【翔んで埼玉】クレームがない理由を調査!「なぜか映画館で拍手が(笑)」

大人気となっている現在公開中の映画「翔んで埼玉」。

翔んで埼玉

出典;翔んで埼玉公式サイト

埼玉県民を徹底的にディスる内容とのことですが…

埼玉県民からのクレームはないの?

ネットの感想は?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

「翔んで埼玉」あらすじ

娘の結納のため、埼玉県から東京へと向かう、菅原家。

その道中、車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始める…。

翔んで埼玉

出典;映画.com

東京都民からひどい迫害を受けてきた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。

東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長で、

東京都知事の長男でもある壇ノ浦百美(だんのうら・ももみ=二階堂ふみ)

彼はある日、アメリカ帰りで容姿端麗の謎の転校生、

麻実麗(あさみ・れい=GACKT)と出会う。

翔んで埼玉

出典;映画.com

スポーツや勉強で自分を圧倒する麗に最初はライバル心を燃やす百美だったが、

次第に彼に対して恋にも似た感情を抱くようになる。

華と品位を兼ね備えた、見るからに東京都民の麗を慕う百美。

翔んで埼玉

出典;映画.com

しかし彼は実は埼玉県出身で、

手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった…!

東京と埼玉の県境で引き裂かれることになった、ふたりのゆくえは?

千葉、神奈川、群馬らを加えてスケールアップし、

壮大かつ大真面目に郷土愛へ向き合う、エンターテインメント作品です。

スポンサーリンク

「翔んで埼玉」クレームは…ない⁉

翔んで埼玉 クレーム

出典;東映

埼玉県を徹底的にディスりまくるという衝撃の内容である「翔んで埼玉」。

しかし、意外にも?

埼玉県民から映画へのクレームはないそうです。

その理由は、一体どこにあるのでしょうか?

埼玉県民はおおらか?

翔んで埼玉

出典;Soda!Saitama

作者の魔夜峰央(まや・みねお)さんは、

埼玉県民からのクレームが無いことに対し、

「横浜を同じようにディスったらものすごいクレームがくる。埼玉県民のおおらかさに助かってます」

出典;Soda!Saitama

と、今住んでいる横浜を例に挙げて話しています。

また、

「いじられても笑って返せる懐の深さ。他の県ではありえない。よほどMの人が多いのかな」

出典;Soda!Saitama

ともユーモアを交えて、笑いをとる場面もあったのだとか。

作中では茨城県も、「埼玉よりさらに奥にある僻地」というディスられ方をしており、

これは、作者の奥さんが茨城県出身だったため、

「身内の地元なら少しくらい…」という気持ちで描いたそうです。

すると後日、茨城県の親戚からクレームがきてしまったんだとか。

まあ、ふつうのことかもしれませんね…。

しかし、埼玉県民はなぜかそういった反応がなく

魔夜峰央先生は

埼玉県民は寛大で優しい

と感じたそうです。

中にはネタにされることを不快に思われる方もいるかもしれませんが…

少数派であることは、間違いなさそうですね。

スポンサーリンク

「悪名は無名に勝る」

翔んで埼玉

出典;このマンガがすごい!WEB

埼玉県知事さんは、この映画に対し

「県民として見ていられないくらいのひどさで埼玉を痛めつけている」

とブログで語りつつも、

このマンガを持って「悪名は無名に勝る」という名言まで発しています。

確かに、無名で知られないよりは、悪名でも世に知られるきっかけがあれば、そこから始まっていくものもたくさんありますもんね。

埼玉県民の方々も、全国的に埼玉県の名前がとどろいていることを好意的に受け止めているのかもしれません。

筆者は奈良県民ですが、

もし同じように「翔んで奈良」という映画があって、京都に虐げられている内容だとしても、

喜んで観にいっちゃいますね(笑)

そのディスり具合がただのディスではなく、

根底に愛があるのなら全く問題ないと思うんですね。

ファンタジーで埼玉愛あり!

翔んで埼玉

出典;このマンガがすごい!WEB

原作は、埼玉を

■つい10年ほど前までランプといろりで生活

■最近やっと電気が通うようになったが、まだテレビが珍しく、村人が庄屋様の家に集まって見物

■県知事はいまだに県民から年貢を取り立てている

etc…

など、かなりファンタジーに描いています(笑)

原作が描かれたのが約30年前だとしても、この世界観はすごいですよね!

実際の埼玉は、原作とはかけ離れた都会であることは言うまでもありません。

出典;さいたま市

リアルな地域格差を描かれるとさすがに笑えないかもしれませんが…、

ファンタジーで郷土愛にあふれた映画世界は、

多くの埼玉県民のハートをわしづかみにしているのではないでしょうか?

映画の登場人物と同じように、県民はそれぞれの郷土愛に目覚め、誇りをかけて立ち上がる。

そんな気持ちになるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

「翔んで埼玉」感想(おもに県民)

ここで、「翔んで埼玉」を観た感想を、

主に埼玉県民と思われる方のツイートでご紹介します!

 

 

 

 

スポンサーリンク

「翔んで埼玉」原作とは?

翔んで埼玉

出典;このマンガがすごい!WEB

「翔んで埼玉」原作は、魔夜峰央による漫画作品で、

1983年に「花とゆめ」で3回連載された。

しかしその後、作者が埼玉県から神奈川県に移住し、その後も連載を続けると、埼玉に対し悪意のある作品となってしまうなどの理由から連載は終了。

わずか3回連載の、未完の作品となっている。

1986年に一度短編集に入る形で出版されているが、この時はあまり話題になっていない。

しかし、2015年SNSなどで衝撃的な内容が話題を呼び、バラエティ番組で取り上げられるなどして知名度が増す。

2016年で50万部のヒットとなっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

翔んで埼玉 (このマンガがすごい!comics) [ 魔夜峰央 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2019/3/5時点)


 

作者の魔夜峰央さんプロフィール

とんで埼玉

出典;明治大学

作者の魔夜峰央(まやみねお)さんとは…

■日本のマンガ家

■1953年3月4日(現在65歳)

■新潟県に生まれる

■1973年「デラックスマーガレット」秋の号の『見知らぬ訪問者』でデビュー。

■デビュー作からオカルト・ホラー・ミステリー調の作風だったが、

1978年『ラシャーヌ!』でギャグ漫画家へ転身

■同年、『パタリロ!』を連載開始し、1982年にはテレビアニメ化もする。

外伝も含めて単行本100冊を超えとなった『パタリロ!』は、少女漫画界の中でも随一の長編作品。

■2019年、『翔んで埼玉』『パタリロ!』がともに実写映画化。

■妻は、バレエダンサーの山田芳実さん。

マンガの制作方法が独特?

魔夜峰央さんは漫画を描く際は、

ネーム(下書きの下書き、コマ割やキャラ配置などを決める)を描かず、いきなり原稿に入るのだとか!

これはかなりスゴイことですし、独特な制作方法ですよね。

しかしそのため、結末近くのコマがセリフだらけになることもよくあるそうです(笑)

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は、翔んで埼玉あらすじやクレーム、ネットの反応などについてお届けしました。

『翔んで埼玉』、素敵な作品ですし、

まだ見に行っていないかたはぜひ劇場に足を運んでみてくださいね!

シェアする

フォローする