梅本寛之(歯科医師)顔画像!鶴見大学歯学部附属病院わいせつ逮捕の動機とは?

横浜市の鶴見大学歯学部附属病院に勤務する梅本寛之容疑者(29)が、治療中に女性にわいせつ行為をしたとして逮捕されました。

今回は梅本寛之容疑者の顔画像、facebook、犯行動機などを調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

梅本寛之 歯科

出典;テレ朝ニュース

患者の女性にわいせつ行為をした疑いで歯科医の男が逮捕されました。

 鶴見大学歯学部附属病院の医師・梅本寛之容疑者(29)は先月12日の夕方、20代の患者の女性に対して歯の治療中、わいせつ行為をした疑いが持たれています。警察によりますと、女性は当時、目隠しをされていて被害に遭った確信が持てませんでしたが、数日後に警察に相談して事件が発覚しました。取り調べに梅本容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、「他の患者にも同様のことをした」と供述しているということです。

出典;テレ朝ニュース

歯科医師が治療の一環と称して診療用の椅子の上で患者にわいせつ行為をおこなうという、あってはならない事件が発生しました。

被害に遭われた女性はしばらく被害に遭われた確信が持てなかったということで、警察に相談するまでとても悩まれたと思います。

タオルで目隠しをされた状態では、たとえ胸などに違和感を感じても、それが故意によるものかは判別が難しいのかもしれません。

特に、口腔内を見るときは歯科医師は顔や体をかなり患者に近づけるのが通常です。

病院への信頼もあったと思いますし、余計に悩まれたことでしょう。

しかし、結果的に梅本容疑者は容疑を認め、余罪も複数ある可能性まで明らかになっていますので、勇気を出して相談していただいたことは良かったですね。

ほかの被害状況など、警察には引き続き厳しい捜査をお願いしたいと思います。

梅本寛之の顔画像、facebookは

(追記)梅本容疑者の顔画像がニュースで報道されました。

梅本寛之

出典;TBS

次にfacebookアカウントですが、同姓同名のアカウントはあるものの、本人の特定には至っておりません。

検索結果をのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒梅本寛之facebook検索結果

梅本寛之のプロフィール

現段階で判明している梅本容疑者のプロフィールです。

■梅本寛之(うめもと・ひろゆき)

■29歳

■横浜市青葉区あざみ野4

■歯科医師

鶴見大学歯学部附属病院勤務

■準強制わいせつの疑いで逮捕

■容疑を認めている

家族構成などは明らかになっていませんが、年齢から考えて妻や子どもがいる可能性も考えられます。

スポンサーリンク

鶴見大学歯学部附属病院とは?

鶴見大学歯学部附属病院とは

▼ニュース画像はこちら。

梅本寛之

出典;テレ朝ニュース

梅本寛之 歯科

出典;テレ朝ニュース

▼ストリートビューとマップはこちら。

同病院は一般歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科総合的な歯科病院となっており、歯の治療だけでなく、顎の骨折や口腔がんまで幅広い診療をおこなっています。

立地は、JR京浜東北線鶴見駅や京急鶴見駅から徒歩7~8分圏内、羽田空港からも京急線にて約30分という好条件にあり、沢山の人が訪れているのではないでしょうか?

また、歯科だけでなく内科や眼科も併設されており、睡眠時無呼吸症候群などにも対応しておるとのこと。

そんな総合歯科病院で今回のような事件が発生したことは、大変残念というほかありません。

病院関係者も驚かれたと思いますし、しばらくは今後の対応に追われることでしょう。

梅本寛之の犯行動機は?

梅本容疑者の犯行動機は、どのようなものだったのでしょうか?

容疑者は今のところ容疑を認めた段階で動機に関するくわしい報道はありません。

もしこちらで推測するとすれば、おそらく

■性的欲求の解消

ではないかと推測できますが、実際のところはどうでしょうか?

容疑者は複数の女性へのわいせつ行為を供述していますので、特定の女性への恋愛感情という可能性は低そうです。

どのような動機があるにせよ決して許される行為ではなく、梅本容疑者にはしっかりと反省し罪を償ってもらいたいですね。

ネットの反応

 

 

最近起こった医師の事件

医療

当ブログで最近取り扱った医師関係の事件をまとめています。

女子高生を買春容疑で逮捕された東京の医師(顔画像)

医療資格を持っていない職員に医療行為をさせた疑いで逮捕された院長(顔画像)

大麻栽培容疑で逮捕された大分の外科・副院長の顔画像

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

多くの人の信頼を得ている総合歯科病院で、そのような行為があったことは本当に残念に思います。

容疑者のしたことは、大切な患者を傷つけただけでなく、同じ病院で真面目に働く大部分の人間の顔に泥を塗ったといえるでしょう。

このような事件が少しでもなくなることを心より願っています。