石崎太容疑者と19歳男、強盗殺人で逮捕…顔画像は?ネット「少年法マジいらない」

栃木県で80代男性が自宅で殺害され、現金などを奪われた事件で、同じ栃木市の男2人が逮捕されました。

容疑者の1人は、19歳の未成年です。

この事件にネットは…?

まずは報道の内容を見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

栃木県栃木市柏倉町の民家で、住人の無職大阿久徳次さん(82)が殺害された事件で、県警は29日、強盗殺人と強盗致傷の疑いで自称とび職石崎太容疑者(34)=同市平柳町=と無職の少年(19)=宇都宮市=を逮捕した。

いずれも容疑を否認しているという。

逮捕容疑は26日午前2時ごろ、大阿久さんの頭部や上半身などに暴行を加えて多発外傷により殺害したほか、同居の長男(59)にも顔面打撲や左腕の切り傷などを負わせ、長男が所有する現金約30万3000円や預金通帳3通などを奪った疑い。 

出典;JIJI.COM

亡くなった大阿久徳次さんと長男の正一さん(59)は、2人暮らしでした。

午前2時ごろ、大阿久さんの声で目が覚めた正一さんが部屋に行くと、男に顔を殴られ、腰を蹴られるなどの暴行を受けたそうです。

気を失った正一さんが目を覚ました時には、犯人はもういなかったとのこと。

事件現場は?

事件現場は、栃木県栃木市柏倉町の大阿久さんの自宅です。

こちらが、ニュースで報道された大阿久さんの自宅になります。

事件現場

出典;FNN

詳しい場所は不明ですが、柏倉町の写真がありますので載せておきます。

ストリートビューで見る限り、山間の自然に囲まれた場所ということがわかりますね。

自分も同じ雰囲気の場所に住んでいるので、何となく想像するのですが…

田舎は都会に比べ、地域の結びつきは強い面がありますが、防犯意識はうすい傾向にあります。

今回の事件も、その隙をねらっての卑劣な犯行だったのかもしれません。

容疑者たちの情報は?

石崎太容疑者の顔画像などは、現段階では明らかになっていません。

また、facebookでもそれらしきアカウントは見つかりませんでした。

気になるかたはこちらをご確認ください。⇒石崎太facebook検索結果

石崎容疑者と19歳の容疑者の情報をまとめてみました。

石崎太容疑者のプロフィール

■石崎太

■34歳

■自称とび職

■栃木市平柳町2丁目

■強盗殺人と強盗致傷の疑い

19歳の男のプロフィール

■名前は不明

■19歳

■無職

■栃木県宇都宮市

■強盗殺人と強盗致傷の疑い

スポンサーリンク

容疑を否認する2人

警察は、現場付近で石崎容疑者の車が通行した記録があったことから周辺を捜査し、逮捕につなげたということです。

ただ、容疑者は2人とも容疑を否認しており、

「身に覚えがありません」

出典;TBS

と話しているようです。

警察のさらなる真相究明を待ちたいと思います。

殺害された大阿久さん

殺害された大阿久徳次さんの顔画像が明らかになりました。

大阿久さん

出典;FNN

近頃、お年寄りを狙っての凶悪事件が発生しており、憤りを感じます。

年配の方の命を何と思っているんでしょうか?

ネットの反応は?

■少年法マジでいらない。
未成年の凶悪犯罪多過ぎる。

■そういえば福島のほうでも高齢者の殺人事件があったけど、関連はあるのかな?

■民事上じゃ、19歳って大人じゃなかったっけ?

■長男が遅れて通報してたから少し怪しまれていたけど、早期解決良かった。栃木県警おつでした

■一刻も早く、18歳で完全に成人にしてください。
投票だけ大人扱いして、犯罪や飲酒喫煙を20歳という
ダブルスタンダードな扱いはやめてください。
19歳なら善悪はわかってるはずです。

出典;Yahoo!ニュース

と、主に未成年の犯罪に対する怒りの声が聞かれました。

少年法適用年齢の議論は、現在どのようになっているんでしょうか。

少年法年齢引き下げへ議論は進むか

はて

成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げ、女性が結婚できる年齢を「16歳以上」から男性と同じ「18歳以上」に引き上げる改正民法が今年6月に成立しました。

少年法適用年齢(現行20歳未満)の引き下げに関しても、「検討を加え、必要な法制上の措置を講ずる」予定となっており、法制審は、今秋ごろから本格審議に入る予定とのこと

ただ、この引き下げに対しては、関係者の賛否はかなり分かれているようです。

引き下げの理由の1つとしては、

「選挙権年齢が18歳になるのであれば、すべての法律において、成人年齢を18歳に統一することが、国の法体系として分かりやすいのではないか」

というものです。

日本弁護士連合会などは、未成年の犯罪の減少などを理由にあげ、この引き下げに断固反対しています。

少年法は、2000年の改正以来、何度か改正されてはいますが、「加害者の保護・更生のみを考えた法律」という本質に変わりはない、といわれています。

未成年の凶悪犯罪による遺族の心情も踏まえながら、議論を進めていってもらいたいですね。

福島での高齢者殺害事件

福島で最近起こった高齢者の事件とは、今月24日、福島県いわき市の住宅で80代女性の他殺体が見つかった事件です。

目元に粘着テープが巻かれ、顔などを何度も殴られた形で遺体が発見されました。

この事件の犯人はまだ見つかっていないようで、地域住民もすごく不安なことでしょう。

今回の事件との関連性は不明ですが、一刻も早く犯人が見つかることを願っています。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回の事件は、最初、長男の正一さんが疑いの目を向けられていたようですが、真犯人逮捕で疑いが晴れてよかったと思います。

金銭目的で親子を襲った容疑者らを、厳罰に処していただきたいですね。

今回亡くなられた大阿久さんのご冥福を、心よりお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする