横浜寿町火事の原因は?扇荘別館(簡易宿泊所)と死亡した方の身元情報!ドヤ街とは?

4日午前6時ごろ、横浜市中区寿町の簡易宿泊所で火事があり、2人が遺体で見つかりました。

施設の情報や火事の原因、死亡した方の身元は?

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

寿町 火事

出典;カナロコ

4日午前6時15分ごろ、横浜市中区寿町4丁目の簡易宿泊所「扇荘別館」の一室から出火、10階建て5階の4室や共有の廊下やトイレを焼いた。県警や市消防局によると、焼け跡から2人の遺体が発見され、搬送先の病院でも1人の死亡が確認された。また12人が重軽傷を負った。

 市消防局によると、火は午前7時15分ごろに鎮火した。出火当時、140人ほどが宿泊していたという。

出典;カナロコ

10階建ての建物の5階部分から出火し、4室や共有の廊下やトイレを焼いた今回の火事。

12人が負傷し2人が亡くなっていることから、被害の大きさも伝わってきます。

 火災発生後、周辺には救急車両が立ち並ぶなど現場は一時騒然となったとのこと。

出典;産経新聞

亡くなられた方に心よりお悔やみ申し上げます。

また、負傷された方の回復が少しでも早く進みますよう願っております。

扇荘別館とは?

扇荘別館とは、横浜市中区寿町4丁目に位置する簡易宿泊所です。

▼ストリートビューとマップはこちら。

マップをご覧いただけると分かるのですが、周辺には同じような簡易宿泊施設が多数存在しています。

というのも寿町は、日本でも有数のドヤ街(がい)で、

ドヤ街とは、日雇い労働者が多く住む街のことだそうです。

ドヤは宿(やど)を反対に読んだもので、旅館業法に基づく簡易宿泊所が多く立ち並んでいることに由来します。

他のドヤ街は、東京の山谷、大阪のあいりん地区が有名。

実際にこちらに宿泊された方の、建物内部がわかるブログがありましたので、画像を拝借いたします。

寿町火事

出典;NPO法人さなぎ達ブログ

寿町火事

出典;NPO法人さなぎ達ブログ

この扇荘別館はバリアフリー型の介護型施設で、高齢者が宿泊することが多いとのこと。

地域内でも比較的大きな簡易宿泊施設で、入所者は頻繁に入れ替わっていたようです。

火事の原因は?

追記)亡くなった男性のうちのおひとりが、部屋でタバコを吸っていたのが目撃されており、

たばこの火の不始末が原因になった可能性があるとのこと。

火事の原因は、今のところ警察が調査している段階で詳しく報道されておりません。

もしこちらで推測できるとすれば、

■ストーブに衣類などが触れたことによる出火

■タバコの火の消しそびれ

■コンロなど、料理の関係で出火

などが考えられますが、実際のところはどうでしょうか?

放火などの事件性もあるかもしれません。

冬は特に火事が多い季節ですし、こういった原因の出火にはくれぐれも気を付けたいですね。

スポンサーリンク

死亡した方の身元は

亡くなった方の身元は、まだ判明しておりません。

ただ、同宿泊施設には高齢者が泊まることが多かったようなので、その年代の方の可能性が高いように思います。

高齢の方だと、足腰が不自由な方もいらっしゃったかもしれませんし、逃げるのが大変だったと考えられます。

それで逃げ遅れた方が、亡くなってしまったのかもしれませんね。

こちらは、また報道され次第随時更新いたします。

ドアを開けると黒い煙が…

報道によると、

宿泊者の72歳男性は午前5時半ごろ「火災が発生しました」との館内放送で目を覚ましたそうです。

男性がドアを開けると廊下は煙が充満していたため、慌ててドアを閉め、しばらくすると煙が部屋に入ってきたとのこと。

男性は足が不自由で脱出が難しかったため、消防隊員におぶわれて非常階段へ。

4階には倒れて動けない人がいて、まったく動かない状態だったという事です…。

外からも黒い煙がもくもくわき出る状態だったようで、火事の恐ろしい様子が生々しく伝わってきます。

ネットの反応

 

 

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

またこちらの火事の原因や遺体の身元などの情報が入りましたら随時更新いたします。

最後になりましたが、改めて亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする