此嶋裕志の顔画像、facebook!東名高速あおり運転でミラー破壊の動機が酷すぎる

東名高速道路であおり運転をし、相手車両のドアミラーを殴り壊した疑いで、此嶋裕志容疑者(45)が逮捕されました。

今回は、此嶋容疑者の顔画像やfacebook、犯行動機などを調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、愛知県豊川市の会社員此嶋裕志(45)容疑者です。警察によりますと、此嶋容疑者は、9日午後1時すぎ、岡崎市仁木町の東名高速の道路上で、55歳の男性会社員が運転する乗用車と交通トラブルになり、高速道路上で幅寄せをした上男性の車のドアミラーを殴って壊した疑いです。此嶋容疑者は、「急に車線変更してきた車が許せなかった」と話し、容疑を認めています。警察は、此嶋容疑者の運転が、いわゆる「あおり運転」にあたる可能性があるとみて、当時の状況を詳しく調べています。

出典;メーテレ

危険な幅寄せをおこなったうえ、相手のドアミラーを破壊するとは、かなり暴力的な行為といえますね。

被害に遭われた55歳男性は大変な思いをされたことと思いますが、お怪我がなくて本当に良かったと思います。

あおり運転による夫婦死亡事故が発生した東名高速道路

最近、石橋和歩被告は懲役18年を求刑されたと大きなニュースになっています。

あんなに痛ましい事件があったにも関わらず、あおり運転がたびたび発生することに対して情けない思いになりますね。

微力ではありますが、少しでも同じような事件を無くすために、本サイトでも何度でも問題提起していきたいと思います。

此嶋裕志の顔画像、facebook

顔

此嶋裕志容疑者の顔画像は、現段階では明らかにされておりません。

ただ、facebookに関しては本人の可能性があるアカウントが見つかっており、そちらでは顔写真も確認することができます。

ただ、断定することはできませんので、検索結果のみこちらに載せておきます。

気になる方はこちらからご覧ください。⇒此嶋裕志facebook検索結果

此嶋裕志のプロフィール

現段階で判明している此嶋裕志容疑者のプロフィールです。

此嶋裕志(このしま・ひろし)

■45歳

■愛知県豊川市大堀町

■会社員

■器物損壊の疑いで逮捕

■容疑を認めている

■家族構成などは明らかになっていませんが、年齢から考えて妻や子どもがいる可能性も十分考えらえるでしょう。

スポンサーリンク

此嶋裕志の犯行動機について

此嶋容疑者は、あおり運転、器物損壊の犯行動機として

「急に車線変更してきた車が許せなかった」

出典;メーテレ

と話しています。

いくらそれで腹がたったとはいえ、危険な幅寄せ運転やドアミラー破壊に及んでいい理由にはなりませんよね。

それに、被害者男性が本当に急な車線変更をしたとも限りませんし、

もしかすると、此嶋容疑者が理不尽な因縁をつけている可能性だってあるのです。

例えば、ただ単に自分の車の前に入られたから腹をたてるなどの場合ですね。

これは、過去に発生したあおり運転事件のケースからも想像できることです。

今は時間もたって多少は冷静になっているかと思いますし、容疑者には自分の行いをふりかえって十分に反省してもらいたいですね。

此嶋裕志の事件現場は

今回の事件現場は、岡崎市仁木町の東名高速の上り線道路と報道されています。

▼現場付近と思われるニュース画像はこちら。

此嶋裕志

出典;テレ朝ニュース

このしまひろし

出典;テレ朝ニュース

マップでみますと、赤い領域の仁木町と東名高速道路の重なる部分で事件があったとみられます。

車通りの多い道路ですし、事件を目撃した車も多くいたことでしょう。

車のナンバーや他ドライバーの証言、高速道路上のカメラや、ドライブレコーダーなどから容疑者特定につながったと考えられますね。

ネットの反応

 

これだけ騒がれているのに、今でも良く煽り運転を見かける。
本当に驚くよ。

根本的な所で見直さないと、どうにもならない気がしてきました。教習所も昔より甘くなったし、免許更新時の講習も全く形だけ。罰則も厳しくすべきだとは思うけど、他の対策もしないと・・・・・

あおり運転なくならないですね。
車に乗ったら何故か気が強くなり勘違いする人がいるんでしょうね。
対策のためにもドライブレコーダーは必須ですね。

被害者は目視を怠って、見えていなかったのかもしれない。容疑者は許せなかったから報復したのだろうけど、無理な幅寄せされて停車させられた上にミラーまで壊された被害者の気持ちはどうなるの?
やり返されても自分もやってるんだから文句言えないよね

出典;Yahoo!ニュース

あおり運転をなくすために

東名夫婦死亡事故で一気に表面化し、今や社会問題となりつつあるあおり運転

痛ましい事故が発生しているのにも関わらず、煽る神経は理解しがたいものでもあります。

あおり運転をなくすためには、一体どんな対策が必要なんでしょうか?

やはりドライブレコーダーを標準装備として義務化することは、大きな抑止力になるといえそうですよね。

全部の車の前と後ろについていると思えば、撮られているという意識が働き、危険運転をおこなうドライバーも減ると考えられます。

それは、自分で自分の身を守ることにもつながりますよね。

また、教習所などであおり運転に関する特別なカリキュラムも必要かもしれませんね。

どこかの車メーカーでは、ドライバーの精神状態を把握して助言をおこなってくれる車というのも開発されているとテレビで見ました。

普段から十分な車間距離をとり、ゆとりをもった運転を心がけるドライバーが増えることで、危険運転が減っていくことを願っています。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

このような事故が少しでもなくなるよう、心から願っています。

容疑者は冷静になって、自分の行いをしっかりと反省してもらいたいですね。

★最近発生したあおり運転事件(本サイトまとめ)

あおり運転のうえ金属棒で殴打

あおり運転の末警察官に頭突き

トラックで幅寄せして衝突させ逃走