大崎亮容疑者(富士見中学校 教師)顔画像、事故原因!バイク男性死亡で逮捕

埼玉県川越市で、バイク男性を車ではねて死亡させたとして、大崎亮容疑者(25)が逮捕されました。

今回は、大崎亮容疑者の顔画像や事故原因、勤務先中学校などについて調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

埼玉県警川越署は24日、原付きバイクの男性をはねて死なせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、鶴ケ島市立富士見中学校の教員、大崎亮容疑者(25)=川越市寺尾=を現行犯逮捕した。

出典;産経新聞

 逮捕容疑は、24日午後2時半ごろ、川越市通町の県道で乗用車を運転中、原付きバイクの同市仙波町、アルバイトの小谷彰範さん(63)をはねて死亡させたとしている。小谷さんは頭などを打ち搬送先の病院で死亡が確認された。

 同署は過失致死に容疑を切り替え、事故の詳しい原因を調べている。

出典;産経新聞

大崎容疑者は乗用車を運転中、原付バイクで前に停車していた小谷さんに追突し、死亡させたとみられています。

容疑者は警察の調べに対し、

「仕事について考え事をしていて前をよく見ていなかった」

出典;産経新聞

と、バイクに気付くのが遅れたことを話し、容疑を認めています。

車が一瞬で凶器へと変わる、自動車事故の恐ろしさを改めて認識させられる事故内容となっています。

原付バイクに乗っていた小谷さんが亡くなってしまったことは、本当に残念でなりません。

小谷彰範さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

大崎亮の顔画像、facebook

大崎容疑者の顔画像は、現段階では明らかにされておりません。

またこちらは、新たに報道されることがありましたら更新いたします。

次にfacebookですが、同姓同名のアカウントはあるものの、今のところ本人の特定には至っておりません。

検索結果のみのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒大崎亮facebook検索結果

大崎亮のプロフィール

現段階で判明している大崎亮容疑者のプロフィールです。

■大崎亮(おおさき・りょう)

■25歳

■埼玉県川越市寺尾

■中学校教師

■鶴ケ島市立富士見中学校勤務

■自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで逮捕

■容疑を過失致死に切り替えて捜査中

■家族構成などは明らかになっていませんが、年齢が若めなことから、結婚などはしていないのではないかとも考えられます。

スポンサーリンク

小谷彰範さんの情報

次に、亡くなられた小谷彰範さんの公表されている情報です。

■小谷彰範(こたに・あきのり)さん

■63歳

■埼玉県川越市仙波町

■アルバイト

■原付バイクで停止していたところ、後ろから大崎容疑者の車に追突される。

頭などをうち、搬送先の病院で1時間後に死亡が確認される。

事故現場はこちら

事故現場は、川越市通町の県道と報道されています。

▼ニュース画像はこちら。

大崎亮 富士見中学校

出典;テレ玉

富士見中学校大崎

出典;テレ玉

画像の特徴などから、事故現場はこちらと考えられます。

ストリートビューとマップはこちら。

マップは、事故現場に近いビルの名前で出させていただいています。

見たところ、道幅は広くはないものの見通しはよく、

もし考えごとさえしていなければ、事故は発生しなかったといえそうです。

ちなみに、現場から7分の場所に「富士見中学校」という学校がありますが、こちらは容疑者勤務の中学校ではありません。

大崎容疑者が勤務していた中学校は、川越市でなく、鶴ヶ島市に位置しています。

鶴ヶ島市立富士見中学校とは

大崎容疑者が勤務していた鶴ヶ島市立富士見中学校とは、どんな場所なんでしょうか?

▼ストリートビューとマップはこちら。

鶴ヶ島市立富士見中学校は、埼玉県鶴ヶ島市富士見二丁目に位置している公立中学校です。

今回の事故を受けて、学校関係者や生徒、保護者の方々は大変驚かれていることでしょう。

ネットの反応

車とかバイク買いたいとか思うけれど、自分が加害者になるリスクも充分あると忘れてはいけない。考え事してたじゃ済まされないこともあるんだな。

そう言う事があるね。
運転している時は集中しなきゃいけないが
事故って相手を死なせては一生悔やむだろう。
車は走る殺人車になるからね。

事故は怖いね…被害者も加害者も不幸になってしまう。

一瞬で命を奪うものだと痛感する
なのに煽って幅寄せ停止 殴る奴が減らない
毎日無事に終えるよう油断しないで運転してます

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

Yahoo!コメントにもありましたが、自動車事故は、それまで普通に生活していた双方が一瞬で加害者と被害者になり、不幸になってしまうものです。

その恐ろしさを痛感させられますし、同じような事故が少しでもなくなることを願ってやみません。

特に今は年末ですし、なにかとせわしい時期で、そういった精神面が運転にも出やすい可能性があります。

明日なにが起こるかわからない人生ですから、ドライバーひとりひとりが自覚と緊張感をもつことが大切ですね。

最後になりましたが、改めて、亡くなられた小谷さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

シェアする

フォローする