常磐道あおり運転犯人のナンバー特定?静岡や愛知でも同様行為!【動画】

茨城県の常磐道で発生した、あおり運転暴行事件。

この犯人のナンバーが特定され、静岡や愛知でも同様行為をおこなっていたという目撃情報が出ています。

くわしく見ていきましょう。

※容疑者特定されました↓

宮崎文夫のインスタや会社を特定か?インタビュー記事の内容がヤバい!

スポンサーリンク

常磐道あおり運転暴行の動画

勤務先に向かう男性をドイツ製の白いSUV(スポーツ用多目的車)が追い抜く。

約1分後、再び現れたSUVが衝突寸前のタイミングで割り込もうとする

常磐道あおり暴行

出典;テレ朝ニュース

SUVの運転はエスカレートしていき、前に割り込んでハザードランプを点滅させる。

避けようと車線変更すると、前で蛇行運転

常磐道あおり暴行

出典;テレ朝ニュース

さらには、斜めに止まって車線をふさぎ、窓から身を乗り出す

殴られた男性によると、『降りてこい』『殺すぞ』と叫んでいたとのこと。

常磐道あおり暴行

出典;テレ朝ニュース

その後も、SUVが進路妨害

車を停めさせ、しばらくして携帯電話を構えた女性と運転男性が降りてくる

常磐道あおり暴行

出典;テレ朝ニュース

窓から手を突っ込んで、男が運転手の男性の携帯を奪おうとする

もみ合いになっているうちに被害者男性の足がブレーキから離れ、SUVに当たる

激高したSUVの男が、運転手の男性の顔を数発殴る

常磐道あおり暴行

出典;テレ朝ニュース

スポンサーリンク

常磐道あおり運転犯人のナンバー

 

この目撃情報ツイートによりますと、ナンバーや車両の情報は

■横浜304

■ゆ 49 29

■BMW

■SUV、クロカン

■X6

となっています。

新たな情報によりますと、この車は神奈川県内のディーラーの試乗車で、8月12日に返却されているということが判明しました。

この車を借りた人物は静岡県の男性で、試乗車を返すまでに20日間もかかっており、トラブルになっていた模様です。

警察は、8月15日にこの車を押収し、ディーラーから男性の情報を聞き出すとともに、指紋などを調べています。

▼押収された車両のニュース画像

常磐道あおり運転

出典;テレ朝ニュース

常磐道あおり運転

出典;テレ朝ニュース

押収された車には、傷害事件の際についた傷もあったという事でした。

※容疑者特定されました↓

■宮崎文夫のインスタや会社を特定か?インタビュー記事の内容がヤバい!

※こちらもどうぞ↓

常磐道あおり運転犯人の息子?被害者も悪いとする原因とは?【動画あり】

常磐道あおり運転犯人、静岡や愛知でも

上記の目撃情報は7月23日、愛知県でのものとなっており、

そのほか静岡県、軽井沢でも同様の行為をおこなっていたという情報があります。

 

 

その暴力行為の内容は、

・あおり運転

・車の車間距離不保持

・スピード違反

・幅寄せ、割り込み

・合図不履行

・その他の迷惑行為

となっています。

やはり今回だけでなく、以前から危険行為を繰り返していた車のようですね。

東名夫婦高速死亡事故の石橋和歩被告も、事件発生前に何度も同様の行為を繰り返していたことで知られています。

ナンバー目撃情報は愛知県、静岡県のみのもののようですが、おそらくその他でも危険行為に及んでいたのでしょう。

逮捕に至れば、余罪が明らかになる可能性も考えられますね。

スポンサーリンク

常磐道あおり運転犯人逮捕は?刑罰は?

今のところ加害者の逮捕には至っていませんが、被害者のドライブレコーダーからナンバーも特定できていることですし、容疑者の目星はついていると思われます。

逮捕に至った場合、その刑罰とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

まず考えられるのは、車間距離不保持による道路交通法違反。

こちらは、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金と定められています。

そのほかは暴行罪で、これは実際に暴力を振るっていなくても、

あおり運転だけで実際に暴行罪が適用されるケースがあります。

今件も、十分そのケースに該当するのではないでしょうか?

暴行罪が成立する場合、刑罰は2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料となっています。

また、最後には運転手の男性を殴っていますので、傷害罪が考えられます。

こちらは、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金処されるようですね。

※容疑者特定されました↓

■宮崎文夫のインスタや会社を特定か?インタビュー記事の内容がヤバい!

あおり運転された時の対処法

もし自分が高速道路などで同様の危険運転に遭遇した場合、どういった対処法があるのでしょうか?

①まず、道を譲る

あおり運転を仕掛けられたらやり返すようなことはせず、冷静に道を譲ります

相手はイライラしていることが多いので、絶対に挑発するような態度を見せてはいけません。

②ドライブレコーダー装備

万一のときのためのドライブレコーダーは、非常に頼れる存在。

後方にもドライブレコーダーを装備するとなお良く、

「ドライブレコーダー搭載車」「前後方録画中」といったステッカーを貼るのも有効な対策法です。

出典;Amazon

③安全な場所に避難する

高速道路上では、追越し車線等で停止したりすると、別の後続車から追突されるといった2次事故の危険性が高くなります。

パーキングエリアやサービスエリアがあれば、安全をとって避難しましょう。

もし、道路上で停車させられたら…

①絶対に窓やドアを開けず、鍵をかける

相手が車から出てこちらに向かってきたら、絶対に外に出ないように鍵をかけましょう

相手は正常な思考状態ではないため、何をされるかわかりません。

②警察に通報する

警察に事情を説明すれば、通報現場に駆けつけて対処してもらえます。

③相手のナンバープレートを控える

もし車を傷つけられた場合は、損害賠償請求が可能なため、ナンバープレートを控えておきます。

④携帯電話で相手を撮影するのも有効

相手への抑止力につながりますので、社内から相手の顔をを撮影するのも有効です。

スポンサーリンク

常磐道あおり運転へのネット反応

 

 

※こちらもどうぞ↓

常磐道あおり運転犯人の息子?被害者も悪いとする原因とは?【動画あり】

 

※容疑者特定されました↓

■宮崎文夫のインスタや会社を特定か?インタビュー記事の内容がヤバい!

※こちらもどうぞ↓

常磐道あおり運転犯人の息子?被害者も悪いとする原因とは?【動画あり】

シェアする

フォローする