野畑寿鶴は美人?インスタ特定か?心湊ちゃん車内放置の動機が身勝手すぎる

生後11か月の赤ちゃんを車内に放置し、死亡させたとして野畑寿鶴(のばたすず)容疑者(25)が逮捕されました。

今回は、野畑寿鶴容疑者の顔画像、facebook、犯行動機などについて調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

野畑すず

出典;日テレニュース

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、富山市太田の飲食店店員・野畑寿鶴容疑者(25)。

警察によると、野畑容疑者は、2日午前5時すぎに、自宅アパートに代行運転の車で帰宅した際、長女で生後11か月の心湊ちゃんを駐車場に止めた車の中に置き去りにして死亡させた疑いが持たれている。

出典;日テレニュース

母親が幼い赤ちゃんを車に4時間放置し、死亡させるというあってはならない事件が発生しました。

野畑容疑者は2歳の長男と心湊ちゃんとともに代行運転の車で帰宅

野畑容疑者は、2日の午前9時半ごろに目覚めて、心湊ちゃんが車内でぐったりしているのに気づいて119番通報。

心湊ちゃんは病院に運ばれましたが、死亡が確認され、熱中症の疑いがあるとのことです。

心湊ちゃんを車内に放置したことは認めていますが、

「酒に酔っていてよく覚えていない」

出典;日テレニュース

と供述しているとのことです。

非常に痛ましい事件で、亡くなった赤ちゃんがどれほど辛かったかを考えると胸が痛みます。

まずはじめに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

野畑寿鶴の顔画像、インスタ

▼ニュースで報道された野畑容疑者の顔画像はこちら。

野畑寿鶴

出典;日テレニュース

この見た目から、ネットの意見では美人という意見もみられました。

下にインスタグラムとありますので、野畑容疑者のインスタアカウントがあることが分かります。

こちらでそのアカウントを調べてみましたが、漢字・ローマ字、今のところどれもヒットせず、現時点では特定にはいたっておりません。

またこちらは、新たに分かることがありましたら随時更新いたします。

次にfacebookですが、こちらも今のところそれらしきアカウントは見つかっておりません。

スポンサーリンク

野畑寿鶴のプロフィール

次に、野畑容疑者の現時点で公表されているプロフィールをまとめます。

■野畑寿鶴(のばた・すず)

■25歳

■富山県富山市太田

■飲食店従業員

■夫と2歳の長男、生後11か月の心湊ちゃんと同居していた

■保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕

■容疑を認めているが、酒に酔ってよく覚えていないと供述

野畑容疑者は夫と2歳の長男、そして心湊ちゃんと同居しており、夫は事件当時仕事で不在だったという事です。

野畑心湊ちゃんの情報

次に、亡くなった赤ちゃんに関して現時点でわかっている情報です。

■野畑心湊(のばた・ここみ)ちゃん

■生後11か月

■富山県富山市太田

■母親の野畑寿鶴容疑者、2歳の兄と同居

■熱中症で死亡したとみられている

生後11か月でしたら、まだ何も分からず、泣くことでしか母親の助けを求められない時期でもあります。

そんな時期に夏の車内に放置されたここみちゃんのことを思うと胸が痛みます。

また、これから長い人生と大きな未来が開けているはずだったのにと、本当に悔しく、残念でなりません。

改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

野畑寿鶴の犯行動機

野畑容疑者の犯行動機とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

今のところ容疑者は容疑を認めているものの、

■酒に酔っていてよく覚えていない

と供述しています。

これが事実なら、泥酔のあまり赤ちゃんの存在を忘れて下車してしまった、ということなのかもしれません。

しかし、幼い子供2人がいる状況でそこまで酔ってしまう感覚はかなり理解しがたいものがありますね。

また、幼い子供を連れての外出にも疑問を感じますし、お酒に酔っていたことを言い訳にしてもらいたくないとも思います。

もしも容疑者が当時の状況を覚えていて、意図的に心湊ちゃんを放置していた場合、どんな動機が考えられるでしょうか?

もしこちらで推測するとすれば、

■可愛いと思えず放置

■幼い赤ちゃんの育児がつらくなり

などが考えられますが…。

実際のところはくわしくは分かっておりません。

どのような経緯、動機にせよあってはならないことですし、容疑者には自分の罪に深く向き合って反省してもらいたいと思います。

野畑寿鶴の事件現場

今回の事件現場は、

■富山県富山市太田のアパート駐車場

と報道されています。

▼ニュース画像はこちら。

野畑寿鶴

出典;日テレニュース

野畑寿鶴

出典;日テレニュース

このニュース画像に写っている黒い車が、心湊ちゃんが放置されたとみられる車となっています。

▼マップはこちら。

ニュース画像で外観は分かりますが、今のところ、容疑者の自宅はくわしく特定できておりません。

富山市太田は、住宅も多くある自然に恵まれた地域となっており、幼稚園なども存在しています。

このようにおだやかな空気を感じる場所で、このような事件が起こってしまった事を心から残念に思います。

近隣住民の方々も大変驚かれたことでしょう。

スポンサーリンク

保護責任者遺棄致死の刑罰は

保護責任者遺棄致死罪とは、幼い子供や老人など、要扶助者を移置・置き去りすることを内容とする罪です。

また、状況にもよりますが、たとえば酔いつぶれた人を介抱しなくても罪に問われることもあり、日常にも起こりえるケースは多く存在しています。

保護責任者遺棄致死罪の罰則は、3年以上20年以下の懲役と定められています。

そのほか、殺害の意志があったかなかったかによっても他の罪に問われることもあるとのこと。

こちらに関してはかなりの議論が必要で、一概には判断できないといえそうです。

夏の車内温度はどれくらいか

夏の車内温度は、もし炎天下なら50度近くにも達し、人間にとって非常に厳しい環境になることは言うまでもありません。

これは、黒い車か白い車か、サンシェード装着しているか、窓は開けているかなどによって多少温度に差異はあるものの、40度以上は軽く超えてきます。

容疑者が心湊ちゃんを放置したのは黒い車で、白い車に比べ、ほんの少しですが車内温度上昇率が高かったと考えられます。

また、エアコンの作動なしで窓も開けていない状態、

周囲はアスファルトとなれば、いくら午前中といえどもかなりの気温上昇があったでしょう。

真夏なら、もう9時~10時はかなり暑いことが多く、ましてやそれが生後11か月の赤ちゃんなら、特に身体的負担は大きかったと推測できます。

当時の状況を考えると、心湊ちゃんがどれだけ厳しく、残酷な環境に置かれていたかが容易に想像がつきますね。

本当に痛ましく、あってはならない事件だと思います。

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

最後に

いかがでしたか?

ネットの意見は当然ながら、容疑者に対しての厳しい意見が多く並んでいました。

何の罪もない幼い子供を死に追いやった責任は重く、もう少し母親としての自覚をもってもらいたかったと残念でなりません。

このような事件が少しでもなくなることと、

心湊ちゃんのご冥福を心より願っております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする