中村要容疑者の顔画像、事故原因はなに?大型トラックと衝突で中2女子亡くなる

9日午後3時ごろ、埼玉県上尾市で、ガソリンスタンドから道路に出ようとした大型貨物車が歩道を走っていた自転車をはね、清田朱音さん(13)が亡くなりました。

逮捕された大型貨物車運転手・中村要容疑者の顔画像・SNS・事故原因とは?

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

中村要 清田朱音

出典;テレ朝ニュース

9日午後3時ごろ、上尾市内の国道17号でガソリンスタンドから国道に出ようとした大型貨物車が歩道を走っていた自転車と衝突しました。自転車に乗っていたさいたま市の中学2年・清田朱音さん(13)は腹などを強く打ち、まもなく死亡しました。警察は、貨物車の運転手・中村要容疑者(38)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。中村容疑者は「事故を起こしたことに間違いない」と容疑を認めています。

出典;テレ朝ニュース

まだ中学2年生の女の子が大型貨物車にはねられ死亡するという、痛ましい事故です。

大切な娘さんを亡くされた親御さんのお気持ちを思うと、言葉がありません。

まずは、清田朱音さんのご遺族の方々に、心よりお悔やみ申し上げます。

中村要容疑者の顔画像、SNSは?

中村容疑者の顔画像は、現段階では明らかになっていません。

また、SNSも確認しましたが、同姓同名のかたは大勢いるものの、本人の特定には至っておりません。

検索結果を載せておきますので気になる方はこちらへ⇒中村要facebook検索結果

中村要容疑者のプロフィール

現段階で公表されている中村容疑者のプロフィールです。

■中村要(なかむら・かなめ)

■38歳

■埼玉県鴻巣市すみれ野

■貨物車の運転手

■過失運転傷害の疑いで逮捕

またこちらは新たに情報が得られましたら追記いたします。

清田朱音さんの情報

亡くなられた、清田朱音さんの公表されている情報です。

■清田朱音(きよた・あかね)さん

■13歳

■埼玉県さいたま市宮原町

■中学2年生

■中学校の名前までは報道されていませんでしたが、清田さんの住まいが宮原町ということで、調査してみると

宮原町1丁目⇒植竹中学校

宮原町2~4丁目⇒宮原中学校

という校区になっているようです。

参考サイトはこちら⇒リッチョウホーム株式会社

スポンサーリンク

事故現場はこちら

現場は埼玉県上尾市のコスモ石油で、ニュース画像はこちらになります。

中村要 清田朱音 

出典;テレ朝ニュース

中村要 清田朱音

出典;テレ朝ニュース

ガソリンスタンドにはきちんと「止マレ」と注意する白線が引いてあるのが分かります。

▼ストリートビューはこちら。

歩道を横切る際は必ず

くるま

もし、中村容疑者が歩道に入る前に一時停止をし、自転車を確認出来ていたならと思わずにいられません。

事故が起こったのは午後3時ということで明るく、視界も良好だったはずです。

時々、店から勢いよく歩道に乗り出す車を見かけますが、こういった事故の可能性が十分にありますので、改善していただきたいですね。

ただ、自分も店などから歩道に出るときは必ず一時停止するよう気を付けていますが、

道路から店に入るために歩道を横切るときは、一時停止までは出来ていないのが現状です。

横切る時は左右を確認しゆっくりと入っていますが、車の流れなどを考慮すると、正直、一時停止までは難しいと感じています。

これを守れている一般ドライバーはあまりいないような気がしますし、道交法と実際に運転した感覚に若干のズレがあるような気もしています。

ただ、実際に道路から店に進入する際の事故も起こっていますので、十二分な左右の安全確認は欠かせません。

道路から歩道を横切る際も止まったほうが事故が減少するのも確かなことですので、これは自分も今後気を付けたいと思います。

ネットの反応

亡くなった少女には何の落ち度もなく、
尊い命を突然奪われ、本人は無念、両親もいたたまれない
心持ちだろう。
軽い気持ちでハンドルを握っているドライバーが多過ぎる。

いずれ事故を起こす運転手が、起こすべくして起こした事故ですね。
犯人は気軽に歩道へ突っ込む運転手全員の未来です。

最近、いたたまれない事故が多い。
中々、減ってこない
解決策ないのかね

当たり前に帰ってくるはずの娘さんがこんな事に…。親御さまの悲しみを思うと心が痛い。
いつも子供が外出する時、気を付けなさいよ、とは言うけれど、言うしか出来ない。
ドライバーも、自転車も歩行者も、みんながみんな、気を付けようね。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回、ガソリンスタンドから道路に出るのに注意を怠った中村容疑者に非があるのはもちろんですが、ドライバー全員がこういった事故を起こす危険性も秘めています。

ちょっとの判断ミス、気のゆるみが大事故につながるということを、心に深く刻んで運転しなければなりません。

少しの心構えで、減らせる事故はたくさんあるはずです。

最後になりましたが、亡くなられた清田朱音さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

また、ご遺族の方々に改めてお悔やみ申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする