中泉和之容疑者の顔画像・SNS。佐々木貴恵さん子ども残し亡くなる…゠茨城県小美玉

5日午後2時ごろ、茨城県小美玉市の交差点でトラックと乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、佐々木貴恵さん(32)が死亡し、一緒に乗っていた子供3人も重傷を負っています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

ニュース

出典;テレ朝ニュース

5日午後2時ごろ、小美玉市の交差点で、「トラックと車の事故で子ども3人が泣いている」と通報がありました。警察によりますと、大型トラックと軽自動車が出合い頭に衝突していて、軽自動車を運転していた佐々木貴恵さんが全身を強く打って死亡しました。軽自動車には佐々木さんの3歳で双子の長女と次女、2歳の長男の子ども3人が乗っていて、骨折するなどして重傷です。警察は、大型トラックの運転手・中泉和之容疑者(38)を逮捕しました。現場は信号のない交差点で、警察は中泉容疑者が左右の確認を怠って交差点に進入したとみて原因を詳しく調べています。

出典;テレ朝ニュース

女性が3人のお子さんを残し亡くなってしまうという、悲しい事故が起きてしまいました。

重傷を負い、間近でお母さんの死を目撃した子供たちのショックはいかばかりかと思います。

中泉容疑者の過失は、極めて重く取り返しのつかないものとなりました。

事故現場は?

事故があったのは茨城県小美玉市内の信号機のない交差点です。

事故現場

出典;テレ朝ニュース

中島和之

出典;テレ朝ニュース

佐々木さんの乗っていた軽自動車は、このように車の前方、特に右側を激しく損傷しています。

容疑者は左右の確認を怠って交差点に進入したということで、おそらく、事故現場画像の手前の市道からトラックが飛び出したのではないでしょうか?

事故の起こった時間帯は、午後2時と明るいうちで、視界も良好のはずです。

確認を怠った中泉容疑者の行為が悔やまれてなりません。

中泉容疑者の顔画像、SNSは?

中泉容疑者の顔画像は、現在明らかになっておりません。

また、facebookアカウントがあるか確認し、本人とみられるアカウントが見つかっております。

facebook上の検索では見つからず、ウェブ上の検索で見つかりましたので、その検索結果を載せておきます。⇒中泉和之facebook検索結果

中泉容疑者のプロフィールは?

現段階で明らかになっている中泉容疑者のプロフィールです。

まだ少ない情報しか得られていませんので、明らかになり次第追記いたします。

■中泉和之(なかいずみ・かずゆき)

■38歳

■大型トラックの運転手・運送業?

■鉾田市荒地

■運転過失傷害で逮捕⇒過失運転致死に切り替えて調査

■独身(facebookの情報)

また、親御さんもご健在でしょうし、今回の事件で家族にも重い責任が背負わされることと思います。

スポンサーリンク

亡くなった佐々木貴恵さんの情報は?

亡くなった佐々木貴恵さんの現段階で明らかな情報です。

また新たな情報が得られましたら追記いたします。

■佐々木貴恵(ささき・きえ)

■32歳

■3歳で双子の長女と次女、2歳の長男の子どもがいる

■小美玉市上合

■パート従業員

また、facebookを確認したところご本人の可能性があるアカウントが見つかっております。

検索結果はこちらになります⇒佐々木貴恵facebook検索結果

ネットの反応は?

■お母さんの気持ちを考えると無念でしょうね…。
子供達はチャイルドシートで助かったのかな??
お母さんは普通車だったら助かっていたのかな??
色々考えてしまいます。
お母さんの御冥福をお祈りします。

■なんて痛ましい事故だ
同じ年齢の子供を持つ母として我が子を残して亡くなったお母さんの気持ちを思うと無念で涙が出てくる。
残された子供達の心の傷は一生消えないと思うけれど、どうかこれから兄妹協力して支え合って強く生きていってほしい。
周りの大人も全力でこの子達を守ってあげてほしい。

■3歳の双子と、2歳・・・一番ママから離れられない時です。これからの事を考えると辛いです。

出典;Yahoo!ニュース

https://twitter.com/BurasagariP/status/1026184862846267392

コメントの方が言われているように、お子さんたちはまだ小さく、まだまだお母さんの存在が欠かせない年ごろです。

佐々木さんもどれほど無念で、生きたい気持ちがあったでしょうか。

本当に悔やまれてなりません。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

一瞬の判断ミス、漫然とした運転が、一生取り返しのつかない事故につながった今件。

残された子どもたちの今後を思うと、胸が痛みます。

佐々木貴恵さんを亡くされたご家族のかたに、心よりお見舞いを申し上げます。

また、少しでもはやく、子どもたちのお怪我が良くなりますように願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする