田部田敏晴容疑者の顔画像、facebook、犯行動機は?70代女性に性的暴行加える

70代女性に性的暴行を加えたとして、栃木県宇都宮市の48歳の男が逮捕されました。

2人の間に面識はなく、容疑者は容疑を認めています。

まず、報道の内容を見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

ニュース

出典;TBS

逮捕されたのは宇都宮市下田原町の会社員・田部田敏晴容疑者(48)です。田部田容疑者は今年5月23日の未明、下着を盗む目的で70代の女性の自宅に侵入し、家にいた女性に性的暴行を加えたとみられています。

 被害者の女性は田部田容疑者と面識はありませんでしたが、田部田容疑者は「女性を見たことがある」と供述しているということです。取り調べに対し、「やったことに間違いありません」と容疑を認めています。

出典;TBS

70代の女性に、と普通では考えられないような事件ですよね。

被害女性のお気持ちを考えると、とても許されることではありません。

日本では記憶がありませんが、高齢者への性的暴行事件は、世界では何度もニュースになっています。

そのことについても、後ほど触れていきたいと思います。

田部田容疑者の顔画像・facebookは?

田部田容疑者の顔画像ですが、現段階では明らかになっていません。

こちらは、また新しいニュースが入りましたら更新いたします。

次にfacebookですが、本人の可能性があるアカウントが見つかっております。

珍しい苗字ですので可能性は高いと思われますが、住所などの情報が公開されていないため、確定ではありません。

こちらの検索結果を載せておきます⇒田部田敏晴facebook検索結果

田部田容疑者のプロフィールは?

現段階で明らかになっている容疑者のプロフィールです。

■田部田敏晴(たべた・としはる)

■48歳

■会社員

■宇都宮市下田原町

■強制性交の疑い

家族がいるかどうかは明らかになっていませんが、もしいたら本当にショックだと思います。

もし妻や子供がいなかったとしても、年齢的に親御さんはご健在と考えられます。

現場となった場所は?

現場となった場所は、女性のプライバシーもあるため詳細は公表されていません。

栃木県宇都宮市内とだけ明らかにされています。

ただ、田部田容疑者が宇都宮市下田原町に住んでいて、女性を「見たことがある」と供述していることから、ふたりは地理的に近い場所にいたのでは、と考えられます。

現段階では、宇都宮市下田原町の地図のみ載せておきます。

犯行動機は?

犯行動機は、容疑者の口からは明らかになっていませんが、こちらで考察をしてみたいと思います。

まず、こちらで考えられるのが、

1.以前から女性を知っており、好意を寄せていた

2.高齢の女性が好きで、犯行に及んだ

3.女性の年齢関係なく、乱暴したかった

4.下着を盗む目的で住居に侵入したが、途中で乱暴目的に変わった

5.下着を盗む目的で住居に侵入したが、女性に見つかり、押さえつけたりする中で犯行に及んだ

どの動機にしろ、異常というより他ありませんし、本当に女性が気の毒でなりません。

最近高齢者を狙った強盗殺人のニュースを目にしますし、殺されるのではないかという、強い恐怖があったと思います。

スポンサーリンク

ネットの反応

■高齢女性だと訴えない、という算段があったと思う。幼女に暴行するのとは全くちがうけど、発想はかわらん
いずれにしても卑劣。
女性も、好奇の目て見られるという思いがあってなお、警察に訴えたのだと思う。
勇気のある女性だと思う。

■こんなにもひどいコメントだらけだと思わなかった。
被害女性が高齢だからと、下衆なコメントしている人が多いことにビックリ。
確かに高齢の方が狙われたことは驚きだけど被害女性の気持ちを考えると本当に怖かったと思う。
日本人の民度も落ちたものですね。

■高齢者が性的な被害に遭ったのを聞くと、まず年齢でビックリして余計な事を考えてしまうのだけど、
多分被害者の方はその現場で「殺されるかも」と重い死の恐怖を味わっていて、それが気の毒でたまらない。
犯人を厳罰に処していただきたい。

■高齢者の自宅には防犯カメラを設置するべきだと思う
色んな抑止力になって絶対に設置したほうがいい

出典;Yahoo!ニュース

世界で起こった高齢者性的暴行事件

世界では高齢者を狙った性的暴行事件が多く発生しています。

高齢女性24人が介護施設で襲われる

2013~2014年 フィンランド南西部ピルカンマーにて、24歳の看護師の男が、施設で担当していた74歳~100歳の女性たちをベッドやトイレで暴行しました。

被害に遭ったのは、いずれも認知症を患っていたり体が不自由な高齢女性たちで、それを狙った卑劣極まりない事件といえます。

起訴内容は、強姦27件、性行為の強要2件の罪。

被告には最終的に、禁固9年と被害者への賠償金が言い渡されました。

もっと厳しくて良いと思いますし、出てきたところで再犯の可能性があるのではと思いますが…。

71歳男が95歳女性に性的暴行

2017年11月17日、老人ホームに入居する71歳の男が、同じ入居者の95歳の女性に性的暴行を強要した疑いで逮捕されました。

事件が起きたのは、オハイオ州南西部のシンシナティに近いミドルタウン市です。

男は女性のベッドにもぐり性行為を強要、大きな悲鳴を聞いて職員が911通報し、警察が駆けつけたところ女性は裸にされていたそうです。

容疑者のゲイリー・アールズ(71)▼

ゲイリーアームズ

出典;エキサイトニュース

アメリカでは、男女を別の棟に分けて不法侵入者がないよう監視している施設も多いとのこと。

75歳修道女が12人の強盗に集団暴行

2015年にインドで発生した、75歳修道女女性への性的暴行事件。

修道女が住み込んでいる学校に12人の男が押し入り、猿ぐつわをかませたうえ性的暴行を加えたことが判明。

その後、修道女の女性は病院に搬送され、身体は少しずつ快方に向かったとのことです。

事件に怒った地元住民らは、当局の対応を求めるシュプレヒコールを上げ、幹線道路が通行できないほどの騒動に発展しました。

どの事件もそうですが、身体が不自由であったりする高齢女性の弱みにつけこんだ卑劣な犯罪です。

女性が勇気を出して警察に被害を訴えても、好奇の視線にさらされたり、言葉による二次被害に遭うことも問題となっているようです。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回の事件は、身体の弱い相手につけこんだ、決して許されるべきではない恐ろしい犯罪です。

容疑者は厳罰に処していただきたいですね。

今後、このような事件が起こらないよう願っています。

また、被害に遭われた女性に心よりお見舞い申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする