上田純史(いわくにバス社長)のハンマー発言がヤバい!クレームが多い実態とは

山口県岩国市を拠点とする「いわくにバス」の上田純史社長(37)が、客からのクレームに対して不適切な発言をしていたことがわかりました。

今回は、上田純史社長のプロフィールや経歴、いわくにバスへのクレーム事情などについて調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

いわくにバス社長

出典;TBS

 いわくにバスによると、今月13日に客から「運転士の態度が不親切で不愉快だった」との苦情がメールで寄せられました。

 これに対して上田純史社長(37)は返信のメールで、謝罪の言葉に続いて、「運転席の近くに点検用のハンマーがあります。それを使って、割とマジで次から運転士殴っていいです」などと書きました。

 この返信内容がツイッターに投稿され、社長の回答について、岩国市にも苦情があったということです。

出典;TBS

いわくにバスをよく知る方は

「相変わらずだなー」「笑ったwww」とネタにできる内容のようですが…

やはり一般的にみると、クレームへの対応として不適切と言えそうですよね。

とても大人の対応とは思えませんし、真剣に怒っている人への誠実さも感じられません。

いわくにバスの上田社長はなぜ、このような発言をしてしまったのでしょうか?

上田社長は取材に対し、

「指導や研修を何度行っても改善しない運転士がいるので、客から直接注意してもらいたかった」

出典;TBS

とコメントしています。

客から直接注意してもらいたくても、やはり理解しがたい言動ですよね…(汗

仮にお客さんがその言葉どおりハンマーで殴るなどして、社員が死亡した場合、責任はとれるのでしょうか?

そういったトラブルによる物騒な事件は、頻繁にニュースでも報道されていますし、いつ起こってもおかしくないのです。

岩国市は上田社長に対し、行き過ぎた発言を口頭で注意したとのことです。

メールの内容画像、元ツイは?

 

「運転手の愛想がなく、説明が足りず不愉快だった」というクレーム。

それに対しての社長の発言が今回話題になっています。

この元のツイートをされた方は、現在アカウントに鍵をかけてらっしゃいます。

元ツイされた方も、ここまで全国ニュースとして大きく取り扱われることは想定されていなかったのではないでしょうか?

また、「こんなことで苦情を出すな」という、社長の肩をもつツイートも多く確認できており、そうした声がご本人に届いてしまったのかもしれませんね。

しかし、自分は「こんなことで…」という声には反対の立場です。

確かに世の中に悪質なクレーマーは多くいますが、元ツイをされた方の言っていることは理不尽な内容ではないですし、理性をもって話されてらっしゃいます。

運転手が文面から想像する以上に態度が悪かったのかもしれませんし、

実際のやり取りを知らない人間が「そんなことで」とはいえませんよね。

スポンサーリンク

上田純史社長の顔画像、動画

上田社長の顔画像や紹介動画はこちら。

上田純史社長 いわくにバス

出典;産経ビズ

社長の年齢が32歳となっていますので、5年ほど前の画像や動画のようですね。

動画には、実際にお客さんに触れ合い、最前線で仕事をする上田社長の姿が映されています。

上田純史社長のプロフィール

上田純史社長 いわくにバス

出典;Local Topics Japan

上田純史(うえだ・じゅんじ)

■37歳

■東京出身

■山口県岩国市在住

■前職は関東のバス会社

■いわくにバス代表取締役

■家族構成は現段階では不明、年齢から考えて妻や子どもがいる可能性あり

上田社長は、2012年に公募でいわくにバスの社長に選ばれました。

出身は東京で山口県にゆかりのない社長ですが、「苦境のバス業界を何とかしたい」という熱い思いから応募したそうです。

面接から自分の意見を率直に伝え、採用されるとすぐに問題点の改善に取り組み、

FacebookやTwitterの活用など、若い社長ならではの発想を生かしていきました。

人員不足や乗客減少などの問題を抱えるバス会社を復活させるために奮闘されてきたとのことです。

いわくにバスはクレームが多い?

いわくにバス社長

出典;TBS

いわくにバスへのクレーム事情はどうなっているのでしょうか?

Twitterにはこんなツイートもみられました。

 

■運転手の態度がものすごく悪い

■態度のいい運転士は2、3人

■文句ばかり言うなら乗せない、など、社長から上から目線の態度も取られた

■バス会社はいわくに1社しかないから強気に出ている

■社長に言っても無駄

という辛らつな内容のクレームが…。

これに対するfacebookの上田社長の対応は自虐めいており、真剣な対応とも思えませんよね。

上の動画から感じるひたむきな印象は、どこに行ってしまったのでしょうか…

全体のクレームの多さは把握できませんでしたが、客の1人からここまでの内容で書かれるということは、同じように感じている人がたくさんいるのかもしれません。

スポンサーリンク

社長がよそ者だから?

上田社長は今回の騒動に対し、

何度言っても改善しない運転士がいる」と答えています。

上田社長は東京出身の若い社長なので、もしかすると、社長が注意しても運転士が言うことをきかない背景があるのかもしれません…。

もしそれだけのことで反発する運転士がいるならそれもかなり問題ですよね。

本気ではないようですが、社長が「ハンマーで殴ってもいい」と言うくらいですし、

社内の空気は良好とは言えなさそう、と思うのですが…実際にはどうでしょうか?

詳しいことは分かりませんが、社内でもなんらかの摩擦が起きていそうな感じがしますよね。

ネットの反応

 

 

 

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

Twitterの意見も、様々でしたね。

やはり今の時代すぐにネットを通じて世の中に広まり、問題も大きくなります。

SNSを活用する社長なら、尚更そのあたりの想像力も必要だったのではないでしょうか?

今回の発言で社長に味方しいわくにバスに興味をもつ人も増えるかもしれませんが、どちらかといえばやはり否定的な意見のほうが多いのです。

否定的なイメージが世に広く知れ渡るのは、会社にとって大きなマイナスとなりますし、社長の努力も勿体ないものになってしまいます。

今回の騒動を通じて、いわくにバスの運転士の態度が少しでも改善すると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする