ルミナリエ水まき撮影が迷惑すぎ!Twitterの反応まとめ!インスタ蝿って?

兵庫県神戸市で16日まで開催予定の「神戸ルミナリエ」。

この光の祭典は、阪神大震災犠牲者への追悼の意味合いがこめられています。

そんなルミナリエに、「インスタ映え目的の水まき行為」をする人々が…?

一体、どういうことなんでしょうか?

スポンサーリンク

報道の内容

ルミナリエ 水

出典;産経新聞

阪神大震災の犠牲者を追悼し記憶を伝えるため、神戸市中央区で16日まで開催している光の祭典「神戸ルミナリエ」の会場で、来場者が地面に水をまき散らす迷惑行為をしていたことが12日、分かった。十数人が電飾が水面に反射する様子をカメラで撮影していたという。主催する神戸ルミナリエ組織委員会は「犠牲者を鎮魂するのが祭典の趣旨。節度を持ってほしい」と呼びかけている。

出典;産経新聞

上の写真を見ますと、かなりの人数が水たまりに群がっているのが分かりますね。

スマホなどではなく、本格的なカメラを用意している人物も複数みえます。

迷惑行為があったのは、ルミナリエ開幕を控えて試験点灯がおこなわれた3日夜。

会場である東遊園地の地面に、一部来場者がペットボトルで水をまき散らし、大きめの水たまりをつくり、一斉に写真撮影したとのことです。

もともとある自然のものに映り込む景色を撮るならまだしも、故意に水を撒いてとは…、ちょっと考えられませんね。

カメラやペットボトルの水を用意しているあたり、計画してやってきたのでしょう。

そこまでしてインスタ映えを…、とも思いますし、

ただルミナリエを楽しみたい人たちや、阪神大震災犠牲者に祈りを捧げる人々に水を差す行為ともいえそうです。

Twitter反応まとめ

Twitterでも困惑の声や、憤りのコメントなどが多数みられました。

こちらにまとめていきます。

 

 

 

 

と、多くのツイートが確認できました。

中には、写真家か写真を趣味としている人の発言もあり、「恥ずかしい」とも…。

周囲に迷惑をかけ、恥ずかしい思いまでさせてしまう行為は、慎んでもらいたいですね。

スポンサーリンク

インスタ蝿って?

そういえば、今件に関連するTwitterを見ていたら、「インスタ蝿」という言葉やハッシュタグを見つけました。

自分は初めて目にするものなんですが、どういう意味なんでしょうか?

ネット上の説明によると、

インスタグラム人気が過熱する一方、少しでも映える写真を撮ろうと迷惑行為に及ぶ人間を揶揄するために生まれた言葉なんだとか。

映えと蝿をかけてるわけですね…

うーん、うまい。

きらびやかなインスタとぶんぶん飛び回る蝿のイメージは真逆ですし、

これは写真撮影に夢中になり過ぎる人たちもドキッとするかもしれませんね。

……ドキッとできる人は、元からそんなことしませんかね?

▼「インスタ蝿」に関連するツイートを少し

 

 

と、ちょっと見ただけでも様々な迷惑行為があるんですね。

写真を楽しく撮るのはいいことですが、最低限のモラルは大事にするべきですよね。

日本には昔から「恥」の文化というものがあり、身勝手な行為で人様に迷惑をかけてはいけないという教えがありました。

その漢字1文字を少しでも意識する気持ちがあれば、このような迷惑行動はとらないんじゃないでしょうか?

自分も過度にインスタ映えを求める風潮にはかなり疑問をもっているほうなので、このように声をあげる人たちには賛成です。

神戸ルミナリエとは?

ルミナリエ

出典;Frantz Voice

神戸ルミナリエは、神戸市の旧居留地内の仲町通、および東遊園地において、1995年から毎年12月に開催されている光の祭典です。

■阪神淡路大震災の鎮魂や追悼

■街の復興を祈って阪神大震災で激減した神戸への観光客を呼び戻す

などを目的として始められました。

開催中は、「ガレリア」と呼ばれるアーチ形の電飾が神戸の夜を彩ります。

ルミナリエ

出典;pixpot

幻想的な幾何学模様のイルミネーションが長く続いており、吸い込まれそうな美しさですよね。

イルミネーションには2015年からLED電球が使用されており、

発色の良い電球を取り入れることで光にむくもりを持たせるという追及がなされているようです。

ルミナリエには毎年テーマが設定されており、最近のものですと

2015 心の中の神戸 

2016 光の叙情詩 

2017 未来への眼差し 

2018 共に創ろう、新しい幸せの光を

など、やはり阪神大震災からの復興や祈り、神戸への思いが感じられるテーマとなっています。

このようなテーマに思いをはせながら、節度を守りつつ、光の回廊をめぐりたいものですね。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

ルミナリエの件に限らず、写真撮影に夢中になって周囲が見えなくなる人は少しでも反省して、迷惑行為を慎んでもらいたいですね。

マナー違反のない社会を目指して、恥ずかしい行動をとらないように、ひとりひとりが心掛けていきましょう。

シェアする

フォローする