竹内翔馬容疑者 顔画像!父親殺人未遂事件の犯行動機とは?゠志布志町安楽

志布志市志布志町安楽の自宅で、父親の首を切りつけた疑いで竹内翔馬容疑者(24)が逮捕されました。

今回は、竹内翔馬容疑者の顔画像やfacebook、犯行動機などを調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、志布志市志布志町安楽の無職・竹内翔馬容疑者(24)です。志布志警察署によりますと、竹内容疑者は9日午後2時ごろ、自宅で、父親の洋さん(50)の首を包丁で切りつけるなどし、殺害しようとした疑いが持たれています。洋さんは病院で手当てを受け、命に別状はないということです。竹内容疑者は「父親を刺した」と、自分で110番通報し、駆けつけた警察官に逮捕されたということです。警察は、父親との間で何らかのトラブルがあったものとみて犯行の動機などを調べています。

出典;MBC南日本放送

父親の首を包丁で切りつけるという恐ろしい行為で、あってはならないことですね。

父親と息子の間に、一体どんなトラブルがあったのでしょうか?

そちらものちほど、詳しく考察していきたいと思います。

お父さんのお身体の状態が心配ですが、命に別状はないようなので良かったですね。

少しでも早い回復をお祈り申し上げます。

竹内翔馬の顔画像、facebookは?

顔

竹内翔馬容疑者の顔画像は、現段階では明らかにされておりません。

またこちらは、新たに報道されましたら随時更新させていただきます。

次にfacebookですが、同姓同名のアカウントは多くあるものの、本人の特定には至っておりません。

検索結果をのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒竹内翔馬facebook検索結果

竹内翔馬のプロフィール

現段階で判明している竹内容疑者のプロフィールです。

■竹内翔馬(たけうち・しょうま)

■24歳

■志布志市志布志町安楽

■無職

■殺人未遂の疑いで逮捕

■家族構成はいまのところ、父親の存在のみ報道されております。

竹内洋さんの情報

息子から包丁で切りつけられた、父親の博さんの情報もまとめます。

■竹内洋(たけうち・読み調査中)

■50歳

■息子の翔馬容疑者から首を切りつけられたものの、病院で手当てを受け、命に別状はない状態。

今のところ判明している情報は上記の少ないものとなっております。

またこちらも新たに報道されましたら追記いたします。

スポンサーリンク

竹内翔馬の事件現場は

今回の事件現場は、志布志市志布志町安楽の容疑者自宅となっています。

マップはこちら。

現段階ではまだ詳しい場所の特定には至っておりません。

ストリートビューで地域の様子を少し確認しましたが、自然に囲まれ、住宅も適度にあり、住みやすそうな印象を受ける場所となっています。

地域にお住いの方々は、「まさかこんな近くで」と事件発生に大変驚かれたことでしょう。

犯行動機、トラブルの原因とは?

竹内容疑者の犯行動機とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

現段階ではまだ容疑を認めた段階で、詳しい動機については報道されておりません。

ただ、警察はふたりの間になんらかのトラブルがあったと見て捜査を進めています。

もしこちらで動機を推測するとすれば、

■口喧嘩になり、怒りにまかせてやってしまった

■(トラブルがなかった場合)普段の鬱屈した気持ちを発散するため

などが考えられますが、実際のところはどうでしょうか?

また、口喧嘩があったとすれば、その原因として

■普段の生活態度を注意されて

■昔からの確執によって

なども推測することができます。

どんな動機や経緯があるにしても、許されない犯行であることには変わりがありません。

竹内容疑者は自分で110番し容疑を認めていることから、詳しい経緯なども明らかになりやすいかと思います。

容疑が事実であるならしっかりと自分の罪を認め、動機解明や真相究明に協力する責任があるといえるでしょう。

家族間での事件の多さ

今回のように家族間での事件は多く起こっており、当サイトでも複数取り扱っております。

■子ども2人を刺して殺害した動機がヤバい…育児ノイローゼ?

■祖母と母親を殺害した高専学生の動機とは?顔画像あり

■兄を殺害するまでの経緯がヤバい、警察に相談していたのに…

家族といえど、近ければ近いほど摩擦も大きくなるものかもしれませんね。

先日には、宮崎県で家族6人、知人の方1人が亡くなる事件も発生していました。

宮崎の事件もどうやら夫婦げんかが発端となっていた可能性が高いとみられています。

飯干保生さん家族構成!犯人の動機は?自殺現場となった橋に地元住民怒り…

ネットの反応

 

現段階ではYahoo!のコメント欄がなく、コメントは少なくなっています。

また新たに得られましたら追記いたします。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今のところ公表されている情報が少なく、2人の間に一体なにがあったのか…

引き続き続報を待ちたいと思います。

このような事件が少しでもなくなることを願っています。

シェアする

フォローする