大崎智祐容疑者の顔画像 犯行動機!路上で少女押し倒しわいせつ゠愛知県知立市

路上で少女を殴ってケガをさせたうえ、わいせつ行為をした疑いで大崎智祐容疑者(43)が逮捕されました。

今回は、大崎智祐容疑者の顔画像や犯行動機、事件現場などを調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

大崎智祐

出典;東海テレビ

逮捕された派遣社員の大崎智祐容疑者(43)は、30日未明、愛知県知立市内の路上で18歳の少女を押し倒し、頭などを殴ってケガをさせた上、体を触るなどした強制わいせつ致傷の疑いが持たれています。

 少女は頭や首などに軽いケガをしました。

 警察によりますと大崎容疑者は30日夜、会社の上司に付き添われ警察に自首し逮捕されました。

出典;東海テレビ

少女に暴力を振るったうえわいせつ行為に及ぶなど、あってはならない事件ですね。

時間帯は30日未明と遅い時間帯ですが、大崎容疑者はお酒を飲んでいたのでしょうか?

突然そのような目に遭った女の子は本当に怖い思いをされたと思いますし、命の危険さえ感じたかもしれません。

こういった事件で被害者が負う恐怖は簡単に消え去るものではなく、今後もずっと続いていくものです。

また、殴られたことによるお怪我の状態も心配ですね。

大崎容疑者の罪はそれだけ重いといえますし、十分に反省し自分の行為に向き合ってもらいたいと思います。

大崎智祐の顔画像、facebookは?

大崎容疑者の顔画像は、現段階では公表されておりません

こちらはニュースで報道されましたら、随時更新させていただきます。

また、facebookも調べてみましたが、現段階では本人の特定には至っておりません

検索結果を載せておきますので、気になる方はこちらへ⇒大崎智祐facebook検索結果

大崎智祐のプロフィール

現在判明している大崎容疑者のプロフィールになります。

■大崎智祐(おおさき・ともひろ)

■43歳

■愛知県知立市

■派遣社員

■強制わいせつ致傷の疑いで逮捕

■自首し、容疑を認めている

■家族構成などは明らかになっておりませんが、年齢から考えて妻や子供がいる可能性も十分考えられるでしょう。

また新たに情報が得られましたら追記いたします。

スポンサーリンク

大崎智祐の事件現場

今回の事件現場は、愛知県知立市内の路上とのみ報道されており、詳しい場所は公表されておりません。

▼愛知県知立市のマップはこちら。

こちらも詳しい場所が判明しましたら追記させていただきます。

大崎智祐の犯行動機

大崎智祐容疑者は警察の調べに対し

「性欲を満たすためだった」

出典;東海テレビ

と供述し、容疑を認めています。

たとえどんなに欲求が溜まっていたとしても、見知らぬ女性を傷つけていい理由にはなりませんね。

また、もし大崎容疑者が飲酒していたとしたら、お酒の勢いも相まった可能性も考えられます。

警察は余罪の可能性を含め現在調べを進めており、捜査のゆくえも気になるところですね。

大崎容疑者には引き続き、捜査に真摯に向き合ってもらいたいと思います。

自首時は上司に付き添われて…

自首時は上司に付き添われてという報道でしたが、なぜ上司が付き添っていたのかも少し気になりますね。

こちらで推測できるとすれば、

■後で冷静になってから親しい上司に相談し、自首をすすめられた

■一緒に飲酒するなどした後で、上司も現場に居合わせていた

■上司が偶然現場を目撃しており、自首を促した

などですが、実際はどうでしょうか?

上司が付き添うという話はあまり見かけないもので、少し気になってしまいました。

犯行を知り自首を勧めるのは当然のことかもしれませんが、結果、早期の逮捕につながり良かったと思います。

ネットの反応

再犯が多い性犯罪はGPSを埋め込んだ上で治療を検討してほしい

最近多すぎないか?
理性はどこに?

刑罰を初め犯罪者に対するあらゆる対応が甘いから、被害に遭われツラい思いをする方が後を絶たない。
被害に遭ったことで心を病み、自殺してしまう方もいる。
犯罪者は刑期を終えれば日常生活に戻る。
執行猶予がついて服役すらしない者もいる。
協力雇用主等の支援を得られ、仕事に就くことも出来る。
あまりにも被害者が気の毒だ。
日本は被害者に冷たく加害者に甘い国。
犯罪者の更正も大事だが、被害者のケアにもっと力を注ぐべき。

顔写真も手配願います

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

Yahoo!コメントには、性犯罪者に対する厳しい意見がいくつも見られました。

被害者が心身に負う傷に対し日本の司法が甘すぎるという点には同意しますし、

もっと厳しくして、抑止力の役目を果たしてもらいたいものです。

このような事件が少しでもなくなることを願うとともに、今回被害に遭われた女性に心よりお見舞い申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする