寺澤正明容疑者の顔画像、幼稚な犯行動機。放火したごみ収集作業員逮捕゠池袋

7月に池袋で起こった放火事件で、ごみ収集作業員の男が逮捕されました。

男の顔画像、犯行動機、ネットの反応に触れていきます。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

放火

ごみ収集作業員の寺沢正明容疑者(58)は、7月26日の深夜、東京・豊島区池袋のマンションのごみ置き場で、ごみネットやごみに火をつけた疑いが持たれている。

寺沢容疑者は、「お巡りに頭がきたから、火をつけた」と容疑を認めている。

犯行の直前、寺沢容疑者は、池袋駅前の飲食店で料金をめぐってトラブルとなり、交番で話を聴かれていた。

寺沢容疑者が火をつける様子が映っていた防犯カメラ映像から、寺沢容疑者の特定に至ったという。

出典;FNN

トラブルのイライラと、警察官への逆恨みにお酒もはいって犯行につながったということでしょうか。

まったく筋違いですし、幼稚な犯行動機としかいいようがありません。

けがをされた方がいないようで、本当に良かったと思います。

寺沢容疑者の顔画像、SNS

寺沢容疑者の顔画像はこちらになります。

寺澤正明容疑者

出典;FNN

念のためSNSも確認しましたが、本人の特定に至るアカウントは存在していませんでした。

検索結果はこちらになります⇒寺沢正明facebook検索結果

寺沢容疑者のプロフィール

現段階で明らかな寺澤容疑者の情報です。

■寺沢正明(てらさわ・まさあき)

■58歳

■ごみ収集作業員(派遣社員)

■埼玉県草加市

こちらはまた新たな情報が入りましたら追記いたします。

スポンサーリンク

幼稚な犯行動機のなぜ

犯行動機は、「おまわりに頭がきたから」とは、なんとも幼稚な犯行動機ですが、これは放火犯にはよくある動機でもあります。

放火の動機として特に多いのは、怨恨や不満の発散といわれるからです。

以前、当サイトで取り扱った連続放火事件の容疑者も、友人に無理やりおごらされたストレスのぶつけ所として放火をしていました。

(今年の3月に東京荒川区で起こった連続放火事件の犯人逮捕⇒記事

はたから見ると迷惑でしかありませんし、だからといってなぜ火を、という疑問しかわかないのですが…

もし、けが人が出たり延焼したりしたら、取り返しのつかない事態となりますよね。

事件現場はどこ?

事件現場は豊島区池袋のマンションのごみ置き場とのことですが、詳しい場所は明らかにされていません。

犯行前に池袋駅で飲食し、交番に移動していることから、その付近であるとも考えられます。

寺沢正明

このように、池袋駅近くには東口と西口、2つの交番がありますから、容疑者はこのどちらかから現場に移動したものとみられます。

ネットの反応

■もともと火をつけたりしたい気質があったんだろう。たまたまお巡りさんに苛立ちがあって、それを言い訳にしてるだけだろ。
今までは火を付けるのは理性で押さえてたけど、良いきっかけで犯行に及んだ。
そういう気質なんでしょうね。死ぬまで繰り返す可能性があるかも知れん…

■いい年して何やっているんだか。。。
変な言い訳しているけど。。頭にきたから火を付けた!って。。危ない爺いだね!!

■火付けは大罪です
速やかに刑務所にお巡りください

■お巡りに腹たち全く関係のない場所に放火。
頭イかれてるね…

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

ネットの声も、容疑者に対して呆れる感想が多かったですね。

もしかしたら余罪がある可能性もありますから、それも含めてしっかりと追求してもらいたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする