武蔵陵墓地殺人事件の犯人や被害者の名前,ボウガンが落ちていた理由とは?

東京・八王子市の武蔵陵墓地で5月1日朝、男性が死亡しているのが見つかる事件が発生しました。

今回は事件現場や犯人、遺体の身元、ボウガンが落ちていた理由などについて考察してみたいと思います。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

武蔵陵墓地事件

出典;日テレニュース

男性が倒れていたのは東京・八王子市にある武蔵陵墓地。警視庁によると、1日午前7時すぎ、宮内庁の職員から男性が倒れていると通報があり、警察官が駆けつけたところ、男性はすでに死亡していたという。近くには凶器とみられるボウガンのようなものが落ちていたという。警視庁は、事件と事故の両面で捜査している。

出典;日テレニュース

令和のはじまりに発生したおそろしい出来事で、事件性があるのか否かが気になりますね。

男性が倒れているのを発見した宮内庁の方も大変驚かれたことでしょう。

亡くなられた男性のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

武蔵陵墓地事件の犯人

今回の事件が殺人事件だとすると、犯人は一体誰なのでしょうか?

まだ警察は事件と事故の両面から捜査を進めている段階で、犯人の目撃情報の報道も入ってきておりません。

もし犯人がいたとすれば周辺の防犯カメラもあると思いますし、容疑者を割り出すのにさほど時間はかからないのではないかと思われます。

容疑者がいた場合、少しでも早く身柄確保に至ることを願っています。

武蔵陵墓地事件の被害者

今回亡くなられた男性の身元は、今のところ詳しい報道は入ってきておらず、

性別のみの報道となっています。

年齢や名前などが報道されましたら、随時こちらも更新いたします。

スポンサーリンク

武蔵陵墓地とは

武蔵陵墓地(むさしりょうぼち)とは、東京都八王子市長房町にある皇室墓地です。

昭和天皇などの墓である御陵をはじめ大正天皇陵・貞明皇后陵、香淳皇后陵の4陵が造営され、現在は上皇さまと上皇后さまの御陵の建設が進められています。

▼マップやストリートビューはこちら。

退位前の天皇皇后両陛下は4月23日、

この武蔵陵墓地で「昭和天皇山陵に親謁(しんえつ)の儀」という儀式に臨まれました。

そして昭和天皇が埋葬された武蔵野陵(むさしののみささぎ)に参拝し、退位の報告をされています。

▼事件現場のニュース画像はこちらになります。

武蔵陵墓地事件

出典;日テレニュース

武蔵陵墓地事件

出典;日テレニュース

武蔵陵墓地事件

出典;日テレニュース

事件の痕生々しく、人が倒れていた形がわかるものとなっています。

ボウガンが落ちていた理由

倒れていた男性の近くにはボウガンが落ちており、今のところ謎の深まる事件となっています。

ボウガンがどの程度近くに落ちていたのかにもよりますが、

かなり近い場所にあったのなら自殺の可能性も考えられるかもしれません。

事件と事故、どちらにしてもボウガンが凶器とみられます。

出典;Amazon

ボウガンの型は多種多様で、ネットでも購入可能となっているようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

 

これは怖い。
改元早々こんなことが起こるなんて…
心が痛みます。

悠仁親王の事件といい、不気味だ。

出典;Yahoo!ニュース

最後に

いかがでしたか?

ネットのコメントには、最近の悠仁さまの教室に刃物が置かれた事件などを踏まえてのものや、

改元のタイミングで事件が発生したことから恐ろしく思う反応が多かったように思います。

まだ謎の多い事件ですので、これから真相が徐々に明らかになってくるかもしれませんね。

新たに報道が入り次第、記事も随時更新いたします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする