寝屋川市成田南町ロープ犯人は誰?事件現場の道路や被害者のケガの情報も!

寝屋川市成田南町の路上にロープが張られ、二輪車が転倒し重傷者が出る事件がありました。

今回は犯人の情報や事件現場、被害者のケガの情報などについてまとめます。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

29日午前2時半ごろ、大阪府寝屋川市成田南町の市道で、同市の新聞配達アルバイトの女性(77)がミニバイクで転倒し、左脚などを骨折する重傷を負った。幅約6.7メートルの道路にナイロン製のロープが張られており、引っ掛かったとみられる。寝屋川署は悪質ないたずらとみて、殺人未遂容疑などで捜査している。

出典;共同通信

寝屋川署は、殺人未遂の容疑で捜査を進めているということです。

女性は事件後に、

「ロープに気づかずに突然転倒した」

出典;朝日新聞

と語っています。

新聞配達アルバイトのため出勤途中だったという女性は、突然の思いもよらない転倒で本当に驚かれたことでしょう。

また、お怪我の状態が心配です。

少しでも早く犯人が逮捕されることや、女性のお怪我が回復されることを願っています。

ロープを張った犯人は誰?

道路にロープを張った犯人とは、一体だれなのでしょうか?

今のところまだ犯人逮捕に至っていないため、くわしい情報は明らかになっておりません

現段階では目撃情報などは報道されていませんが、防犯カメラも街中に複数あると思いますし、

怪しい人物が捜査線上に浮かぶまでそう時間はかからないでしょう。

またこちらは、新たに情報が入りましたら随時更新いたします。

スポンサーリンク

ロープ事件現場はこちら

今回路上にロープが張られた現場は、

・大阪府寝屋川市成田南町の市道

・中央線のない直線道路

・スーパーの駐車場にある鉄製の柱と向かい側にある理髪店のサインポールの間にロープが張られていた

という情報が明かされています。

成田南町のスーパーマーケットで、隣に理髪店がある場所といえば

■マルヤス成田南店

があることが分かります。

まだ特定はできていませんが、道幅が狭く隣の理髪店との距離も近いため、事件現場の可能性は高いと思われます。

また新たに明らかになることがありましたら随時更新いたします。

ロープ被害者のケガの情報

今回の被害者の情報は、

■77歳女性

■新聞配達のアルバイト

■ミニバイクで転倒

■左脚などを骨折する重傷

ということが判明しています。

年配の方のお怪我はそれが原因で長い間外に出られない原因にもなるため、深刻な事態に至る可能性もあります。

容疑者の行為は非常に悪質で、その罪はきわめて重いといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ロープ犯人の動機とは?

道路にロープを張った容疑者の動機とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

今のところ身柄確保に至っていないためわかっていませんが、こちらで推測してみたいと思います。

もしこちらで推測できるとすれば

■日ごろのストレス解消のため

■自分の行為で周囲が騒ぐ姿を見たかった

■近隣住民に対して恨みがあった

などが考えられますが…実際のところはどうでしょうか?

どの動機にせよ、悪質極まりない行為に変わりはありません。

少しでも早く犯人逮捕につながり、動機の解明がなされることを願っています。

過去にも同様の事件が…

2018年12月26日、神奈川県相模原市で同様の事件が起こり、道路にロープを張った男が逮捕されています。

こちらでもバイクに乗っていた男性が転倒し、45歳の男性がけがを負っています。

この事件で逮捕された出来公一(できこういち)容疑者(41)は、

日ごろのストレスから犯行に及んだと供述。

ストレスは多かれ少なかれみんな抱えているもので、そのような理由で無関係の方を傷つけるなどあってはならないことです。

容疑者逮捕には犯行の一部始終をとらえた防犯カメラが決め手となっていました。

今回の寝屋川市の事件でも、警察は周辺のカメラを捜査していることでしょう。

ネットの反応

これは完全に殺人未遂だから厳重な捜査と摘発を望みたいね。

深夜の暗いところにないと思っているものがあったら、かなりの衝撃で跳ね返って命を落とすことが十分に考えられる。

コレ時々あるけど、やってる事は無差別テロだからね。
再発防止の為殺人未遂以上の厳罰を。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

ネットの反応も、当然ながら犯人に対し厳罰を望む声が多く上がっていました。

皆が安心して道路を利用するためにも、このような事件は絶対に起こってもらいたくないと考えます。

少しでも早く犯人逮捕に繋がることと、被害者のお怪我が早く回復されることを願っています。

シェアする

フォローする