丹羽智史容疑者の顔画像、SNS。どこの保育園?女児にわいせつ行為゠岐阜県多治見市

岐阜県多治見市の市立保育園に勤務する丹羽智史容疑者(27)が、園児にひわいな行為をしたとして逮捕されました。

丹羽容疑者の顔画像、SNS、勤務先などにも触れていきます。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

丹羽智史容疑者

出典;日テレニュース

警察の調べによると、丹羽容疑者は先月19日午後1時半ごろからおよそ1時間にわたって、勤務先の保育園の教室内で、昼寝で就寝中の5歳の女児の手をつかんで、自分の下腹部に押し当てるなどした疑いがもたれている。

その後、女児から話を聞いた親族が警察に「保育園の先生から卑猥(ひわい)な行為をされたようだ」と相談したことで、犯行が発覚した。

警察の調べに対して丹羽容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

出典;日テレニュース

女児は1時間にわたって卑猥な行為を強要されたということで、どれだけ怖かったかと思うと胸が痛みます。

5歳にもなると記憶も残りやすくなりますから、まずは心のケアをしっかりとしてあげてほしいですね。

丹羽容疑者の顔画像、SNS

注意

丹羽容疑者の顔画像は、現段階では明らかになっていません。

ただ、facebookを確認したところ、本人の可能性が高いアカウントが見つかりました。

気になる方はこちらの検索結果をご覧ください⇒丹羽智史facebook検索結果

丹羽容疑者のプロフィール

丹羽智史容疑者の現段階で明らかになっている情報です。

■丹羽智史(にわ・さとし)

■27歳

■保育士

■自宅:岐阜県多治見市市之倉町

■勤務先:多治見市の市立保育園

■前勤務先も多治見市内の保育園

■名古屋リゾートアンドスポーツ専門学校卒

■大垣養老高等学校卒

■強制わいせつの容疑

スポンサーリンク

どこの保育園?

現段階では、多治見市の市立保育園としか報道されておらず、facebookなどにも特定の保育園名は記されていませんでした。

多治見市の市立保育園一覧はこちら

なお、多治見市内の公立保育園は合わせて9つあり、問題があった保育園はこのうちのどれかだと思われます。

こちらは、また新たに情報が得られましたら追記いたします。

丹羽智史容疑者

ネットの反応

■こういった人間がいるから、まじめに働いてる男性保育士に偏見の目が向けられる。

■親に話さないと思ってたのか
幼稚園児ナメすぎ

■保育士、介護士、看護士。男性の手があるのは助かる場面も多いようだが、こういう事件を聞くと否定的に思えてしまう。
教師含め、未成年を対象とした職業について、性嗜好適職テストみたいなものは導入できないかな?職に就いた後で目覚める人もいるかもしれないから、定期的に実施も。
気持ち悪い、怖い、は幼心にも一生残る。

■子供にムラムラする保育士がいるなんて。。最近は男性の保育士も増えてきている。一生懸命仕事に取り組んでいる方の妨げになるような行為は許されない。

出典;Yahoo!ニュース

男性保育士を取り巻く厳しい視線

Yahoo!のコメントにもありましたが、こういった事件が起こると真面目に働く男性保育士さんに迷惑がかかりますよね。

実際、男性保育士によるおむつ替えや着替えを不安に思う保護者は多いと聞きます。

▼ある研究機関の調べによると、子どもに対する性犯罪の多くは男性のようです。

the US National Incident-Based Reporting System(NIBRS)のデータによれば、こどもをターゲットにした性犯罪の90%は男性によるもので、3.9%は女性、6%は性別不能です。1998年のCanadian Incidence Study of Reported Child Abuse and Neglectの調査結果によれば、10.7%の犯罪者が女性です。
最近にも、大阪府八尾市の保育園の男性保育士(和田敬之被告)が逮捕・起訴されています。⇒記事
和田被告は、園長・副園長が自分の親だったため、さらに周囲も言い出しづらい環境となっていました。
 
真面目に働く男性保育士の立場を守るためにも、そして保護者の不安を減らすためにも、なんらかの具体的な対策を講じる局面に来ているのかもしれません。
 
 
スポンサーリンク
 

最後に

いかがでしたか?

こういった事件が起こることにより、純粋な気持ちで保育士を目指す男性の選択肢が狭められてしまうのは非常にもったいないことですよね。

自分にも1歳の娘がいますが、もし自分が保育園に預ける立場になったらと想像すると、やはり不安に思う気持ちもわかる気がします。

それでも、保育園・保育士の足りていない現状で、男女問わずに目指してもらうことも必要なのではないかと。

だからこそ、みながクリーンに目指せる、保護者の安心材料にもなる具体的な対策が必要だと思います。

このような事件がなくなることを、切に願ってやみません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする