渡辺晃容疑者のfacebook顔画像!江東区古石場妻殺人事件の動機がヤバい

東京都江東区の自宅で妻を殺害した疑いで、渡辺晃容疑者(53)が逮捕されました。

今回は、渡辺容疑者の顔画像やfacebook、犯行動機などについて調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

逮捕容疑は3月30日午後10時ごろ、自宅マンションの一室で、妻の国子さん(53)の胸を2回、包丁で刺して殺害したとしている。

 同署によると、渡辺容疑者は国子さんを刺した後、自ら119番通報した。救急隊や署員がマンションに駆けつけた際、渡辺容疑者は包丁で自分の胸も刺しており、病院に搬送されて治療を受けていた。退院を待って逮捕した。

出典;産経新聞

奥さんを包丁で刺して殺害した後、自分の胸も刺すという衝撃的な事件が発生しました。

2人暮らしであったという夫婦の間に、一体なにがあったのでしょうか…

のちほど細かく考察していきたいと思います。

まずはじめに、亡くなられた渡辺国子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

渡辺晃の顔画像、facebook

今のところ、渡辺容疑者の顔画像は明らかにされておりません

またこちらは、新たに報道されましたら随時更新いたします。

次にfacebookですが、同姓同名のアカウントは複数あるものの、現段階では特定には至っておりません。

検索結果のみのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒渡辺晃facebook検索結果

スポンサーリンク

渡辺晃のプロフィール

次に、現段階で判明している渡辺晃容疑者のプロフィールをまとめます。

■渡辺晃(わたなべあきら?

■53歳

■東京都江東区古石場のマンション

■会社員

■妻の国子さんと2人暮らしだった

■殺人の疑いで逮捕

■容疑を認めている

家族構成ですが、ふたりの間には子供などはいなかったのでしょうか?

もし一人暮らしなどで別に暮らしている子供さんがいたとしたら、その方にとっても非常に気の毒な事件となってしまいますね。

渡辺国子さんの情報

次に、殺害された渡辺国子さんについて明らかになっている情報です。

■渡辺国子(わたなべくにこ)さん

■53歳

■東京都江東区古石場

■渡辺容疑者の妻で2人暮らし

■容疑者に胸を2回刺されて死亡

夫婦は、2人とも53歳と同い年となっています。

手をたずさえて歩んでれば、まだまだ末永く一緒にいられたはずの二人に一体何があったのでしょうか…

スポンサーリンク

渡辺晃の犯行動機とは

渡辺晃容疑者の犯行動機とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

容疑者は警察の調べに対し、

「妻を刺して、自分も死のうと思った」

出典;産経新聞

と容疑を認める供述をしているものの、なぜ国子さんを刺したのかについては明らかにしておりません。

もしこちらでその動機を推測するとすれば、

■ささいな夫婦げんかで激高し衝動的に刺した

■長年夫婦の間に確執があった

■容疑者が将来を悲観するなどして精神的に問題を抱えていた

■無理心中をしようとした

などが考えられますが、実際のところはどうでしょうか?

もし夫婦間トラブルが事件の引き金だとしても、どうしても仲が悪ければ離婚するなど、ほかに選択肢もあったと思います。

どんな動機にせよ、長年連れ添った夫婦がこのような形で事件になってしまうとはあまりに悲しいことですね。

警察は引き続き動機を詳しく調べているようなので、続報でさらに明らかになることがありそうです。

どんな動機にせよ決して許されない行為ですし、容疑者には自分の罪の重さに深く向き合ってもらいたいと思います。

渡辺晃の事件現場

今回の事件現場は、

東京都江東区古石場の容疑者自宅マンション

と報道されています。

▼ニュース画像はこちら。

渡辺晃

出典;FNN

渡辺晃

出典;FNN

周辺は大変住宅の多い地域ですし、事件を受けて近隣住民の方々は大変驚かれていることでしょう。

スポンサーリンク

ネットの反応

 

今までお互い頑張って歳とってきたのに
なんでこうなった

自分なら頼まれても伴侶は刺せません。夫の供述待ちでしょう。

自分も死のうと思ったとか言ってる本人が生き残るとか…..本当に死ぬ気だったのだろうか?
奥さんが気の毒すぎる。

出典;Yahoo!ニュース

家族間の事件相次ぐ

家族間という近しい間柄での事件は頻繁に起こっており、

それだけ家庭内トラブルの解決の難しさを表しているようにも思います。

仲が悪ければすぐに別居出来れば良いのですが、簡単にそうもいかない事情があるでしょうし、

第三者の介入できないところでトラブルが激化していくのではないでしょうか?

近しい間柄だからこそお互いの言葉にも遠慮がなくなると思いますし、けんかに発展しやすくもなります。

また、一緒にいる期間が長いため、トラブルも根深くなりやすいでしょう。

こういった家族間のトラブルは、多かれ少なかれどこの家庭にもあるもので、事件になるかならないかは、少しの差しかないのかもしれません。

このような事件を防ぐためにはどんな対策が必要なのかと思わず考え込んでしまいますね。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

ネットには、容疑者の動機を疑問に思う声が多く上がっていました。

なぜ犯行に及んだのかは、あとは容疑者の供述を待ちたいと思いますが…、

どんな理由にせよ身勝手な犯行には変わりがなく、亡くなられた奥さんが気の毒でなりません。

国子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げるとともに、

このような事件が少しでもなくなることを願っています。