村西康広の顔画像!警部補が盗撮で逮捕の動機がヤバい…京都府警本部

女子大学生のスカート内を盗撮しようとした疑いで、京都府警下京署の警部補・村西康広容疑者(37)が逮捕されました。

今回は、村西康弘容疑者の顔画像やfacebook、犯行動機などを調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

逮捕容疑は7日午後9時50分ごろ、京都市営地下鉄烏丸線の五条―四条駅間を走行中の電車内で、京都市内の女子大学生(22)の背後から、スカート内が見える位置にスマホを差し出した疑い。

 同署などによると、村西容疑者がチャックの少し開いたかばんをスカートの下に差し入れているのを乗客の男性が目撃。男性が声を掛けると同容疑者は四条駅で降りて逃走したが、近くの路上で通行人が取り押さえた。 

出典;時事ドットコム

最初に声をかけた男性が村西容疑者にかばんの中を見せるよう言うと、

「何もしてへん」

出典;毎日新聞

と言って逃走したということです。

村西容疑者は、逮捕後、警察の調べに対し

「差し入れていないし撮影もしていない」

出典;時事ドットコム

と容疑を否認しています。

もし容疑が事実なら、警察官としてあるまじき犯行ですし、本当に残念ですよね。

村西容疑者は容疑を否認していますが、逮捕されたということはそれなりの証拠品があるということですし、このまま否認し続けるのは難しいのではないでしょうか?

余罪がないかも含め、警察には引き続き厳しい捜査をお願いしたいと思います。

村西康広の顔画像、facebookは

顔

村西容疑者の顔画像は、現段階では明らかにされておりません

またこちらは、新たに報道がありましたら随時更新いたします。

次にfacebookですが、ローマ字で同じ名前のアカウントはあるものの、本人の特定には至っておりません。

もしかしたら、アカウント自体がない可能性も考えられます。

検索結果のみのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒村西康広facebook検索結果

村西康広のプロフィール

現段階で公表されている、村西容疑者のプロフィールです。

■村西康広(むらにし・やすひろ)

■37歳

■京都府城陽市久世

■警部補

■府警本部刑事企画課に勤務

■府迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕

■容疑を否認している

家族構成は明らかにされておりませんが、年齢から考えて、妻や子どもがいる場合も十分考えられるでしょう。

もしいらっしゃった場合、一家の父親がこのようなことをしたらと考えると、ご家族が気の毒でなりません。

スポンサーリンク

村西康広の事件現場

村西容疑者の事件現場は、

京都市下京区の市営地下鉄烏丸線五条―四条駅間を走行中の車内

と報道されています。

そして最終的には、四条駅近くの路上で取り押さえられました。

人の多い電車の車内での事件、そして四条駅という人の多い駅周辺での逮捕劇に、乗り合わせていた方々も大変驚かれたことでしょう。

▼下京区のマップはこちら。

勤務先の京都府警本部とは

村西容疑者の勤務先は、京都府警本部刑事企画課と報道されています。

京都府警本部のストリートビューとマップはこちら。

京都府警刑事企画課の田村博之次席は
「課員が逮捕されたことは誠に遺憾」
出典;毎日新聞
とコメントしています。
 
職場としても大変驚かれたことと思いますし、しばらくは今後の対応に追われることでしょう。

村西康広の犯行動機とは

村西容疑者の犯行動機とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

現段階では容疑者否認の状態で、動機などは明らかになっておりません。

もしこちらで推測できるとすれば、

■性的欲求解消のため

■日ごろのストレス解消のため

■スリルや達成感を味わいたいため

などが考えられますが、実際のところはどうでしょうか?

最後に挙げた「スリルを味わうため」という動機は、実際に最近盗撮容疑で逮捕された容疑者の動機であったりします。

しかも、その容疑者も実は警察官で、話題になっていました…。

大阪府警巡査がエスカレーターで盗撮の動機がやばすぎる…

どんな動機にせよ、決して許されない犯行であることには変わりがありません。

もし容疑が事実なら、村西容疑者は十分に反省し、自分の罪にしっかりと向き合ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク

警部補の給料、年収はいくら?

調べてみたところ、警部補の基本給は平均で

39万8618円

のようです。

つまり、それが ×12で、478万3416円、

ボーナスは基本給の4か月分ということなので、

159万4472円プラスになりますから

年収は低くても637万という計算になります。

年齢などにも左右されるようですし、一概にはいえませんが、ひとつの参考になるかもしれませんね。

年収も相当な額ですし、今までのキャリアが水の泡になる犯行ともいえそうです。

村西容疑者の今後の処分は、どうなるのでしょうか…

もし犯行が事実なら、警察官としてあってはならない行為ですし、然るべき処分をお願いしたいと思います。

ネットの反応

こちらのニュースでは名前が出ていますね。

否認しているのかもしれないけど、スマホのデータは瞬時にすべて
初期化して証拠隠滅してるのかな?

警察のいつもの処分で停職〇ヶ月で退職勧告して、依願退職扱いで
退職金が支払われるんでしょうか?
民間の会社だと懲戒免職になりますよ。

警察はあまいですからね。

仕事や家族を失う可能性があるような事を何故するかな?

京都府警のサイバー犯罪対策課は日本で最も優秀だから、スマートフォンを調べれば証拠はすぐに出てきそうですね。

出典;Yahoo!ニュース

最後に

いかがでしたか?

Yahoo!ニュースには、警察官の犯罪の多さを指摘する声も相次いでいました。

責任の重い職の人間は、民間人よりも大々的に報道されるというのもありますが…

それにしても多いような印象を受けてしまいますね。

こうした一部の人間の行為により、警察全体への信頼が揺らいでしまうのは本当に残念なことでもあります。

村西容疑者はもし犯行が事実でそれなりの証拠もあるのなら、しっかりと自分の罪に向き合って反省してもらいたいですね。

このような犯罪が少しでもなくなることを願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする