妊活主婦の恋人 ネタバレ【6話】救いの電話、秘密のドライブ

子宝を待ち続けて7年ー。

自分の存在価値に悩む結婚10年目の主婦・織恵(おりえ)が、同じく既婚の啓介と知り合い…。

今回は、そんな『妊活主婦の恋人』第6話のネタバレ感想を紹介します。

漫画を無料で読みたい方は、下記のサイトでどうぞ。

↓↓

スポンサーリンク

『妊活主婦の恋人』おすすめサイト

『妊活主婦の恋人』のストーリーが気になるけど、やっぱり漫画で読みたいという方は、こちらのサイトはいかがですか?


大好きな漫画を、無料で読むことができるチャンス♪

FODプレミアム

1か月無料お試しに登録すると、期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます

初回登録ボーナスポイントとして100ポイント、

さらに8のつく8日、18日、28日に400ポイント、合計1300円分もらえます。

U-NEXT<ユーネクスト>

登録すると、600円分のポイントプレゼント!

DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴だけでなく、最新コミック・書籍の購入に使用可能です。

追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

本当におもしろい作品だから、マンガで読むのがおすすめ。

お得なサイトに登録して、ぜひ読んでみよう!

妊活主婦の恋人 6話ネタバレ

妊活主婦の恋人ネタバレ

出典;FODプレミアム

欲しいものはぜんぶ手に入れたい

ベッドにいる啓介に、マカを飲んだか聞く妻の真梨。

啓介は気乗りしない様子で、こんなの飲んでも変わらないのにと内心思っています。

そんな啓介を見下ろして注意し、

『私に …私達に足りないものってなんだと思う?』と聞く真梨。

啓介は、真梨が一瞬発した「私に」という言葉を聞き逃しませんでした。

さらに、「立場上拒否権なんてない」と迫る真梨を黙って見つめます。

希望の外資系に就職してやりがいのある役職に就き、素敵な家に優しいパートナーもいる。

全部自分の努力で勝ち取ったものだと語る真梨。

真梨の身体は出る部分は大きく出て、ウエストもみごとに引き締まっており、それも毎日の食事管理とジム通いのたまものと話します。

欲しいものは全部手に入れたい、子どもだって作ってみせると啓介の下着に手をかけ、ゆっくりと唇を這わせていきます。

啓介の顔は苦痛にも似た表情になり…

時間は過ぎ、夜の10時半くらいになっていました。

髪を乱しながら息を切らし、『なんで…』といら立つ真梨。

啓介は真梨に対し反応しないままで、

『そーゆー時もあるんだよ』と言います。

気分が乗らないからまた来月にしようと話す啓介を、真梨は1か月も無駄にしたくないと引き留め…

マカを飲ませようとしたり、取り乱した状態でガシガシ触ったりします。

痛いと言う啓介に、

『あなたこれすらもできないわけ!?』と大声で詰め寄る真梨。

啓介は落ち着けと真梨の手をふりほどき、下着を穿きます。

『私達は普通にやってても授かれないのよ  このくらい必死にやんなきゃ赤ちゃんできないのよ』

『何が原因であなたがたたないのか 私にはわからないっ』

啓介は自分にしがみつくようにして訴える真梨を、ただただ困った表情で見つめていました。

スポンサーリンク

救いの電話、秘密のドライブ

その後、啓介は服を着て自宅ベランダにいました。

織恵と話したいと思いますが、自分は織恵の番号を知らないため、番号を聞けば良かったとうなだれています。

そんな時、突然スマホが震え、驚く啓介。

知らない番号が表示され…すぐに切れました。

かけ直すと、電話に出た織恵は慌てた様子で女友達の名前を出し、夫がいる部屋の外に出るのでした。

後日、織恵はマスクに目深に帽子をかぶるというスタイルで駅前にいました。

そこに、サングラスにマスクという格好の啓介が車で現れます。

マスクをはずし、笑顔になる織恵。

ふたりは、啓介の仕事の昼休み中という短い合間をぬって会っていました。

助手席の織恵と、運転しながら話す啓介。

織恵はお弁当をつくってきており、ふたりとも舞い上がる気持ちを抑えられない様子です。

近くでいいので公園とか人の少ない場所に行きませんか、と話す織恵。

車は自然にかこまれた人気のない公園の駐車場に停められ、すでにお弁当は空になっています。

ふたりは車の中でお互いに腕をまわしながらキスをしていました。

啓介が助手席のシートを倒し、思わずあっと声が出る織恵。

すみません、戻しますかと啓介は聞きますが…、

織恵はその胸にしがみつくようにしてシャツを握りしめ、

戻さないでください、と言うのでした。

少し困ったような表情の啓介の下半身は、大きく勃ってきており…。

妊活主婦の恋人 6話感想

啓介とその妻、真梨の夜の様子が描かれていた今回。

真梨の必死な気持ちはわかるけれど、啓介に対する言葉の圧がすごいですね…。

拒否権はないとか、真顔で言ってしまうところが怖すぎます。

また、自分の力ですべて手に入れてきたし、欲しいものはぜんぶ手に入れたい、子どもだってつくってみせるという言葉。

妊娠に向けて最大限努力することはできるけれど、やっぱり授かるかどうかはもう自分の努力ではどうにもならない部分ってありますよね。

また、自分ひとりの力ですべて手にするなどあり得ないような気もしますし。

努力家な一方で周囲への感謝を知らない、傲慢な女性という印象を受けました。

ナイスバディの真梨ですが、なぜか男性的に見えてしまって色気が全く感じられないのも、彼女のもつ雰囲気によるものという感じがします。

啓介はそんな妻に心底疲れている様子で…

不倫はよくないことですが、織恵に惹かれる気持ちもよくわかるように思いました。

ふたりは秘密の電話を通じてドライブへ…。

もうお互いを求めあう気持ちが止められないという感じで、ドキドキしてしまいました。

次回がさらに気になりますね。

スポンサーリンク

妊活主婦の恋人 公式Twitterはこちら

 

『妊活主婦の恋人』公式Twitterでは、

漫画のあらすじ、最新の配信情報などもツイートされています。

気になる方はぜひチェックしてみましょう!

妊活主婦の恋人 ネタバレ感想の一覧

 

スポンサーリンク