仁木拓磨容疑者(22)逮捕。イケメンという声も?性犯罪者の再犯率は?

女性を執拗に追いかけまわし、わいせつな行為をおこなったとして、会社員の男が逮捕されました。

男の異常な行動や、容貌がわりと整っていることからネットで話題になっています。

事件の詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

仁木琢磨容疑者

画像引用;テレ朝ニュース

5月29日午前1時15分ごろ神奈川県横浜市内にて

仁木容疑者は小田急玉川学園前駅から女性の後をつけて、尻を触りました。

驚いて逃げた女性をさらに100メートルほど追いかけ、背後から口を押え胸を触り、キスや尻をもむなどのわいせつ行為を繰り返したとのことです。

同駅周辺では昨年の夏以降、同様の痴漢被害が相次いでおり、警察は余罪を調査しています。

仁木容疑者は調べに対し、

「ムラっとして、周りを見たら人がいないのでやった」

出典;ホウドウキョク

と供述する一方で、

「無理やりキスしたことは、はっきり覚えていません」

出典;ホウドウキョク

と、容疑を一部否認しているとのことです。

また、産経新聞によると

「女性のお尻は触ったが、胸を触ったことはよく覚えていない」

出典;産経新聞

とも供述しており、支離滅裂な印象を受けますね。

飲酒でもしていたのでしょうか?

事件周辺の画像はこちらになります。

犯行現場

画像引用;TBSNEWS

犯行現場

画像引用;TBSNEWS

夜はあまり人気がなさそうな場所ですね。

この歩道を100メートルにわたって追いかけられ、押さえつけられた女性の恐怖は察するに余りあります。

容疑者の顔画像とプロフィールは?

仁木琢磨容疑者

出典;TBSNEWS

こちらが仁木琢磨容疑者の顔画像になります。

人それぞれ好みはあるかと思いますが、わりとイケメン?とネットでささやかれていました。

現時点で分かっているプロフィール

■仁木琢磨

■22歳

■横浜市青葉区奈良町在住

■会社員

スポンサーリンク

facebookはあるのか

こちらでfacebookを確認してみましたが、それらしいアカウントは見つかりませんでした。

同性同名の方はいますが、違うと思われます。facebook検索結果

ネットの反応は?

■こういう犯罪、大したことないとか元気があっていいね、などと軽く考える人もいるが、被害者からしてみたら恐怖でしかない。
軽く考える人は想像もできないのかもしれないが、女はこういっために遭った時、最悪殺されるところまで想像するし、自分の人格を無視して物扱いされたことが深く根に刺さり、男性不信になったり、一生恋愛しなくなったりもする。
性犯罪者は女の敵だけじゃなくて一般の男の敵でもある。

■結構イケてる気もするし、女に困ってなさそうに見えるけどなあ。

■俺、男だが、、これ、、追われる方はむちゃくちゃ怖いわな。。

■おんなじような犯罪を犯した警視と巡査部長は名前も公表されないのにね。
ふしぎだね。

■見た目が悪い訳でもないけどね…
恋愛したきゃなんとかなりそうじゃない。
結局は性欲や女性が好きとかじゃなくて、支配欲や力で思い通りにすることに興奮するんだよね。迷惑な奴。 男性器切除してGPS埋め込んでよ。

出典;Yahoo!ニュースコメント

一部のコメントを引用させてもらいました。

女性の恐怖は想像以上だったと思いますし、少しでも早く、お気持ちのやわらぐ日が訪れることを心から願っています。

最後のコメントのように、確かに、力で女性をねじ伏せようとする人間は、強制的な行為そのものに興奮しているんでしょうね。ただ単に女性が好きなら、そんな行動はとらないんじゃないでしょうか。

再犯を心配する声も多く上がっていました。

ところで、性犯罪者の再犯率は、いったいどれくらいなんでしょうか?

性犯罪者の再犯率って?

再犯率

画像引用;犯罪白書

こちらに、法務省が毎年発表する犯罪白書のH29年度版のリンクを貼っておきます。

気になる方は詳しく見てみてくださいね。

これには、前年の刑法犯の前科の有無が載せられています。

強制わいせつは2,401人。

そのうち前科があるのは28.5%で、同一罪名有前科者は8.2%。また、その中で同一罪名5犯以上は0.5%となるようです。

また、強姦となりますと769人のうち、29.7%が有前科者、同一罪名は5.3%で、同一罪名5犯以上は0.1%です。

再犯の人間が多いのか少ないのかは判断しかねますが、全体の性犯罪者数の多さは嘆かわしい限りですね。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

仁木容疑者の余罪が追及されるようですので、また新しい情報が出ましたら追記いたします。

被害女性の心の傷が少しでも癒えるように願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする