機

藤田直子の犯行動機とは、どのようなものだったのでしょうか?

現在、容疑者動機に関してくわしい報道はされていませんが、警察は親子間にトラブルがあったとみて捜査しているようです。

もし親子間でトラブルがあったとすれば、その原因はなんだったのか。

こちらで推測するとすれば、

■明希さんが学校へ通わないことでけんかになった

■それ以外の原因で普段から口論が絶えなかった

■藤田直子容疑者の精神的な問題からトラブルになった

などが考えられますが、実際のところはどうでしょうか?

娘の明希さんは中学2年生と年頃ですし、口論にも発展しやすかったのではないかと思います。

もし藤田容疑者の夫がそばにいれば、けんかの仲裁をするなり、容疑者の相談に乗るなりが出来ていたのかもしれません。

それが出来なかったことで余計に親子間の溝が深くなり、藤田容疑者も思い詰めるようになった可能性が考えられますね。

しかし、どのような経緯や動機があっても到底許されない犯行であることには変わりはありません。

容疑者には動機を明らかにしたうえで、誠心誠意自分の行いに向き合ってもらいたいですね。

仲の良さそうだった親子がなぜ…(追記)

明希さんは2学期に横浜市から今の学校に転校してきたそうです。

しかし、登校したのは最初の3日間だけで、発熱して休んでからは、行事がある日以外はほとんど登校しなくなったとのこと。

転校してきて、学校にうまく馴染めなかったのでしょうか…?

また、明希さんの同級生は

「明るい性格で、悩みを聞いたことはなかった。お母さんはきれいで優しく、親子の仲も良さそうで、一緒に買い物にも行くと話していた」

出典;産経新聞

傍目からみて仲の良さそうだった親子の間に、一体なにがあったのでしょうか…

ただ、外から見てあまり問題がなさそうに見えても、内側では揉めているのもよく聞く話です。

藤田容疑者と明希さんの間にも、見えないなんらかの確執があったのかもしれませんね。

ネットの反応

 

うちは高校生の娘がいます。勝手に部活は辞めてくる。バイトはしない。朝は起こさないと起きれない。遅刻は平気でする。めんどくさいと思ったら学校に行かない。休みは夕方まで寝てる。起きてる時はずっと携帯触ってる。見てるとイライラします。でも今の子はこんなんなのかな…。と諦めたら少し楽になりました。じゃないとこっちがおかしくなりそうです。
親子だからこそ我慢できない感情が余計にあったのではないでしょうか…。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

ネットの反応にありましたが、娘さんが意識を回復されたとしても、自分の母親に殺されかけたという事実と向き合わなくてはいけない。

それは確かに、考えただけで辛いものです。

しかしそれでも、娘さんにはなんとか助かっていただきたいと思います。

このような事件が少しでもなくなることを心より願っています。