山本義一容疑者の顔画像、動画削除の理由は?あおり運転が危険すぎる゠群馬

群馬県内の道路で、あおり運転をし相手のトラックに自分のトラックを衝突させた疑いで、山本義一容疑者(42)が逮捕されました。

今回は、山本義一容疑者の顔画像や犯行動機、勤務先などについて調査しています。

まずは報道の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

山本義一

出典;FNN

画面右側から現れた大型トラック。

山本義一

出典;FNN

車線上を右へ左へ、不安定な走行を続ける。

山本義一

出典;FNN

そして次の瞬間、突然車線を変え、進路を妨害。

山本義一

出典;FNN

相手の車にぶつかった挙げ句、そのまま立ち去った。

運転手の山本義一容疑者(42)は、2018年5月、群馬県内の高速道路で走行中のトラックに対して、幅寄せや急ブレーキを繰り返し、自分のトラックを衝突させ、相手の男性に軽傷を負わせた、危険運転致傷の疑いが持たれている。

出典;FNN

このあおり運転の動画は、動画投稿サイトに投稿され約2万回と再生回数を伸ばしたようです。

その投稿された動画は現在は削除されているのか、現在は発見することはできませんでした。

なぜ動画は削除されたのか、その理由についてものちほど考察してみたいと思います。

あおり運転の被害を受けた運転手さんは軽傷で良かったと思いますが、

これがもし乗用車相手に衝突していれば、軽傷では済まなかった可能性だってあるのです。

そういえば、先日も北海道でのあおり運転の様子が、動画ニュースになっていましたね。

以前にはあおり運転のあげく夫婦2人を死に追いやった事件も発生し、

危険行為の恐ろしさは広まっているはずなのに、どうして無くならないのか…

このような危険運転をする人間の心理とはどうなっているのか、理解しがたくもあります。

山本義一の顔画像、facebook

山本容疑者が送検される様子は最初ニュースで報道されたときは、布で覆われていて、顔を確認することはできませんでした。

山本義一

出典;TBS

しかしその後、山本容疑者の顔が一部わかる映像が報道されました。

山本義一

出典;TBS

次に山本容疑者のfacebookですが、同姓同名のアカウントはあるものの、本人の特定は難しくなっております。

検索結果をのせておきますので、気になる方はこちらへ⇒山本義一facebook検索結果

また新たに情報が得られましたら追記いたします。

山本義一のプロフィール

現段階で判明している山本容疑者のプロフィールです。

山本義一(やまもと・よしかず)

■42歳

■福井県越前町

■トラック運転手

■危険運転傷害の疑いで逮捕

■容疑を認めている

■家族構成は明らかではありませんが、年齢から考えて妻や子どもがいる可能性は十分に考えられるでしょう。

もしご家族がいるなら、ご家族にとっても本当につらく、情けない出来事だと思います。

一家を担う存在としての自覚や責任感などがまったく足りていない印象を受けますよね。

スポンサーリンク

山本義一の勤務先とは

山本義一容疑者の勤務先とは、どこの会社でしょうか?

元のyoutube動画には会社名がそのまま映されていたとみられますが、

現在は動画は見当たらず、ニュース動画にはトラックの会社名にぼかしが入っています。

上記の理由から特定は難しくなっていますが、

ネットでの情報によると京都にある会社ということがわかっています。

容疑者が福井県在住ですので、その付近のような予想をしていましたが、そうではないんですね。

もしかしたら、京都に本部を置き、ほかの地域に支部として展開している会社なのかもしれません。

会社側としては、雇用している者がこのような事件を起こしていたことを恥ずかしく思うことでしょう。

今後謝罪など会社側のコメントはあるのか、続報を見守っていきたいと思います。

動画は削除されたのか?その理由は

なぜ、動画投稿サイトで2万回再生を記録した動画は見当たらなくなったのか、

もし削除されたのであれば、その理由としては何が考えられるでしょうか?

自分の考えとしては、やはりトラック会社の名前がそのまま見えていたのが問題とされたのでは…と思います。

今回のニュース動画ではトラック会社の名前にぼかしがはいっていますが、すべての事故にぼかしが入るわけではなく、

会社の名前がそのまま報道される場合もあります

ですから、もしかしたら今回は、会社の方からぼかしを入れるよう要請があり、

拡散されていた動画も会社から削除を求められたのではないか…と推測します。

居眠り運転などの過重労働が疑われる場合は会社の責任も追及されますが、今回のように個人の資質による場合は、会社の責任は少ないと考えられます。

ですから、削除を求めるのもわかるような気がしますよね。

それか、youtube動画を報道機関が購入したからということも、理由のひとつとして推測できます。

山本義一の犯行動機は

山本容疑者の犯行動機とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

山本容疑者は警察の調べに対し、

「やられたからやり返した」

出典;TBS

と供述しています。

やられたから…というのは稚拙な発言ですが、人のせいにするのはあおり運転をする人間によくみられる言動のような気がします。

この発言に共通して思い出すのは、2017年6月に発生した東名夫婦死亡事故です。

夫婦とその子どもが乗った車を高速道路上で無理やり停止させ、車から出し、その後トラックが追突したことによって夫婦2人が亡くなった事件ですが…、

この事故のきっかけは、被害者男性が容疑者の車のマナー違反をパーキングエリアで注意したことでした。

これに対し事件後、容疑者は

やっぱり言われたらこっちもカチンとくるけん」と、相手が先に自分を攻撃したという趣旨の発言をしています。

マナー違反に対する注意は当たり前のものであって、被害者夫婦に落ち度はないのに、それに対し腹をたてて理不尽な攻撃を繰り返し、死に追いやった。

そのことに対する反省がまったく感じられない言葉でもあります。

ほかのさまざまなあおり運転の事例を照らし合わせてみても、

相手にやられたから、という言葉はおそらく加害者の言い訳のようなもので、実際は被害者側は通常の運転をしていた可能性が高いといえるでしょう。

仮に相手とトラブルになったとしても、今件のような危険運転をしていい理由にはなりません。

一部のドライバーのモラル低下は、多くの人間を危険に晒す行為で、到底許されないものですね。

山本義一の事件現場は

山本義一容疑者の事件現場は、信越道下り線の富岡市神農原付近と報道されています。

▼以下のマップの、赤い範囲と「上信越自動車道」が重なる部分の下り線で、事件はおこったと考えられます。

車通りの多そうな場所ですし、ほかにも危険運転の様子を目撃した方は多くいらっしゃったことでしょう。

ネットの反応

故意にぶつけた割には逃げて、連行されるときは顔を隠して。
40年、何を学んできたのやら。

車に乗ると気が大きくなるのかねぇ、特にトラックだと大きいから自分が強くなった気がするんだろうねー、ってかプロドライバーの自覚が無い奴にトラック乗せるな

あおり運転に対する罰則を強化しない限りこういう事件はなくならない。
免取では甘い。永久免許取り消し位しなければ。

ドライブレコーダーの性能が上がったのと、あおり運転撲滅を警察が強化したから今年になって逮捕者が格段に増えたようですが、ドライブレコーダーの映像などの証拠がなくて泣き寝入りしている人がかなりいるでしょうね。

こういう奴はトラックだろうか乗用車だろうが同じことをするような性格なんだろうけど、免許取り消して、何らかの適性検査に合格しない限りは免許を再取得もできないようにしてほしい。

適性検査も相当厳しい内容がいいなあ。まあ一生免許取らせないってのが一番いいけど。

大きな車で煽られたら、より一層怖いですね。

私も以前されたことがあります。

その時は、会社名が書かれていたのですぐ調べて苦情を入れました。

それで生活をしているというプロ意識は無いんですかね。

毎日車には乗りますが
「性格悪っ」
と思うような運転をする人を必ずと言っていいほど見かけます。
通勤のため致し方なく乗ってはいるものの、車の運転はストレスでしかありません。
お互い譲り合って認め合って、もっと気持ちのいい運転が出来ないものでしょうか。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

Yahoo!コメントにも、あおり運転に対する厳しい意見が多くみられました。

あおり運転の厳罰化や、ドライブレコーダーの義務化を求めるコメントがありましたが、自分もおおむね同意します。

それくらいでないと、一時の感情に頭がいっぱいになる人間の抑止力にはならないのではないか、と思いますね。

ドライブレコーダーは今後さらに普及し、危険ドライバーの素行の悪さが明るみになっていくことでしょう。

今件のニュースをみて、自分の運転に思い至るところがある人はすぐに改善してもらいたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする