乾誠悟の顔画像!乾マタニティクリニック院長殺人事件の動機がヤバい!゠福島県郡山市

福島県郡山市で「乾マタニティクリニック」院長の乾裕昭さん(69)の首を絞めたとして、息子の乾誠悟(いぬい せいご)容疑者(34)が逮捕されました。

今回は、乾誠悟容疑者の顔画像や犯行動機、事件現場について調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

乾マタニティクリニック

出典;朝日新聞

12日午後5時ごろ、福島県郡山市並木3の5の18の病院「乾マタニティクリニック」に併設された住宅で、院長の乾裕昭さん(69)が息子に首を絞められ、死亡した。郡山署は殺人未遂容疑で息子の無職誠悟容疑者(34)を逮捕した。

 同署によると、誠悟容疑者は乾さんの首を絞めた事実を認めている。同署は容疑を殺人に切り替え、動機などを調べている。乾さんの妻が誠悟容疑者を制止し、110番した。

出典;共同通信

乾容疑者は警察の調べに対し

「自分が首を絞めた」

出典;読売新聞

と供述しているとのことです。

またもや起こってしまった、家族間の殺人事件

地域に根ざし、長年貢献してきた産婦人科医が殺害されたということで、驚かれた方も多いのではないでしょうか?

自分の息子に殺害されてしまったお父さんの無念を思うと、胸が痛みます。

残されたご家族にとっても、これ以上悲しくつらいことはないでしょう。

親子ふたりの間に、一体なにが起こったのでしょうか…

犯行動機と合わせて、のちほど詳しく見ていきたいと思います。

まず、亡くなられた乾マタニティクリニックの院長、乾裕昭さんに心よりお悔やみ申し上げます。

乾誠悟の顔画像、facebook

乾容疑者の顔画像は、現段階では明らかにされておりません

またこちらは新たに報道されましたら随時更新いたします。

次にfacebookですが、同姓同名のアカウントはあるものの、今のところ本人の特定には至っておりません。

検索結果をのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒乾誠悟facebook検索結果

乾誠悟(いぬいせいご)のプロフィール

次に、乾容疑者の現在公表されているプロフィールです。

■乾誠悟(いぬい・せいご)

■34歳

■福島県郡山市並木3丁目

■無職

■都内で大学進学を、目指し勉強を続けていた

■平日は都内で暮らし、週末に同士の実家に戻る生活を続けていた

■殺人未遂容疑で現行犯逮捕

■父親が亡くなり、容疑を殺人に切り替えて捜査中

■容疑を認めている

現在明らかになっている乾容疑者の家族構成は、亡くなった乾裕昭さん(父)と、母親となっています。

スポンサーリンク

乾裕昭さんの情報

亡くなられた乾裕昭さんの顔画像は、「乾マタニティクリニック」HPに載せられていました。

乾マタニティクリニック院長

出典;乾マタニティクリニック

■乾裕昭(ひろあき)さん

■69歳

■静岡県出身

■福島県郡山市並木3丁目

■医師

■昭和51年に東京慈恵会医科大学卒業

昭和61年に東京慈恵会医科大学婦人科講師

昭和63年に慈恵会乾マタニティクリニック開設

卵巣がんの研究や不妊症の治療などに尽力し、2006年には、受精卵の状態を超音波で測定する方法を学会で発表したことも。

■次男の誠悟容疑者に首を絞められたことによる窒息が原因で亡くなる

▼医院のHPによると、乾院長には多くの肩書きが存在していたようです。

■医学博士

■日本産婦人科学会専門医

■日本臨床細胞学会指導医

■国際細胞学会指導医

■ソフロロジー分娩法上級指導医

■日本不妊学会会員

■日本受精着床学会会員

■日本臨床細胞学会功労会員

長きにわたって産婦人科の世界に貢献されてこられた方ということが分かりますね。

HPには、乾院長のあいさつとして

『静岡県清水出身で、明るい性格です。次郎長のように、世のため人のためとなるため医者になりました。特に女性の味方として、お産と不妊研究に全力投球していきます。』

出典;乾マタニティクリニック

という文面が掲載されています。

乾マタニティクリニックとは?

乾マタニティクリニックとは、に位置する個人病院で、

産科のほか、婦人科、内科、小児科も設置されています。

▼ストリートビューとマップはこちら。

乾マタニティクリニックは不妊治療にも力を入れている病院で、HPには不妊治療に関する詳しい説明がされていました。

不妊治療の流れはもちろん、実績データなどの開示もおこなっています。

また、亡くなった乾院長は、地元のテレビや新聞によく登場していたということです。

乾院長

出典;テレ朝ニュース

このことから、同クリニックが地域の人々から深く信頼されていたことがわかりますね。

スポンサーリンク

乾誠悟の犯行動機は?

乾容疑者の犯行動機は、どのようなものだったのでしょうか?

今のところ、容疑者は容疑を認めた段階で、詳しい動機については報道されていません。

(追記)口論で衝動的に首を絞めた可能性が浮上

(追記)乾容疑者は、父の裕昭さんに「定職に就かぬことを指摘され、腹が立った」と供述していることが新たに分かりました。

もしこちらで動機を推測できるとすれば、

■親子間でなんらかのトラブルがあった

■目立った口論などはなかったが、容疑者の精神的問題から

などが考えられますが、実際のところはどうでしょうか?

育ててくれた自分の親を殺害するとなると、想像以上にひどい確執やトラブルがあったのかもしれません。

また、亡くなられたお父さんは権威ある産婦人科の先生で、息子は無職ですから、職に関する言い争いなどがあったとも考えられます。

どのような動機や経緯があるにせよ、到底許されない犯行であることには変わりがありません。

容疑者には動機を明らかにしたうえで、今後長い時間をかけてでも自分の行いに深く向き合ってもらいたいと思います。

乾誠悟の事件現場は?

乾容疑者の事件現場は、乾マタニティクリニックに併設されている自宅の3階部分と報道されています。

▼ストリートビューで見ますと、病院には2棟あり、両方3階部分があるのが分かりますね。

おそらく、このどちらかの棟の3階部分で事件は発生したと考えられます。

スポンサーリンク

精神的悩みを抱えていたか(追記)

新たな報道によりますと、容疑者は大学進学を目指して都内で勉強を続けており、

週末になると実家に戻る生活を続けていたという事です。

また、誠悟容疑者は、20代ごろから大学の中退を繰り返しており、精神的な部分での通院歴などもあったとのことです。

こういった経緯からの精神的悩みから口論になり、事件に発展した可能性が高いようです。

お父さんの裕昭さんも息子さんのことが心配で、きつめの口調で注意していたのかもしれません。

本当に悲しく、残念な事件です…。

ネットの反応

 

 

家族間の事件相次ぐ

家族間の不幸な事件は頻繁におこっており、

家庭内トラブルの解決の難しさを感じさせるものとなっています。

当サイトで最近解説した家族間の事件はこちら。

■「娘の不登校に悩んでいた…」充電器コードで首絞め娘重体に

■父親の年金をあてにする娘、生活費断られ父親暴行し殺害

■両親刺殺した長男の過去に「結婚で父親ともめて除籍トラブル」

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

ネットの反応も多く、特に周辺にお住いの方の衝撃の大きさをうかがうことができます。

まだ詳しい経緯などは明らかになっていませんが、地域に長年貢献されてきた産婦人科の先生が亡くなられたことが残念でなりません。

このような事件が少しでもなくなりますよう、心より願っています。

シェアする

フォローする