佐藤俊彦の顔画像facebook!名古屋市北区西味鋺殺人事件の動機が酷い

名古屋市北区で男性2人を刺して殺害した疑いで、佐藤俊彦(さとうとしひこ)容疑者(38)が逮捕されました。

今回は、佐藤俊彦容疑者の顔画像やfacebook、犯行動機、事件現場などについて調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

この事件は24日午後10時半頃、北区西味鋺の路上で近くに住む会社員の赤松英司さんと同僚の小笠原智之さんが刃物で刺されて死亡したもので、警察は、小笠原さんを殺害した疑いで近くに住む無職の佐藤俊彦容疑者(38)を緊急逮捕しました。

 調べに対し佐藤容疑者は黙秘しているということですが、数人が大声でもめていたとの情報もあり、警察が詳しい経緯を調べています。

出典;CBC

路上で男性2人が刺され、亡くなってしまうという痛ましい事件が発生しました。

一時は意識不明の重体と報じられ何とか回復されることを願っていましたが、亡くなられ、非常に残念でなりません。

容疑者は現在黙秘を続けているようですが、一体なにが目的でこのような犯行に及んだのか、非常に気になりますし、憤りを感じます。

まずはじめに、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

佐藤俊彦の顔画像、facebook

(追記)佐藤容疑者の送検時の姿が、ニュースで報道されました。

佐藤俊彦

出典;共同通信

次にfacebookですが、検索しますと同姓同名のアカウントは複数出てくるものの、今のところ特定は難しくなっております。

無関係の方の可能性もありますので、ご了承ください。

検索結果のみのせておきますので気になる方はこちらへ⇒佐藤俊彦facebook検索結果

スポンサーリンク

佐藤俊彦のプロフィール

佐藤容疑者の現在公表されているプロフィールをまとめます。

■佐藤俊彦(さとう・としひこ)

■38歳

■名古屋市北区

■無職

■殺人容疑で緊急逮捕

■黙秘を続けている

家族構成などは明らかになっていませんが、独身で妻や子どもがいない可能性は十分に考えられるのではないでしょうか?

佐藤俊彦の人柄とは(追記)

近隣住民の方は、佐藤容疑者の普段の人柄について次のように語っています。

佐藤俊彦

出典;中京テレビ

近所の方の証言によると容疑者は人づきあいが悪く、あまり挨拶もしない人物だったようですね。

またほかの証言では、

「何かにつけて自分の機嫌が悪いとワーっとなる感じかな。『うるせー』みたいな感じかな。(感情の)起伏がある」

出典;東海テレビ

「いつか絶対何かを起こすような感じの男の人でした」

出典;東海テレビ

と感情の起伏が激しく、付き合いづらい雰囲気の人物だったことが伝わってきます。

スポンサーリンク

亡くなられた方の情報

この事件で2人が死亡して亡くなっており、お名前などの情報も公表されています。

出典;TBS

赤松英司さん

■(あかまつ・えいじ)さん

■41歳

■名古屋市北区西味鋺1丁目(事件現場の近く)

■ビルメンテナンス会社の会社員

■仕事の傍ら、地元の中学生の野球チームで子どもたちの指導をしていた

■病院に搬送されるも、出血性ショックで亡くなる

小笠原智之さん

■(おがさわら・ともゆき)さん

■44歳

■愛知県大府市

■ビルメンテナンス会社会社員

■病院に搬送されるも、出血性ショックで亡くなる

おふたりは会社の同僚で、事件前に一緒にお酒を飲んだ帰りだったということです。

同じ会社の同僚の方は、赤松さんと小笠原さんのまじめな仕事ぶりや、信頼のもてるお人柄を語っています。

佐藤俊彦

出典;中京テレビ

なぜお二人が亡くならなければならなかったのか、本当に悔しい思いがしますし、胸が痛みます。

ご家族もいらしたと思いますし、その無念は計り知れません。

おふたりのご遺族に心よりお悔やみ申し上げるとともに、ご冥福をお祈りしております。

佐藤俊彦の犯行動機

逮捕された佐藤容疑者の容疑が事実の場合、なぜ今回のような犯行に及んだのでしょうか?

こちらは、容疑者と被害者の方々が顔見知りであったのかどうかについても変わってくるように思います。

(追記)新たな報道によりますと、

被害者の赤松さんと佐藤容疑者は住まいが近く、以前から面識があったことが判明しました。

赤松さんと小笠原さんは、事件直前佐藤容疑者の自宅を訪れ

佐藤容疑者は家から出てきたということです。

その後、60メートル離れた路上でなんらかの口論になり、事件が発生したとみられています。

追記)佐藤容疑者は警察の取り調べに対し、

「猫のことで因縁をつけられ、2人と口論になった」

出典;朝日新聞

と供述。

報道によりますと、佐藤容疑者の自宅周辺は日頃から多くの猫が集まることがあり、

赤松さんたちに猫の世話について注意されたことで激高した可能性があるとのことです。

ただ、事件直前に赤松さんと小笠原さんが容疑者の自宅防犯カメラに向かって大声をあげている姿も確認されており、まだ分かっていないことも多くありそうですね。

たとえトラブルがあったとしても、家から刃物を持ち出すなど常軌を逸した行動といえますし、

突発的な犯行ではなく、明らかに殺意があったことがわかります。

どんな経緯があっても決して許されない卑劣な犯行ですし、容疑者の罪は極めて重いといえます。

被害者の方々が両名とも亡くなられたことで容疑者側からしか話が聞けないのは本当に残念でなりませんが…

容疑が事実であれば、真相を語ってしっかりと認め、自分のおこないに深く向き合ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク

佐藤俊彦の事件現場

今回の事件現場は、

名古屋市北区西味鋺(にしあじま)1丁目の路上

となっております。

▼ニュース画像はこちら。

名古屋市北区事件殺人

出典;TBS

画像が暗く少しわかりにくいですが、住宅やマンションに囲まれた場所だったということがうかがえます。

▼事件現場のストリートビューやマップはこちら。

現場は道路沿いに面した住宅が立ち並ぶ地域で、付近には『名古屋ウエノ』という会社が位置していることがわかります。

また、事件現場は被害者の赤松さんと佐藤容疑者の住居近くだったことも判明しています。

佐藤俊彦

出典;中京テレビ

こちらのニュース画像でみますと、本当にお互いの住宅近くで事件が発生したことがわかりますね。

近隣住民や目撃者の証言

名古屋市北区殺人事件

出典;TBS

名古屋市北区殺人事件

出典;TBS

名古屋市北区殺人事件

出典;TBS

近隣住民とみられる目撃者の女性は、

家の中にいたら外でけんかのような声が聞こえたと証言しています。

名古屋市北区殺人事件

出典;FNN

名古屋市北区殺人事件

出典;FNN

また、ほかの目撃者の女性は

焦る様子なく現場から立ち去った男の様子を証言しています。

証言からわかることは、

・加害者と被害者の間で言い争いのようなものがあった

・おふたりの倒れている様子、刺された場所

・容疑者は走ったりして逃げたわけではなかった

ということです。

言い争うようなけんかの声を近隣住民が聞いていますが、それが容疑者に絡まれたことによるものだったのか、

刃物を見せられてお二人が抵抗してのものだったのかは今のところ定かではありません。

また、容疑者は被害者の腹部や胸を執拗に刺していたということで、強い殺意のようなものもうかがえます。

スポンサーリンク

ネットの反応

 

最後に

いかがでしたか?

Twitterでの反応は様々でしたが、このような事件が最近頻繁に起こっていることに対する驚きや恐怖の声もみられました。

容疑者黙秘のため、まだ明らかになっていないことが非常に多い今回の事件。

もし容疑が事実ならば、しっかりと認めて真相を語ってもらいたいと思います。

このような事件が少しでも無くなっていくことを心より願っております。

スポンサーリンク