としまえんプール事故の原因や女児名前!ふわふわウォーターランド現場情報

としまえんプールの『ふわふわウォーターランド』で、8歳の女の子が死亡する事故が発生しました。

今回は、このプール事故の原因や亡くなった女の子の名前、現場の情報などをまとめます。

まずは、報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

としまえんプール事故

出典;FNN

15日午後2時10分ごろ、東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールで、埼玉県朝霞市仲町の小学3年、森本優佳さん(8)が倒れていると通報があった。警視庁練馬署などによると、プール内に設置された遊具の下で溺れた状態で見つかり、意識不明の状態で病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。同署が事故原因や死因を調べている。

出典;毎日新聞

としまえんは、事故が起こったアトラクションを閉鎖

夜間イベント「ナイトプール」についても、15日の実施を中止する予定と発表しています。

亡くなった女の子は、水に浮く遊具の下に潜り込んで出られなくなった可能性があり、練馬署がさらに状況や死因を調べているとのこと。

お盆でにぎわう時期に起こってしまった痛ましいプール事故に、驚かれた方も多いのではないでしょうか?

亡くなられた女の子のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

としまえんプール事故の現場

今回の死亡事故は、東京都練馬区向山に位置する

■としまえんプールにある『ふわふわウォーターランド』

で発生しました。

▼ストリートビューやマップはこちら。

▼ニュース画像で、プールの内部が映されています。

『ふわふわウォーターランド』の画像はこちら。

としまえんプール事故

出典;FNN

としまえんプール事故

出典;FNN

としまえんプール事故

出典;FNN

事故が発生した『ふわふわウォーターランド』は、競泳用のプールに空気で膨らませた遊具が浮かぶファミリー向け有料施設です。

エアスライダーや、大きな浮島「ビッグアイランド」や、子ども用につくられた浮島「キッズアイランド」などの水遊び遊具があるとのこと。

亡くなられた女の子は、このうちの「ビッグアイランド」と呼ばれる遊具の下で発見されたという事です。

ビッグアイランドは、空気が注入された大きい浮島の上を移動していく遊具で、

プールは水深が最大1.9メートルと深くなっています。

多くのご家族に人気の施設かと思いますが、このような痛ましい事故が起こってしまったことは、本当に残念というほかありません。

スポンサーリンク

としまえんプール事故の原因

としまえんプール事故

出典;毎日新聞

今回のプール事故の原因としては、どういったものがあるのでしょうか?

事故当時、としまえんのプールは同アトラクションの利用者約270人を含め、

約3800人の来場者が居たそうですが、特に混雑しているという状況ではなかったようです。

またこのエリアでは監視員が正午と午後2時、利用客にプールから上がってもらったうえで点検定時点検もおこなっており、

定時点検以外では、7人の監視員がプールの外から見守りをしていました。

ですので、混雑もしておらず、監視員が不足していたというわけでもなさそうですね。

また、身長110センチ以下の子どもは大人の付き添いが必要となっていますが、

女の子の身長は110センチ以上で、ライフジャケットも着けていたとのこと。

監視員は、利用客に「遊具の下に潜り込まないように」と呼びかけていたようですが…、

女の子は、なんらかの原因で誤って入り込んでしまったと考えられます。

もし、プールから転落するなどして入り込んだのが一瞬の出来事であれば、親御さんも気づかなかったのかもしれませんね。

親御さんも『娘がいない』と監視員に相談するなど、すぐに姿を探されたようですが、なかなか見つけられなかったと考えられます。

監視員の見守りやライフジャケットの着用など、安全対策はなされていたものの、起こってしまった事故。

今後同じような事故を繰り返さないためにも、原因をしっかりと明らかにしてもらいたいと思います。

また、係員が呼びかけるだけではどうしても事故を防ぎきれない部分もあるかと思いますし、今後アトラクションのつくりも見直されると良いですね。

(※追記)警察の新たな捜査で、女の子は救命胴衣の浮力で遊具から脱出できなかった可能性があると報道されました。

命を救うためにつけていたライフジャケットが原因で死亡事故につながるとは、誰も予測できなかったのではないかと思います。

としまえんプール事故女児名前

今回のプール事故で亡くなられた女の子の、現時点で公表されている情報をまとめます。

■森本優佳(もりもと・ゆか)ちゃん

■8歳

■小学3年生

■埼玉県朝霞市仲町1丁目

■両親と妹(1)の家族4人でプールを訪れていた

■心肺停止の状態で病院に搬送されたが、午後4時ごろ死亡が確認された

ご家族で夏の楽しい思い出作りに遊びに来られていたのだと思いますが、それが一転し悲しい事故につながってしまい、本当に残念でなりません。

亡くなられた森本さんのご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々に心よりお悔やみを申し上げます。

スポンサーリンク

としまえんプール事故ネット反応

いつも思うのだが、大きいプールでは完全な監視は出来無いし、人が亡くなることもあるだろう。どんなに監視の目を多くしても訓練しても出来ない事と出来ることがある。そこを踏まえてできうる限りの訓練設備を設けるべきであると思う。そして、人は死ぬ事が有るという事を踏まえて生活すべきであると思う。

痛ましい事故です。8歳はだいぶ自立していてある程度一人でもどんどん遊んでしまうと思いますが、浅い幼児プールとは違いライフジャケットを身につけている以上、危険も伴っているということですよね。親御さんもまさかという思いでいると思います。目を離さなければという批判もあるでしょうが、事情はあれど一番辛い思いをなさっていることと思います。ご冥福をお祈りします。

こういう遊具の下に潜り込んでしまうことは、想像できるけどな。
ちょうど、プールに行ってきたばかりだけど、そういう感じの場所があって、潜り込んだら怖いなぁ、と感じたよ。
親は何をしてた、と思うかもしれないけど、一瞬たりとも目を離さない、というのは不可能。
いなくなってからすぐに探しても、人が多くて水中は見えないし、簡単ではない。

監視員て多分大学生のバイトとかかな。
自分が担当してるエリアだったら凄いショックだろうな。
でも禁止事項に「小学生以下の児童」の放置とあるし、お客様の不注意による事故には一切責任を負いませんていうのが書かれているみたいだから、監視員の人はあまり自分を責めないでほしい。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

ネットの反応は様々で、実際にプールに訪れた方からは怖いと思ったという声も聞かれました。

親御さんの責任を問う声もあるかと思いますが、色んな事情があるかと思いますし、一瞬たりとも目を離さないのは不可能でもあります。

これは、やんちゃ盛りの子供をもつ親なら誰しも一回は実感したことがあるのではないでしょうか?

親御さんが一番ご自分を責めて辛いお気持ちでいらっしゃると思いますし、責めるばかりの意見には賛同できません。

このような悲しい事故が起こらないためにも、今後どういった対策が必要なのか。

今一度、プール側も、施設利用側も、考える必要があるかもしれませんね。

最後になりましたが、改めて、亡くなられた女の子のご冥福を心よりお祈り申し上げます。