日下部和博の顔画像、犯行動機!原宿竹下通りでテロ事件?死刑制度への不満とは

1日午前、原宿竹下通りで車が逆走させ、歩行者8人を次々とはねた疑いで日下部和博容疑者(21)が逮捕されました。

今回は、日下部和博容疑者の顔画像、犯行動機などを調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

原宿 テロ

出典;産経新聞

東京・原宿の竹下通りで1日未明、軽乗用車が暴走し男性8人が次々とはねられた事件で、警視庁原宿署は同日、10代の男子大学生に対する殺人未遂容疑で、住所、職業不詳、自称日下部和博容疑者(21)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、同日午前0時10分ごろ、渋谷区神宮前の竹下通りで、軽乗用車を運転し練馬区に住む10代の男子大学生をはね、殺害しようとしたとしている。男子大学生は意識不明の重体となっている。

出典;産経新聞

新年早々に大変な事件が起こってしまい、驚かれた方も多いのではないでしょうか?

この事件で複数の男性が重傷を負い、1人の10代男性が今も重体となっています。

発生当時は新年が明けたばかりのお祝いムードで、被害に遭われた方々も楽しい時間を過ごされていたことと思います。

そんな中、思いのよらない車の暴走…

あまりに酷いというほかありません。

男性の容態が本当に心配ですし、なんとか回復されますよう心より願っております。

事件発生当時、車は明治通り側からJR原宿駅側に向かって約130メートル逆走

日下部容疑者はその後車を乗り捨てて逃走しようとしたようですが、

付近を警戒中の警察官が容疑者身柄を確保、原宿署に任意同行したということです。

▼ニュース動画はこちら

容疑者が乗っていた軽乗用車は前面が大きく損壊しており、

どれだけのスピードで走っていたのかをうかがわせるものとなっています。

日下部和博の顔画像、facebookは

日下部容疑者の顔画像がニュースで報道されました。

日下部和博

出典;TBS

日下部和博

出典;TBS

日下部和博

出典;TBS

中学か高校の写真のようですね。

日下部和博

出典;FNN

次にfacebookですが、同姓同名のアカウントはあるものの、本人の特定には至っておりません。

検索結果のみのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒日下部和博facebook検索結果

日下部和博のプロフィール

日下部和博容疑者の、現段階で判明しているプロフィールです。

日下部和博(くさかべ・かずひろ)

■21歳

■大阪府寝屋川市

■無職

■実家は大阪府枚方市

■犯行前は祖母と2人暮らし

■殺人未遂容疑で逮捕

■容疑を認めている

■大阪ナンバーのレンタカーで犯行に及んだ

■家族構成は、実家では両親と弟との4人暮らしだった

日下部容疑者の情報はまだ少ないものしか明らかになっておらず、公表され次第随時追記いたします。

21歳と若いことから、結婚している可能性は低いといえるでしょう。

スポンサーリンク

被害に遭われた方の情報

日下部和博

出典;読売新聞

被害に遭われたのは、10代から50代の男性7、8人と報道されています。

(報道によって被害人数が違い、情報が錯綜しているようです)

そのうち4人が重傷で、練馬区の大学生が1人、意識不明の重体となっています。

重傷とされている方々のケガの具合は、今のところ詳しく明かされておりません。

重体となられている学生の方と、お怪我をされた方の回復を心より願っております。

死刑制度への報復?

日下部容疑者の犯行動機とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

容疑者は身柄を確保時、「テロを起こした」という事を話していたことがわかっています。

また、

「殺そうと思って通行人を車ではね飛ばした。死刑に対する報復だった」

出典;読売新聞

と、死刑制度に対する報復という動機と、強い殺意を明かしています。

動機が本当のことなら、容疑者は日本の死刑制度に対して強い不満を抱いている人物ということになります。

2018年は、7月にオウム真理教の元幹部ら13人が死刑執行され、きわめて異例と大きなニュースになりました。

また、12月27日には確定死刑囚2人の刑が執行されています。

死刑制度に反対する国際団体の批判はあるものの、遺族感情に重きをおく日本では死刑制度が必要という声が多数。

筆者も死刑制度は必要で、やむを得ないという考えです。

容疑者はなんらかの思想で死刑制度に不満を持っているようですが、

その不満を晴らすためになんの関係もない一般人を傷つけたのでは本末転倒で、到底許されるものではありません。

どのような動機があるにせよ、何の落ち度もない無関係の人々を巻き込んだ、恐ろしい犯罪に変わりはなく、

容疑者自身の口で、さらに詳しい動機を明らかにしてもらいたいですね。

日下部和博の事件現場

今回の事件現場は、東京都渋谷区神宮前の竹下通りで発生。

明治通り側からJR原宿駅側に向かっての約130メートルの間で起こったとのことです。

こちらは、竹下口から通りへの入り口のストリートビューとなっています。

報道によりますと、車は竹下通りに入った周辺で男性をはね、その後130メートル逆走していったということです。

当時は初詣に向かう人たちのため交通規制がしかれており、車両は入ることができない状態でした。

加えて、時間帯もあって人は少なめだったということです。

もし、もっと人の多い時に車が暴走していたら、もっと被害者が出ていた可能性も考えられ、本当に恐ろしいですね。

普段から竹下通りを仕事で利用している方によると、

道幅は2トントラックがぎりぎり通れるくらいの道幅なので、車で乗り入れる際にはかなりの注意が必要とのこと。

スポンサーリンク

大量の灯油を積んでいた(追記)

日下部和博

出典;ホウドウキョク

犯行に使われた軽乗用車の後部座席からは、ポリタンクも入った灯油が見つかっていたことが分かっています。

日下部容疑者は取り調べに対し、

「灯油で車ごと燃やそうと思った。それができなければ人をひこうと思った」

出典;ホウドウキョク

と供述しています。

また、現場に残された日下部容疑者の衣服からは灯油の成分が検出されており、

警察は、日下部容疑者が歩行者をはねた後、灯油をかぶって現場から逃走したとみています。

また、灯油の入ったポリタンクの近くには、液体を噴霧できる高圧洗浄機も残されていたことがわかっています。

灯油をそれで撒こうと思ったのでしょうか…?

なんとも理解しがたい、謎の多い行動ばかりですね。

犯行から身柄確保まで(追記)

▼防犯カメラに映る、逃走中の日下部容疑者とみられる人物。

この後を目撃者と思われる方が追いかけている様子も映っていました。

日下部和博

出典;TBS

猛スピードで車を逆走させ人をはねた後、ビルの外壁に衝突して停止した容疑者。

ブレーキ痕はなかったとみられています。

目撃者の男性(19)が何をしているのかと問い詰めると、容疑者は突然運転席から飛び出して男性を殴りつけたとのこと。

(この男性も含めると、被害者人数は9人になる)

午前0時12分には警察に通報が入り、その20分後、現場から数百メートル離れた代々木公園の敷地内で容疑者発見

寒い中で薄着でふらつき、身体からは灯油のにおいを発して異様な様子だったとのことです。

ネットの反応

 

 

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

まだわかっていないことも多いこの事件ですが、年明けからの衝撃的なニュースで、今後多くの人の印象に残っていくのではないでしょうか?

容疑者の動機や顔画像など、さらに情報が公開されましたら随時更新いたします。

最後になりましたが改めて、被害に遭われた方々の回復を心より願っております。