【動画あり】授乳しながらランウェイを歩いた米モデルが話題!ネットの声は?

米フロリダ州マイアミで15日に行われた水着のファッションショーで、モデルの1人が授乳しながらランウェイを歩いたことが話題になっています。

Twitterで動画をあげている方もいたので、紹介しますね!

スポンサーリンク

大胆と話題のランウェイ

マラ・マーティン

出典;AFP通信

米誌スポーツ・イラストレイテッドの水着ファッションショーに、金色のビキニで登場したモデルのマラ・マーティンさん。

観客が驚いたのは、彼女がわが子を胸に抱き、授乳しながら現れたことです。

胸に抱かれた生後5か月の女の子は、緑色の水着を着て、大音量の音楽から耳を守るためヘッドホンをつけていました。

 SNS上には「不適切」や「下品」といった批判の声も上がりましたが、マーティンさんは翌日、自らのインスタグラムに、多数の支持に対する感謝の意を示しました。

「朝起きてみたら、私と娘がヘッドラインを飾っているなんて信じられない、私が毎日していることをしただけなのに」

「控えめに言っても、とてもつつましやかな気持ちにさせてくれる非現実的な体験」

「このメッセージを共有できて本当にありがたく思う。どうか授乳が当たり前のことになり、女性たちは何だってできるのだということを皆に示せますように!」

出典;AFP通信

と、マーティンさんは少し興奮気味にインスタグラムにつづっています。

動画はこちら

スポンサーリンク

授乳ランウェイが決まった経緯とは

 17日、NBCの番組「Today」のインタビューに対し、マーティンさんは授乳しながらのランウェイはその場で自然に決まったことだと説明。

「ショーが徐々に押してきていたので娘は少しおなかが空き始めていて、夜の授乳時間でもあった」

出典;AFP通信

それでチームの1人からランウェイでの授乳を提案され、了承したとのことです。

マーチンさんの赤ちゃんのお顔

 

Mara Martinさん(@_maramartin_)がシェアした投稿

 

インスタグラムで公開されていました。

お目目クリックリですねー!

かわいい!

これに対しネットの反応は?

■人前で授乳が必要なケースもあるだろう。でもファッションショーでは不要でしょう。

■観客の中には見たくもない授乳行為を見せつけられて
セクハラに感じる人もいたと思うが、セクハラで訴えたらフルボッコになるのでしょうね。
というかランウェイの順番代えてもらえば済む話ではないですかね。

■授乳する赤ちゃんがいてモデルとして水着になれる体型と自信がすごい。本人が恥ずかしくなければいいんじゃない?母は強し。騒ぐことではないかな

■確かに授乳は普通のことだが、ここでわざわざ見せなくても良いのでは?
何か自由を履き違えているように思えてならない。

■その時は「不適切」とか言われることを誰かがやってくれたお陰で少しずつ変わってきたんだと理解してます。
私にはこんな大胆なことはできそうにありませんが、そっと感謝しながら後ろを歩かせて頂きます。

■母親が赤ちゃんにおっぱいをあげる行為は健全な光景だが
乳首が性的なものだというイメージが浸透してしまっている社会では、
授乳のためといえども人前で乳房を露出するのは、その光景が性的なものか健全なものか判断するのに一瞬の混乱を与えてしまうので周囲にとっては迷惑なものであるという思いと、人目もはばからず授乳するのは発展途上国でよく見られる慣習で非文明的なイメージがあるので先進国であるべきアメリカとしては受け入れがたい。というのが根底にあるんじゃないでしょうかね

出典;Yahoo!ニュース

と、否定的な意見と肯定的な意見に分かれ、さまざまでした。

スポンサーリンク

最後に

自分には、マーティンさんの主張もわからなくはないものの、やはり抵抗感があるのも事実です。

最後のコメントの方が言われているように、女性の乳房の性的なイメージが浸透してしまっているので、授乳が健全なものだとしても、迷惑に思ってしまう人もいるんじゃないでしょうか。

アメリカで巻き起こっている論争に関しても、自分は疑問に思ってしまうんですよね…。

例えば、自分が女性だとして、彼氏と一緒に公共の場でくつろいでいた時、近くにいた女性が人目もはばからず授乳しだしたとしたら…

男性の立場だと目のやり場に困るかもしれませんし、女性の立場だと、自分の彼氏が他の女性の胸を生で見た、見せられたことを不快に感じるかもしれません。

授乳は健全で当たり前のことですし、赤ちゃんにとってなくてはならないエネルギー源です。

社会全体が、がんばって子育てする母親1人1人に対して優しく、寛容であってほしいと思います。

ただ、それをケープもなしに公開する意義に関しては、よく理解できないのが正直なところです。

抵抗感を感じる人も少なからずいるので、こういった大胆な行動が逆効果になる面もあるんじゃないかと心配になってしまいます。

あなたはどう思いますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする