窃盗犯を「トイレの神様」?ネットでも違和感の声続々…五十嵐洋容疑者逮捕!

東京・清瀬駅の女子トイレに忍び込み、窃盗を繰り返した疑いで無職の男(46)が逮捕されました。

実はこの事件、ある意外な部分で今ネットで話題になっています。

一体なぜ…?と、誰しも違和感を覚えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要

トイレの神様?

写真引用;TOKYO MX

警視庁によりますと、逮捕された住所不定・無職の五十嵐洋容疑者(46)は、3月から6月までの間、東京・清瀬市にある清瀬駅の女子トイレに忍び込み、7回にわたって窃盗を繰り返した疑いが持たれています。五十嵐容疑者は女子トイレに侵入し、洋式トイレの上に立って隣の個室に掛けてあるショルダーバッグなどを盗んでいたとみられています。

 トイレの付近に防犯カメラは設置されておらず、当初は犯人像がつかめなかったことから、捜査員は犯人を「トイレの神様」と呼んで捜査していました。その後、6月になってトイレから五十嵐容疑者の指紋が見つかり、逮捕に至りました。

出典;TOKYO MX

まず、ニュースの報じ方について

まず、テレビの報じ方についてですが…

ニュースの画面をぱっと見た限りでは、あの「トイレの神様」を歌っていた植村花菜さんが事件に関与しているような印象を受けますよね。

窃盗犯におかしなあだ名をつける捜査員もどうかと思いますが、マスコミもこういった報じ方はやめてもらいたいものです。

スマホの普及ですすむ視聴者のテレビ離れを、ますます加速させるだけではないでしょうか。

清瀬駅のマップ、写真

五十嵐洋容疑者の犯行についてですが、

西武池袋線の清瀬駅で犯行を繰り返していたとのこと。

清瀬駅

出典;TOKYO MX

こちらは清瀬駅の外観。

駅構内2階の、一番左に見える小さな窓が事件のあった女子トイレの窓のようです。

清瀬駅

Googleアースで見ることのできた清瀬駅のトイレの画像です。

女性用トイレは奥まったところにあるのがわかります。

トイレの付近には防犯カメラをつけていないという下調べのうえで、何度も犯行に及んだのでしょうね。

女性にしてみれば、トイレを上から覗かれただけでも、相当ショックなことだと思います。

トイレの中にカメラを設置することはできませんが、こういった事件を防ぐためにも、トイレの前だけでも取り付けてほしいものですね。

スポンサーリンク

容疑者の顔画像は?

五十嵐洋

写真引用;TBS NEWS

こちらが五十嵐洋容疑者の顔画像になります。

容疑者は清瀬駅だけでも7回犯行に及び、「他の駅でもやった」と供述しているということです。

他局のニュースによりますと、五十嵐容疑者は以前にも同様の手口で窃盗を繰り返し、服役していたということです。

指紋のデータもあったはずですが、なかなか犯人像がつかめなかった原因はどういったものなんでしょうか。

ネットの反応は?

■警察の隠語だったトイレの神様を記事の中で書くのはともかく、見出しに持ってくるのはどうかと思う。品位がないね、このマスコミ社。

■タイトルだけ見て一瞬、約8年前に一世風靡した某シンガーソングライターが逮捕されたのかと思った。アクセス数稼ぎの意図的なタイトルかと疑ってしまう。

■盗む場面の想像がつかない。
あのトイレのドアとか壁にあるフックにバッグをかけていたら無くなるということ?
何も物音とかしないのかな?警察に神様と呼ばれるくらいだから、さぞ凄腕だったんだろうな。

■トイレは防犯カメラを付けられないので狙い目なんだろうな。

出典;Yahoo!ニュースコメント

と、やはり、マスコミの報じ方、捜査員のネーミングセンスに疑問を感じるコメントが多数見られました。

やはりという印象ですが、悪意があると思われても仕方がないような見出しでしたね。

常習累犯窃盗罪とは?

警察

今回、五十嵐容疑者が逮捕された「常習累犯窃盗罪(じょうしゅうるいはんせっとうざい)」とは、どんな罪のことを言うのでしょうか。

常習累犯窃盗罪とは、窃盗罪・窃盗未遂罪にあたる行為を常習的にする罪のことです。

過去10年間に3回以上これらの罪で懲役刑を受けた者が、新たに罪を犯すと成立し、3年以上の有期懲役に処せられます。

参考;コトバンク

過去10年に3回以上の懲役刑ということは、五十嵐容疑者はずっと以前から常習的に窃盗をしていたということになりますね。

更生の道はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

最後に

マスコミの報じ方にも言及することになりましたが、いかがでしたか?

世の中にはこんな手口の窃盗もあるのだと正直驚きました。

被害に遭わないためにも、こちらも何か対策を用意しておいた方が良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする