増田治央さんの命を奪ったヘッドランドの離岸流とは?【水難事故】゠茨城県鉾田市

19日午後、8歳の娘を助けようとした夫婦が海に流され、父親の増田治央さん(55)が亡くなりました。

今回の事故現場である「ヘッドランド」とは?

また、増田さんの命を奪った離岸流とは一体?

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

荒野ヘッドランド

出典;TBS

19日午後2時40分ごろ、鉾田市の海岸で、群馬県から海水浴にきていた増田治央さん(55)が海に流された8歳の次女を助けようとして、妻(44)とともに流されました。

 警察によりますと、3人は近くでサーフィンなどをしていた人に救助され、妻と次女は無事でしたが増田さんは運ばれた先の病院で死亡が確認されました。

出典;TBS

事故を目撃していた人は、

荒野ヘッドランド

出典;TBS

「お父さんとお母さんが(娘を)助けに行った」(目撃者)

 「お父さんはちゃんと子どもをあげて、石につかまってたけど、おそらく力尽きちゃったんだろう」(目撃者)

出典;TBS

と、取材に対し話しています。

奥さんと娘さんの命が助かり良かったと思いますが、増田さんの命が失われてしまったことが悔やまれてなりません。

娘さんを助けようと無我夢中で、体力を消耗してしまったのでしょう。

亡くなった増田治央さんの情報

今回亡くなられた増田治央さんの、現段階で明らかになっている情報です。

■増田治央(ますだ・はるお)

■55歳

■群馬県伊勢崎市上植木本町

■会社員

念のためSNSも確認しましたが、ご本人の特定には至っておりません。

こちらに検索結果を載せておきます⇒増田治央facebook検索結果

ヘッドランドとは?

荒野ヘッドランド

出典;TBS

ヘッドランドとは、人口岬という意味だそうです。

下の画像のように、T字型に似た岬がいくつも海沿いに続いているのがわかります。

ヘッドランド

ヘッドランド

出典;茨城県HP

ヘッドランド

出典;茨城県HP

ヘッドランドは千葉県銚子市から茨城県大洗町の鹿島灘海岸にかけて33基設置されているとのこと。

これらは、砂浜を浸食から守るために整備されています。

スポンサーリンク

離岸流の危険性とは?

今回、奥さんと娘さんの命を危険にさらし、増田さんを死に至らしめた離岸流とは一体どんなものなんでしょうか?

離岸流

出典;茨城県HP

画像は、茨城県が設置する注意喚起看板です。

離岸流とは、海岸の波打ち際から沖に向かって発生する強い引き潮のことです。

河口周辺やヘッドランドの付近で多く発生し、ひとたび流されると数秒で沖まで押し流され、自力で岸に戻ることは困難です。

流れに逆らおうとするとパニック状態に陥るため、万一流された場合は、離岸流の勢いが弱まった場所で海岸線と平行に泳ぐのが良いとされています。

水難事故が相次いでいるため、基本的に遊泳禁止区域とされています。

ヘッドランドでの水難事故

荒波

ヘッドランドでは事故が相次いでおり、今年も8月14日から19日にかけて複数件の水難事故が報告されています。

2016年にも、人口岬の上で釣りをしていた石毛里未さん(31)が高波にさらわれて溺れる事故が発生しています。

石毛さんはその後救助されましたが、病院で死亡が確認されています。

その3日前には、海水浴に訪れていた小学2年生の女の子(8)と祖父(77)が死亡する事故があったばかりでした。

ネットの反応

必死で子供を守ったんだね、、、
子供が助かって良かったけど、お父さんも助かってほしかったなぁ(涙)

映像見るとかなりの荒波だけど。同じ状況か分からないが、よく娘を助けられたね。頑張ったんだと思う。しかしこの荒波、子供を遊ばせられる状況ではない。残念です。

お気の毒だけど、子供を守りたいなら、そもそも危険な立ち入り禁止区域に入っちゃダメだよね…

外海の離岸流は泳げても危険。
泳がなくても子供を水辺に連れてったら危険。
遠浅の遊泳が出来る海水浴場が
人目が多いし危険性も少なくて良いだろう。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

痛ましい事故ですが、こういったニュースで離岸流の危険性が広く周知され、水難事故が減少することを強く願っています。

増田さんが亡くなられたことは本当に残念ですが、最後に必死で守ろうとした娘さんが無事だったことは、天国の増田さんも「良かった」と安心されているのではないでしょうか。

その魂が少しでも安らかでありますようにと、願わずにはいられません。

亡くなられた方に、心よりお悔やみ申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする