寺嶋寛容疑者の顔画像、SNS、犯行動機。母親殴りその後死亡゠奈良県生駒市有里町

 寝たきりの母親のすねを殴りけがをさせた容疑で、寺嶋寛容疑者(44)が逮捕されました。

今回は、寺嶋寛容疑者の顔画像やSNS、犯行動機などを調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

寝たきりの母親を殴ってけがをさせたとして、奈良県警生駒署などは18日、傷害の疑いで、奈良県生駒市有里町の無職、寺嶋寛容疑者(44)を逮捕した。「思うように動いてくれず、腹が立った」と容疑を認めているという。母親は暴行を受けた後に死亡しており、同署は死因との因果関係などを調べる。

 逮捕容疑は今月9日ごろ、自宅で母親(79)の左すねを棒状のもので複数回殴り、出血を伴うけがを負わせたとしている。

 同署によると、母親は寝たきりで、寺嶋容疑者と2人暮らし。同容疑者が介護していたという。18日に寺嶋容疑者から119番があり、駆けつけた消防隊員が死亡している母親を発見した。

出典;産経新聞

無抵抗の母親を殴るというあってはならない行為ですが、

その背景にある「介護」の難しさを感じさせられる事件でもあります。

79歳のお母さんはその後死亡しており、寺嶋容疑者の暴行との因果関係が気になりますね。

2人暮らしの母と息子との間に、一体なにがあったのでしょうか?

寺嶋容疑者の犯行動機なども、のちほど考察していきたいと思います。

まず、今回亡くなられた79歳のお母さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

寺嶋寛容疑者の顔画像、SNS

寺嶋容疑者の顔画像は、現段階では明らかになっておりません。

こちらはまた、新たに情報が得られましたら随時更新させていただきます。

また、SNSも確認してみたのですが、今のところ本人の特定には至っておりません。

SNSのアカウントを持っていない可能性もありそうですね。

検索結果をのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒寺嶋寛facebook検索結果

寺嶋寛容疑者のプロフィール

寺嶋容疑者の現段階で判明しているプロフィールです。

■寺嶋寛(てらしま・ひろし?)

■44歳

■奈良県生駒市有里町

■無職

■寝たきりの母親と2人暮らし

■寺嶋容疑者が母親の介護をしていた

■傷害の疑いで逮捕

■母親は暴行を受けたのちに死亡している

こちらも、また新しい情報が得られましたら追記していきます。

スポンサーリンク

寺嶋寛容疑者の犯行動機は?

寺嶋容疑者は警察の調べに対し、

「思うように動いてくれず、腹が立った」

出典;産経新聞

と供述しており、おそらく母親の介護で強いストレスを抱えていたとみられます。

だからといって無抵抗の母親を暴行していい理由にはなりませんが、

介護の現場の壮絶さを改めて感じさせられる事件でもあります。

施設介護にも通ずることですが、在宅介護は一人で抱え込んでしまうと、介護者の精神的負担、肉体的負担はどんどん増していきます。

ほかに介護の負担を分け合う家族がいればよかったのですが、母親と2人暮らしで、介護の責任を一手に担っていた容疑者。

暴力はいけないことですが、行き場のないストレスが母親本人に向かってしまったのかもしれませんね。

また、寺嶋容疑者が日常的に暴力を振るっていた可能性も否定はできませんので、そのあたりも含め、捜査をお願いしたいと思います。

寺嶋寛容疑者の事件現場は?

寺嶋容疑者の事件現場は、奈良県生駒市有里町の容疑者宅と報道されています。

それ以上の情報は報道されていませんが、今後続報があればさらに詳しい場所がわかるかもしれません。

近隣住民のかたは報道を受けて大変驚かれたことでしょう。

また、もしかすると、近所の方にしかわからない事件の背景などもあるかもしれませんね。

ネットの反応

そういう時もあるでしょうに。
人の親なら我慢出来るが、自分の親となると全く別。
介護をした事がある人にしか理解できないと思いますが、毎日ご飯を食べさせて、お茶を飲ませて、おむつの交換をして、着替えもさせてって、かなり大変ですよ。
気分転換に出掛けても頭から離れないし、疲れくると動かないことにイライラしますよ。
まあ本人は動けないんですけどね。

介護は施設ではなく在宅介護へ
国がこのように推奨していますが、
在宅介護は、介護者の財力が不可欠。
財力のない介護者は どうすれば良いのだろう。

決して対岸の火事ではない。暴力はいけないが、介護は壮絶だからな。国民から高い税金を取るんだったら、こういうところに役立てほしい。

ハナから仕事する気がなくて無職なのか、介護しているうちに職をなくしたのか…そしてどういう背景でこんなことを起こしたのか。
実の親を殺したことには違いないだろうが、今後も同様の事件は増えるだろう。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

Yahoo!コメントは、介護の壮絶さ、難しさに言及するものが多くみられました。

「決して対岸の火事ではない」というコメントはそのとおりで、少子高齢化の昨今、すべての国民に共通する課題ともいえるでしょう。

自分はまだ介護を経験していませんが、家に高齢のおじいちゃんおばあちゃんがいますので、その方面の知識を身につける必要性に迫られています。

寺嶋容疑者には今回の行為を反省し、罪を償ってもらいたいですね。

亡くなられたお母さんのご冥福をお祈りするとともに、同じような事件が少しでもなくなることを心より願っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする