川崎市登戸事件の犯人や被害者,現場の情報!顔画像や犯行動機がヤバい

神奈川県川崎市登戸駅付近で、通行人16人が刺されるという事件が発生しました。

この犯人の顔画像や犯行動機、事件現場などをまとめていきます。

まずは報道の内容を見てみましょう。

報道の内容

川崎市登戸事件

出典;FNN

28日午前7時45分ごろ、川崎市登戸の登戸第一公園付近でスクールバスを待っていた小学生の児童らが男に切りつけられ、3人が心肺停止、少なくとも16人がケガを負った。
刺した男は40代から50代とみられ、自分の首を切り、警察に身柄を確保された。
男は両手に刺身包丁をもっていたという。

通う川崎市多摩区のカリタス学園によると、現場の第一公園は、スクールバスの停留所になっていたという。

出典;FNN

現在、まだまだ情報が錯綜している状態ですが、どの児童が被害に遭ったかなどの確認をとっている最中とのことです。

男はスクールバス停留所の付近にあるコンビニあたりから刃物を持った状態で現れ、

「ぶっ殺してやる」などと言いながら小学生を襲っていったということです。

その後、バスから少し離れた場所に逃走し、自分の首を刺したという事でした。

幼い子供たちを狙った凄惨な事件に、言葉がありません。

被害に遭われた方々の容態が回復されますことを、心より願っております。

川崎市登戸事件の犯人は

▼容疑者の氏名などを含む情報はこちら。

岩崎隆一(いわさき・りゅういち)

■51歳

■坊主頭

■黒の半そでシャツ、ジーパンの格好

川崎市麻生区在住

自分の首を刺して重体、意識不明の状態⇒死亡が確認

■現場から凶器とみられる長めの包丁2本が見つかっている

⇒新たな報道で、身柄確保された男が死亡したという情報が入ってきました。

搬送先病院の、聖マリアンナ医科大学病院が会見で発表しています。

川崎市登戸事件の被害者

川崎市登戸事件

出典;FNN

事件の被害者は18人にものぼると報道されており、その中には

・小学6年生の女の子

・30代男性

が心肺停止の状態になっていると報道されています。

また、18人のうち、16人が女子児童

2人が大人という報道があります。

小学4年生の女の子がスクールバスを待っている最中に刺されたとみられることから、

バスを待っている小学生たちを標的にして襲ったと考えられます。

抵抗できない子供たちを狙う非常に卑劣な犯罪で、許しがたい行為といえます。

心肺停止となっていない重傷の方々のお怪我の程度も重く、首付近を負傷している方々が多くいらっしゃるということです。

少しでも多くの方々が早く良くなられることを願ってやみません。

小学6年生の女の子の情報

小学6年生の女の子の氏名などは公表されていませんが、

前述のように、女の子はスクールバスを待っている最中に男に襲われたとみられています。

また、女の子の学校は、現場に停まっていたスクールバスから私立カリタス小学校とみられています。

カリタス小学校とは、1963年創立の私立小学校で、男女共学で児童数648人

事件に多く巻き込まれた小学校1年生は、午前8時10分までに登校することになっていたということです。

女の子の親御さんのお気持ちを思うと、胸が痛みます。

心肺停止となられているとのことですが、なんとか容態が回復されますことを心より願っています。

⇒(追記)新たな報道で、女児1人が亡くなられたとの情報が入ってきました。

氏名も公表され、栗林華子(くりばやしはなこ)さん(11)という方とのことです。

なんとか戻ってこられることを願っていましたが、本当に、本当に残念でなりません。

ご遺族の方々へ、心よりお悔やみ申し上げます。

30代男性の情報

こちらも今のところ氏名は公表されていませんが、小4の女の子と同じく心肺停止という情報が入ってきております。

また、事件を目撃した男性の証言から、

・サラリーマン風のクールビズの男性

・刺されてぐったりとして血の気のない状態だった

という情報が寄せられています。

⇒(追記)新たな報道で、39歳男性が亡くなられたという情報が入ってきました。

男性は、いずれかの女子児童の父親とみられるとのことです。

男性のお名前は、小山智史(おやまさとし)さんと判明しました。

お子さんを必死にかばおうとした中で、容疑者に襲われたのかもしれません。

またもや失われてしまった尊い命に、心からの無念を感じます。

被害者が搬送された病院は

被害者の方々、また加害者が搬送された病院は、

■聖マリアンナ医科大学病院

(加害者死亡を発表)

■新百合丘総合病院

■川崎市立多摩病院

(お怪我の程度が比較的重くはないと判断された児童たちが搬送された)

■日本医科大学武蔵小杉病院

(栗林さん、小山さんの死亡を発表)

と報道されています。

川崎市登戸事件の現場

事件現場は、

神奈川県川崎市多摩区登戸駅付近

と報道されています。

また、現場付近には、ファミリーマート登戸新町店があり、その近くには

「カリタス学園」と書かれたバス停が位置しているのがわかります。

川崎市登戸事件

出典;FNN

事件現場は、登戸駅から約200メートル、徒歩で3~5分ほどの、マンションなどが立ち並ぶ閑静な住宅街とのこと。

事件に遭遇した方々はもちろんのこと、

近隣住民の方々は大変驚かれたことでしょう。

川崎市登戸事件の犯行動機

犯人の男の犯行動機は、今のところ明らかになっていません

男はなぜ、何が目的でこのような犯行に及んだのでしょうか?

もしこちらで推測できるとすれば、

■ムシャクシャして、ストレスがたまって

自暴自棄になっていた

■子供を狙っていることから、子どもという存在に何らかの逆恨みがあった

■何らかの危険思想から

などが考えられますが、実際のところはどうでしょうか?

どのような動機にせよ、きわめて卑劣で許しがたい犯行であることには変わりがありません。

容疑者は今のところ意識不明の重体となっているとのことですが、

回復し犯行に及んだ経緯などを自ら語ることを願っています。

川崎市登戸事件への反応

 

 

 

最後に

ネットの反応には、

多くの何の罪のない子供たちや通行人を刺しておきながら、死亡した犯人への激しい憤りのコメントがみられました。

確かに、身勝手な容疑者がなにも語らないまま死亡し、事件の解明もできなくなったことに対して怒りと失望の念がこみ上げてきます。

亡くなられた女の子のご遺族の方々や、被害に遭われた方々のお気持ちを思うと、本当に残念でなりません。

また、マスコミの取材の仕方や野次馬に言及する声もあります。

マスコミには、被害者の方々や被害に遭われた児童のお気持ちに配慮し、取材は絶対に控えてもらいたいですね。

被害に遭われた多くの子供たちの精神的なケアも、今後の課題といえます。

また新たに情報が入りましたら、随時更新いたします。

シェアする

フォローする