里方一郎容疑者の顔画像!なぜ無資格医療行為指示?鳥屋野の里とは

医療資格を持っていない職員に点滴の針を抜くなどの医療行為をさせた疑いで里方一郎容疑者(63)が逮捕されました。

里方容疑者は医師でもあり、事件が起こった「鳥屋野の里」の施設長でもあるということです。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

里方一郎

出典;日テレニュース

医師法違反の疑いで逮捕されたのは、新潟市西区の医師・里方一郎容疑者(63)。里方容疑者は、自らが施設長を務める住宅型有料老人ホーム鳥屋野の里」で2017年10月、医師や看護師の免許がない女性職員と共謀し、この職員に70歳代の入所者から点滴の針を抜く医療行為をさせた疑いが持たれている。

また、別の女性職員に、必要な講習を受けていないのに入所者のたんを吸引させたり、チューブで栄養剤を注入させたりした疑いも持たれている。

出典;日テレニュース

警察の調べに対し里方容疑者は

「指示してやらせた記憶はある」

出典;日テレニュース

と供述しているということです。

医師にとってみれば、注射針を抜くなどの作業は初歩的なものに思えるのかもしれませんが、患者側からすれば、医療資格のない人には触れてほしくない領域ですよね。

慢性的な人手不足だったのではないかと思われますが、「鳥屋野の里」の内部事情としてはどのようなものがあったのでしょうか?

なぜこのような行為がおこなわれてしまったのか、気になりますね。

里方容疑者の顔画像、SNSは?

ニュースで報道された、里方容疑者の顔画像はこちらになります。

里方一郎容疑者

出典;日テレニュース

里方一郎容疑者

出典;日テレニュース

また、念のためSNSのアカウントがないか確認してみましたが、それらしき名前のアカウントは存在していませんでした。

里方容疑者のプロフィール

現段階で明らかになっている里方容疑者のプロフィールです。

■里方一郎(さとかた・いちろう)

■63歳

■新潟県新潟市西区

■老人ホーム「鳥屋野の里」施設長

■すこやか医院の副院長も務める(後述)

小児科全般、特に心臓病、小児喘息およびアレルギー疾患(アトピ ー皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなど)を専門分野としている

■医師法違反の疑いで逮捕

すこやか医院のHPを確認しますと、院長は「里方美智子」さんとなっており、おそらく一郎容疑者の奥さんではないかと思われます。

副院長でもある夫の違反行為を奥さんは知っていたのか。

また、今回の逮捕をどう受け止めているのか、気になるところですね。

里方容疑者の学歴と職歴

里方容疑者の学歴と職歴が「すこやか医院」のHPに掲載されていましたので、のせておきます。

学歴

■新潟県上越市出身
■新潟県立高田高校卒業
■国立大阪大学大学院医学研究科博士課程修了⇒
医学博士(大阪大学)

職歴

■国立循環器病センター小児科および集中治療室レジデント
■新潟大学医学部附属病院小児科助手(昭和59年~昭和62年)
■米国ハーバード大学医学校附属病院(Brigham and Women’s Hospital)内科部門研究員
(平成3年~平成6年)
■新潟大学医学部附属病院小児科講師(平成6年~平成13年)
■新潟大学大学院医歯学総合研究科教授(平成13年~平成21年)
■厚生連豊栄病院小児科非常勤医師(平成7年~平成21年)など

となっています。

こう見ると、ハーバード大学勤務も経験していますし、圧倒されるほどの職歴を持った人物に感じられますね。

長い職歴の中で膨大な量の医療行為をこなし、地域に貢献してきた方だと思うのですが、このような違反行為があったことは残念としか言いようがありません。

患者や老人ホームを利用する方々の信頼を裏切る結果となってしまいましたね。

スポンサーリンク

鳥屋野の里とは?

鳥屋野の里

出典;日テレニュース

鳥屋野(とやの)の里とは、新潟市北区彩野に位置する住宅型老人ホーム施設です。

姉妹施設として医療法人愛敬会の「すこやかの里」があり、こちらは愛敬会理事長の里方美智子さんが代表を務めているようですね。

ストリートビューとマップはこちら。

無資格医療指示はなぜ発生?

今回のような無資格医療行為はなぜ起こってしまったのでしょうか?

鳥屋野の里は人手不足だったのか確認するため採用情報のページを見てみましたが、2014年当時の古い情報となっており、あまり参考になりませんでした。

自分は以前歯医者で働いていたのですが、時々、そういった無資格医療行為をおこなう歯医者があると耳にしていました。

(歯医者の名前までは知りませんが)

自分の勤務先は、そういったことは全くなく、それぞれの役割分担や線引きがされていたので、聞いてびっくりした記憶がありますね。

なので、実際こうやって問題が表面化しているのは、ほんの一部といえるのではないかと思います。

やはり、患者や老人ホーム利用客、ご家族の方々は信頼してその施設へ通っているのですから、どんな理由があろうとも許されない行為といえるでしょう。

ネットの反応

本来は医療を必要とする人のための施設じゃないのにやらざるを得ない状況を変えて欲しいものですね。

針刺し事故は、病院でもある…
職員の身体のことを考えていないから、介護職員にそれをやらせる!そういうのは全てに通じているはず。
痰の吸入も、下手な経験浅い看護師でも、苦しめる…。ましてや講習受けていない介護職員。双方がイヤだったことでしょう…
摘便くらいは、介護職員がやれと言う看護師もいる…血管や粘膜まで もろくなった人や大動脈瘤でもあれば大出血…など絶対ないとは言えない。介護がやったとなれば、昔から違反してやっているとかばってくれるはずなく。
今後の就職にも影響が出る…しっかり断らねば。

これは正直なところ、氷山の一角だよね。
探せばきりがないけど、他の施設でもやらせてるところ有るはずだよ。

女性職員と共謀して点滴の針を抜くとか、別の女性職員はたんを吸引させたり、チューブで栄養剤を注入させたりとか、この施設では、ルーチンワークとして日常的にしているのかと疑ってしまう。
過去に事故はなかったのだろうか?あっても隠蔽されてそう。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

外から眺めるだけではわからない、単純な人手不足だけではない、複雑な事情があるのかもしれませんね。

そういった事情は明るみに出してもらうことにより、他病院にとっても患者側にしてみても、非常に参考になるのではないでしょうか。

Yahoo!コメントにも「氷山の一角」との声がありましたが、

こうして逮捕されるケースを見て、違反行為をおこなう病院が減っていくことを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする