中村美奈子さん、SNSは?夷浜で波にさらわれ死亡…貝殻拾いの最中゠上越市

17日午前、新潟県上越市の夷浜で女性が波にさらわれ、その後病院に運ばれるも死亡が確認されました。

亡くなったのは、長野市の中村美奈子さん(33)です。

まずは、報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

中村美奈子さん

出典;日テレニュース

現場は上越市の夷浜。警察などによると、午前11時50分ごろ、近くで釣りをしていた人から「女性が波にさらわれて溺れ、沈んだ」と消防に通報があった。女性は、長野市の中村美奈子さん(33)で、通報から約2時間後に発見され、上越市内の病院に搬送されたがその後、死亡が確認された。

当時、中村さんは、知人の男性と現場を訪れ、貝殻拾いなどをしていた。当時、上越市には波浪注意報が出されていた。警察が当時の状況を詳しく調べている。

出典;日テレニュース

この夏に続く水難事故ですが、またも尊い命が犠牲となりました。

亡くなられた中村美奈子さんに、心よりお悔やみ申し上げます。

中村美奈子さんのSNSは?

注意

中村美奈子さんの顔画像などは明らかになっておらず、SNSも確認しましたがご本人の特定にfは至っておりません。

こちらにfacebookの検索結果を載せておきます⇒中村美奈子facebook検索結果

中村美奈子さんのプロフィール

亡くなった中村美奈子さんの、現段階で明らかになっている情報です。

■中村美奈子(なかむら・みなこ)

■33歳

■無職

■長野県長野市

こちらは、また新たに情報が得られましたら追記いたします。

事故現場の情報

事故現場は、新潟県上越市の夷浜管理釣り場のある直江津港第3東防波堤から東側の海岸となっています。

ニュースの映像などから、このストリートビューの駐車場を降りた先にある海岸が事故現場と思われます。

▼マップはこちら。

付近の直江津港第3東防波堤 管理釣り場は、県外からも人が訪れる人気の釣り場スポットのようです。

スポンサーリンク

事故の原因は

当時は波浪注意報が発令され、波も高い状態でした。

地元の人によると、その前日から荒れた波模様で、海岸に近づく人はいなかったということです。

中村美奈子さん

出典;日テレニュース

県外から来られた中村さんと知人の方は、波浪注意報などが出ているということに気付かなかったのかもしれません。

また、中村さんは長野市の出身で、長野県は海のない県でもあります。

自分も内陸県に住んでおり、もしかしたらと想像するのですが、海が身近ではない人間は、海の脅威、危険というものに少し疎い部分があるのではないでしょうか。

普段から海を身近に接していると、「これは危険だ」「近づかないほうがいい」という危機管理能力も発達しやすい気がします。

それが鈍っていたりすると、「せっかく来たのだから少しくらい近づいても」という気持ちになる可能性があります。

自然の脅威は人間の予測を超えてくるものですが、その恐ろしさは普段なかなか認識されません。

今件は、海に近づく場合は、その波の状態や天候なども加味して動かないといけないという教訓を再認識させられる事故でもあります。

ネットの反応

■一緒に行った男性は、連れて来てしまったことを一生後悔しなきゃいけないんでしょうね。
なんとも痛ましいです。

波の引く力は結構強いよ。
ましてや注意報が出ていたなら怖くて近寄れないけどなぁ。。。

こういう事故って時々あるけど状況が良く分からないな。波打ち際にいたら不意打ちで大きな波が来てしまったのだろうか?だとしても人を一瞬のうちにさらってしまう波ってどのぐらいの大きさなのか?見当がつかない。

■今日上越の海岸走ったけど冬の日本海の荒波だったよ長野から遥々来て入らないと損だとおもったのかこんな荒れた海に入るのは自殺行為だよお悔やみ申し上げます。

出典;Yahoo!ニュース

波浪注意報・警報の定義

荒波

今回出されていた波浪注意報は、高波による遭難や沿岸施設の被害などが予想される場合、気象庁が発令するものです。

波の高さとしては、

太平洋や日本海などの外海ではおおむね 2.5~3m以上,東京湾など内海ではおおむね 1.5~2.5m以上の有義波高(連続する波を観測したとき,波高の高いほうから順に全体の 3分の1の個数の波の波高を平均したもの)

出典;コトバンク

と定められています。

ちなみに、波浪警報は、注意報の時よりもより重大な災害になると予想される場合発令されます。

発令をいち早く知るためには?

まずは天気予報や台風のチェックは大前提でしょう。

台風などが近づいていれば、海に寄らないほうがいいのは言うまでもありません。

ほかは、スマホなどの防災速報アプリを導入する方法があります。

▼Yahoo!防災速報

地震、雨雲レーダー、警報、避難勧告、Jアラートなどの災害情報を通知する無料の防災アプリ。

また、全国の警報・注意報をまとめて知ることができるサイトもあります。

▼ウェザーニュース

サイトに行ってみると分かるのですが、日本地図が度合いに合わせて色づけされており、非常にわかりやすくなっています。

また、設定すれば防災メールというものも受け取ることができ、自分の地域に合った情報を受け取ることが出来ます。

津波アラームや地震アラーム、雨雲アラームなどのサービスもあり、いざという時の一刻も早い避難に役立ちます。

この他にも、情報を得られるサイトはいくつもありますので、自分に合ったものを探して普段からの危機管理に役立てましょう!

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

連日のように海や川での死亡事故が相次ぎ、痛ましい限りです。

亡くなった人と一緒に現場を訪れていた人は、「あの時ああしていたら」「あの場所に行かなければ」という思いを、一生抱えていくことになります。

改めて水の恐ろしさ、自然の無慈悲さを感じるとともに、こういった事故をなくすためにはどうしたら良いのかと考えざるを得ません。

今回亡くなられた中村美奈子さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする