【木縫の里】つり橋崩落で4人転落、重傷…どんなつり橋?事故の原因発覚!

16日午後、兵庫県にあるレクリエーションセンター「木縫の里(きぬのさと)」で、つり橋が崩落する事故が起きました。

この事故で、子供を含む利用者4人が3メートル下の川に転落、重傷を負うなどしています。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事故の概要

16日午後2時50分ごろ、兵庫県西脇市住吉町の私設自然公園「木縫の里」で、木製のつり橋(長さ約15メートル、幅約0・8メートル)の桁が傾き、来園者4人が約3メートル下の川に転落した。加東市内の女性(49)が岩に衝突して両腕などを折る大けが、小学4年の女児(9)が軽傷を負った。ほかの2人にけがはなかった。

 西脇署によると、事故当時、西脇市内の放課後等デイサービスに通う子ども8人、負傷した女性ら引率者6人が遊びに来ていたという。橋は15年前に造られたといい、同署は業務上過失傷害の疑いも視野に公園管理者らから事情を聴く。

出典;神戸新聞NEXT

これは、転落した方はすごく怖かったでしょうね。

自分にも子供がいますが、こういった公共の遊具で遊ばせるときは、安全に設計されているという信頼のもとで遊ばせています。

壊れるなどして危険な目に遭うことは、あってほしくない、あってはならないことだと考えているので…

子供をもつ親にとっては、また違った不安を感じる事故ではないでしょうか。

どんなつり橋?

 

miuさん(@miu_usasa7)がシェアした投稿

写真で見た印象ですが、わりと細めの木材が使われているようですね。

15年前に造られたとのことですが、きちんとメンテナンスは行われていたのでしょうか?

業務上過失傷害で調査されているとのことなので、また新しく情報が得られましたら追記いたします。

(追記)許可得ず設置、支柱流される

橋

出典;NHKニュース

兵庫県が調べたところ、崩落したつり橋は必要な許可を得ずに設置されていたことが分かりました。

県は施設の管理者に対し、河川法に基づいて行政指導をおこなう方針とのことです。

また、警察によりますとつり橋は、今月の豪雨で支えとなる柱が流されていたことも判明しており、安全管理の面でさらに詳しいいきさつを調べる方針です。

(追記)「忙しくて注意書き忘れた」

また、管理人の妻は支柱が流されていたことについて気付いていたこと、忙しくて注意書きを忘れたことを語っています。

橋

出典;ABCニュース

無許可のうえ、今月の豪雨も関係していたとは驚きです。

また、多忙で対策を忘れたとのことですが…

利用者の安全がかかっているので、他の事は差し置いてでも緊急で対策をとってもらいたかったですね。

これは、残念ながら業務上過失傷害の疑いが強まったといえそうです。

スポンサーリンク

ネットの反応は

■「注意書きをしていかなあかんなと思いながら、仕事忙しくて忘れて(しまった)」

これを通行止めにする以上に優先される仕事ってなんだ?いつ人が渡ってもおかしくない場所にある橋なのに忘れるって、よくこんないい加減な人間に管理させてるよな?

■まともに管理が出来ない様なら撤去した方が良いですね、危険です。

■そこは、注意書きで無く
通行止めやろ!

出典;Yahoo!ニュースコメント

管理者の不備が発覚してからは、やはり厳しい意見が並んでいました。

やはり、橋の支柱が無くなっていることに気付いた時点で、急いで対策すべきでしたね。

木縫の里のコンセプトは良いものなので、尚更、今回の事故は残念でした。

木製の遊具の耐久性って?

ところで、木製遊具の耐久性とはどのようなものなんでしょうか。

少し調べてみました。

公園

木製の遊具は、耐久性やメンテナンス性の観点から他素材の遊具よりも評価が低く、年々設置する施設が減少する傾向にあるようです。

国土交通省が「都市公園安全・安心対策緊急総合支援事業」※を実施したことにより、耐久性の低くなった木製遊具は、他素材のものに変換されることも増えてきたとのこと。

※「都市公園安全・安心対策緊急総合支援事業」とは

防災・耐久性・バリアフリーなどの観点から、誰もが安心安全に利用できる公園の整備を推奨する事業。平成21年に国土交通省によって定められた。

それでも高まるニーズ

それでも、木ならではの温かみ、手触りの良さを支持する意見や、自然の中の公園やアスレチックなどには木材が適しているという意見があり、木材遊具のニーズは依然として高いようです。

そのため、遊具の接合部に金属を施した、木製ハイブリッド遊具の開発が進められ、普及拡大に役立っています。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

こどもが利用することの多い遊具は、やはりメンテナンス管理は大切ですよね。

また、今回のつり橋以外にも、豪雨で傷んでいる遊具があるかもしれません。

豪雨による被害の少なかった地域でも、こまめな対策をとったほうが良さそうです。

今回の事故で、重傷を負われた女性の怪我が少しでも早く癒えるように願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする